あざらし

JFKのあざらしのレビュー・感想・評価

JFK(1991年製作の映画)
3.8
「犯人は本当にオズワルドなのか?」

アメリカのケネディ暗殺事件を題材に描いた作品です。
有名な事件とあって、3時間の超大作となっています。

ニューオリンズの地方検事でありケビン・コスナー演じるジム・ギャリソン。
ケネディ暗殺をしたオズワルド…彼は本当にケネディを暗殺した犯人なのでしょうか?

アンタッチャブルでケビン・コスナーの大ファンになりました。
ケビン・コスナーはその後、ダンスウィズウルフズでいろいろな賞を取りましたが、私はウルフズのワイルドなケビンよりJFKのスーツが似合うケビンの方がずっとずっと好きです…

さすがに長いだけあって、事件のことが詳細に描かれ、ミステリーとしてストーリーもとても面白いです。

さて、あなたはこの事件の真相をどう思いますか?