霧の中の戦慄の作品情報・感想・評価

「霧の中の戦慄」に投稿された感想・評価

ナリア

ナリアの感想・評価

3.3
正常な犯罪者とは?

犯罪が法律という尺度によって規定されるものならば、正常()な犯罪者もいるのではないだろうか?
とも思ったが本作はどうもその辺りに深く踏み込めていない感があった

生徒や同業者に「異常だ」と言われても「いたって正常だ」としか言い返せない主人公が、この定義を語らせるにはキャラクターとして少し弱い気がしたから
切なかった。ピアノやクラシックの使われ方がお洒落。女性の喋りが巻かれていて早口だったように感じたけど、音楽映像ともに美しかった。
切ないミステリー…。
主人公の男性は異常だけど、
正常。。
頭の中のそれを実行してしまったのは異常…になるのだろう。


話が重なる構成や、映像が二重になるなど、手法も見もの!