ブライト・エンジェル/旅立ちの予感の作品情報・感想・評価

「ブライト・エンジェル/旅立ちの予感」に投稿された感想・評価

田舎のホワイト・トラッシュ。全員が諦めのなかでなんとか生きている。家を出ていった母、ベトナム帰りの叔母の旦那、友だちの父が捨てた愛人とボクサーになりたかった自分。好きな俳優だらけでクラクラするが、さっさと殺されちゃうチンピラのビル・プルマンと話通じなそうなおっさんのバート・ヤングがやっぱし輝いている。
ghostboat

ghostboatの感想・評価

4.5
終盤にかけて一気に展開が臭くなるが、ラストの西部の夕焼けのなか進んでいく車をみてると輝かしい未来なんてないけどそれでも生きねばならぬと思えて泣けてくる。大量の銃に囲まれながら生活してる叔母の旦那は強烈。退屈な田舎の絶望感。原作も読まねば。