ザ・リボルバー/怒りの38口径の作品情報・感想・評価

「ザ・リボルバー/怒りの38口径」に投稿された感想・評価

冒頭、空手大会が行われているカットから始まるのだが、場所がなんと!リング!しかも棒術までやっている。しかし驚かされるのは試合。引き続きリング上で行われるのだがグローブ着用!フルコン空手、アメリカンキックボクシングなんだが、もはや総合(格闘技)という言葉が無かった時代に既に(素手ではない)総合なんである!しかしもっと驚かされるのはDOJOのフッテージ。貼ってあるのが太極旗!アメリカ人が考える大雑把なアジア感が堪能出来ます!多分空手も柔道も太極拳も同じマーシャルアーツなんだろう。それに輪をかけもっともっと驚かされるのは台詞!「お前はカンフーだが俺のはガンフーだ!」そうこれはジョン・ウィックの元ネタでありジョン・ウィックという映画が無かった時代に既にジョン・ウィックなんである!俺はこのシーンだけでチビったしビビったね!