怪電波の戦慄 第二篇の作品情報・感想・評価

怪電波の戦慄 第二篇1939年製作の映画)

製作国:

2.5

「怪電波の戦慄 第二篇」に投稿された感想・評価

obao

obaoの感想・評価

-
@シネ・ヌーヴォ
えっと???…何すかこれ????

第一篇は観ていません(フィルムが消失しているのでしょう)。第一篇のダイジェストから(いきなり!)始まり、好漢 水島!とか美樹子の運命は!…とか言われても????

日本SF映画の黎明も黎明。主人公ロボット “人間タンク”が圧倒的にコント(文化祭レベル)…手はゴム手袋だし。

『チョコレートと兵隊』との併映で観た落差のある2本。なかなか貴重な体験でした。

【特集上映 映画探偵+戦前SF映画】にて