ジェシカ・ラングの スウィート・ドリームの作品情報・感想・評価

「ジェシカ・ラングの スウィート・ドリーム」に投稿された感想・評価

tristana

tristanaの感想・評価

5.0
オーディション番組が流れるテレビの前で、そこにはいないジェシカラングの腰を抱いて踊るエドハリス、妻を殴ってぶち込まれた檻の中で彼女にだけは話したくない父親の記憶を同房の父なしの酔っ払いに打ち明ける。誰もいない駐車場での最初のダンスはいちばんの口説き文句(ゆっくり閉じるコンバーチブルの屋根)、あるいはこじれた夫婦仲を穏やかにする手軽な方便、そして空中のネオンの虹に消えてゆくエンドロールを背景にいつまでも続くスウィートドリーム。素晴らしい主演二人。