戦雲アジアの女王 〜悲運のラストクイーンの作品情報・感想・評価

戦雲アジアの女王 〜悲運のラストクイーン1957年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

3.0

「戦雲アジアの女王 〜悲運のラストクイーン」に投稿された感想・評価

男装の麗人、川島芳子の伝記作品。

川島は日本で育ったが、軍の画策から蒙古王子と戦略結婚させられて、王子が亡くなったのちに金司令として三千名の安国軍を率いる。

川島は、元々清朝の王女で、この作品ののちに日本軍の諜報活動に暗躍し、戦後中国軍に捕まり銃殺刑に。

作品としては、川島の女性の部分をクローズアップして、悲恋のドラマに仕上げています。

特撮好きな私としては、後に東宝のゴジラシリーズとか、テレビドラマに出てる俳優がたくさんいて、面白かったです。

新東宝の役者は、息が長い人が多かったんですね。
RINA

RINAの感想・評価

3.2
動画で鑑賞。でもあまりにも冗長でつまらなくなってきて途中で観るのをやめたので、感想といっても何とも言えないが、高倉みゆきと高島忠夫のコンビは新東宝にしてはなかなか品良くこなれてる印象。