1957年製作のおすすめ映画 804作品

1957年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、シドニー・ルメット監督の十二人の怒れる男や、マレーネ・ディートリッヒが出演する情婦、幕末太陽傳などの作品があります。

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

名作の看板に偽り無し。むさ苦しい部屋の中、12人の陪審員が汗だくで怒り続ける究極の会話劇。断捨離映画の最高傑作。 父…

>>続きを読む

◉陪審員制度の問題点とは? 陪審員の立場になって一番不安なところは裁判のプロではない市民が判定することで、100%…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ビリー・ワイルダーは色んなジャンルの映画を手がけているけど、どの作品もレベルが高い。 この時代で既に映画としての方程…

>>続きを読む

ビリー・ワイルダーの法廷ドラマ。 タイトルのネーミングが今一つと思ったが、内容はとても面白かった。1957年のモノクロ…

>>続きを読む

幕末太陽傳

製作国:

上映時間:

110分

ジャンル:

4.0

あらすじ

時は、幕末、文久2(1862)年。東海道品川宿の相模屋という遊郭へわらじを脱いだ佐平次(フランキー堺)は、勘定を気にする仲間を尻目に、呑めや歌えの大尽騒ぎを始める。しかしこの男、なんと懐に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

黒澤明『七人の侍』、小津安二郎『東京物語 』等と並び、所謂“邦画史上の名作TOP10”なるものに君臨し続けている邦画黄…

>>続きを読む

学生の時に初めて観て😵フランキー堺 神‼︎ と記憶していた忘れられない時代劇🎬やっぱこの人、ずば抜けている!サイレント…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

黒澤明監督作品2作目…。 シェークスピアの戯曲『マクベス』を日本の戦国時代を舞台に描いた作品…。戦国武将の一大悲劇で…

>>続きを読む

シェイクスピアのマクベスの映画化は、 ❶マクベス 1908年、J・スチュアート・ブラックトン監督 ❷マクベス 1916…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

言わずと知れた傑作を、やっと観ることが出来ました。初アンジェイ・ワイダ監督作品です。 舞台は、1945年ドイツが降伏…

>>続きを読む

【過去鑑賞】というのは、タイムライン眺めてて、観たけどレビューしてないものを投稿している。 そんで、さっき、この作品が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

面白い なんでこんなに面白いのか? 少し考えたけど及ばなかった 失礼だけど主人公のお顔が面白い コミカルな動きが面白…

>>続きを読む

U-NEXTトライアル! Filmarksをやってなかったら間違いなく知らなかった作品。 「プリティ・ウーマン」の正…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フランソワーズ・サガン原作×オットー・プレミンジャー監督。 「勝手にしやがれ」以前、19歳のジーン・セバーグが主演。…

>>続きを読む

2021年10月7日 『悲しみよこんにちは』 1957年イギリス・アメリカ制作 監督、オットー・プレミンジャー。 他…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

キューブリックのハリウッド二作目。前作「現金に体を張れ」に引き続きジェームズ・B・ハリスが制作を担当し、ジム・トンプソ…

>>続きを読む

【これは「反戦映画」か?】 むしろ「戦争という巨大システムを、不確実な存在である人間が扱うこと」の危うさ。それを冷徹…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

テキサスの農場で畑を荒らす犬を、子供の遊び相手として飼うことになった。犬は次第に一家の息子にとってかけがえのない友とな…

>>続きを読む

西部開拓時代のテキサスのある農場。父のジム(フェス・パーカー)はカンザスへ牛追いに行くことになった。残されたのは母のケ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この作品も配信終了直前😅 情報無しなのでフィルマでチェック! 高評価だったので観賞📺 内田吐夢監督作品 美…

>>続きを読む

1956年11月10日の20時00分 - 21時30分で菊島隆三の脚本によるスペシャルドラマとしてNHKで放送されたも…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オードリー・ヘップバーンとフレッド・アステア主演で、スタンリー・ドーネンが監督した、パリを舞台にしたおしゃれなミュージ…

>>続きを読む

【📖哲学ズキの地味〜な女の子が  カメラマン📸と出逢った…💕  ファッション界で大変身🪄  トップモデル✨に…IN🇫🇷…

>>続きを読む

死刑台のエレベーター

上映日:

1958年09月26日

製作国:

上映時間:

92分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

記録。 それは完全犯罪のはずだった 2010年に日本版リメイクも制作された、ルイ・マル(当時25歳)の長編監督デビュ…

>>続きを読む

フランスの名匠ルイ・マル監督25歳のデビュー作1958年作品。正直詰まらなかった。主演のジャンヌ・モローはじめ女性は美…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベルイマン監督作品にしては比較的おつむに優しい作品だった。(未だ3作目だけど) ...にしても人間の愚かな部分を描くの…

>>続きを読む

5/30は結婚記念日で夫の誕生日でもあった。 お出掛けして少し豪華なランチして... 帰宅してから映画Time🎬 イン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「あなたが行くと寂しくなるわ、 私なら大丈夫よ 大勢の人と付き合ったし これからもそう また忙しい年になるわ 銀行家…

>>続きを読む

 映画「オードリーヘプバーン」公開記念レビューその7〜。  今回レビューしている中で、これは初鑑賞。なにしろ今回の相…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

◉大映で数多くの作品でコンビを組んだ増村保造と若尾文子。後年のおどろおどろしい題材の情念たっぷりのセクシーな若尾文子も…

>>続きを読む

なんちゅう清々しい映画なんや。こんなん、体の中の毒素が全部浄化されますわ(ミヤコ蝶々風に)。 というわけで増村保造と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🔸Film Diary🔸 ▪️本年鑑賞数 :2021-684 再鑑賞 ▪️死ぬまでに観たい映画1001本-※※※ …

>>続きを読む

世界の黒澤を観よう!第1弾 実は全部で30作ほどある黒澤明作品の中で観るのは3作目。 晩年の1990年作「夢」はDV…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ドストエフスキーの短編小説原作。 ロシアの「白夜」をヴィスコンティがイタリアで再現。 イタリアには白夜はないけれど…

>>続きを読む

ルキノ・ヴィスコンティ監督作品はやっと2作目鑑賞🎬✨ 原作はドストエフスキーの短編小説📕✨ 夜の橋で1人佇む女性ナタ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジョン・スタージェス監督(『荒野の七人』『大脱走』)の典型的なハリウッド娯楽西部劇。 ジョン・フォード監督の『荒野の決…

>>続きを読む

かの有名な牛泥棒のクラントン一家とワイアット・アープの決闘を映画化。 劇中歌の歌詞がこれまでの物語を簡単におさらいして…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

NHK-BSPプレミアムシネマ 録画鑑賞 リンドバーグによる大西洋単独無着陸横断飛行を描いた実話の映画化。 1927…

>>続きを読む

BSで放送していたので録画して深夜に鑑賞。 タイトルは何となく知っていたが 今回初鑑賞。 今までこの作品 戦争映画 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

チェコのストップモーション・アニメーション三巨匠の一人であるカレル・ゼマン監督の長編三作目です。ちなみに三巨匠の残り二…

>>続きを読む

高性能爆弾の研究に着手している発明家と助手が、世界征服を企んでいる伯爵に誘拐されたことにより、爆弾技術を不当に利用され…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

70点 夏季限定‘特撮祭り’ 第14弾です🚀 U-NEXTにあったので再視聴🤗 これはやっぱ特撮祭りから外せない👍…

>>続きを読む

冒頭の 平田昭彦、佐原健二、河内桃子、白川由美 の祭りのシーンは、文芸作品をも 感じさせる導入部。 山崩れの特撮シー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

プレスリー4本目鑑賞。 ほんと舐めてかかっていたが、どの作品も総じて完成度は高く、しっかり作られている🙇‍♂️。 …

>>続きを読む

エルヴィス・プレスリー主演の映画がたくさんある事に びっくりした! ヴィンス·エヴァレットが酒場の喧嘩で人を殺してし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一流のコメディアンが歳をとってその芸が笑えなくなって来るというのは日本のお笑い番組を見ていてもたまに目にします。 ヤキ…

>>続きを読む

事実を知って観ないと意味がない作品。 何も知らないで観ると、 「チャッブリンもこの頃は落ちたね。なんか笑えないね。」て…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

久しぶりに正統派が観たくなって、ラッセル・クロウ&クリスチャン・ベール主演の名作「3時10分、決断のとき」のオリジナル…

>>続きを読む

ポール・ニューマン主演『太陽の中の対決』がここ最近見たクラシック西部劇ではお気に入りなので同じエルモア・レナード原作の…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1957年製作 クロード・シャブロル監督のデビュー作。 氏はヌーヴェルヴァーグの旗手と呼ばれています。 今作ではご…

>>続きを読む

「美しきセルジュ」 冒頭、荒寥な田舎町を走る1台のバス。故郷へ戻った男と故郷にいる幼なじみの男。2人の再会とマリーと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大天才増村保造監督の第三作目にしてすでに特徴が現れた病院における人間ドラマです。第一作目『くちづけ』も第二作目『青空娘…

>>続きを読む

「暖流」 冒頭、病院の屋上での自殺事件。ワンステージとモデル、退職金、親父の遺産、相続税、令嬢の節子、留学からの帰国…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

中平康最高傑作観る 日活サイトのデータベースに よるとそのようです 初老の父と婚期近い娘の朝食 のオープニング 小津…

>>続きを読む

スクリーンの女性に恋をしました。 それは広瀬すずでも有村架純でも土屋太鳳でもありません!! 芦川いづみですよ!!!…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アーネスト・ヘミングウェイの同名小説「武器よさらば」を、ロック・ハドソンとジェニファー・ジョーンズの主演で、チャールズ…

>>続きを読む

戦場で知り合った男女の恋を描いた作品。 原作はアーネスト・ヘミングウェイの小説で、ロック・ハドソン主演、ジェニファー・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

76点 夏季限定‘特撮祭り‘ 第8弾です🎐 インポートDVDで再視聴📀 やっぱ特撮と言えばストップモーション・アニ…

>>続きを読む

普段は滅多に観ないSFものを好奇心から観てみました。こういう怪物が登場する古いSF映画を観るのは多分これが初。SF映画…

>>続きを読む

エロイカ

製作国:

上映時間:

87分
3.8

おすすめの感想・評価

ポーランド派の名匠、アンジェイ・ムンク監督作品。 同国のヴァイダに由る『地下水道』と同じくワルシャワ蜂起を取り上げ、そ…

>>続きを読む

明るくコミカルでコント調ですらある前半、暗く陰惨で悲劇的な後半、占領下のポーランドにおける英雄浪漫譚についてのあれこれ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

井原西鶴の原作を溝口健二が脚色し、クランクイン時は溝口自身がメガホンを取ったが途中で急死。以降、吉村公三郎が監督を務め…

>>続きを読む

”大阪物語(1957)” この作品は、溝口健二監督が生前、井原西鶴「日本永代蔵」「世間胸算用」「万の文反古」に取材し、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「これは、はるか昔に絶滅したはずの蠍だぞ」  特撮のストップモーション・アニメーションと言えばレイ・ハリーハウ…

>>続きを読む

1957年 アメリカ🇺🇸 エドワード・ルドウィグ監督 ストップモーション・アニメの先駆者、ウィリス・H・オブライエン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フランスを代表するサスペンス映画の名匠クルーゾー。とはいえ、超有名な2作しか見たことなくて、いろいろ見てみたい願望が増…

>>続きを読む

‪「スパイ」‬ ‪ 冒頭、木々の中の一台の車。 店外を掃除する亭主。 バイクで来た男、車から降りて来た男。覗き穴から…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これは何に対する罰なのか… プルトニウムの爆発実験の秒読みしてる時という「なんで今やねん!」なタイミングで実験場に不…

>>続きを読む

B級特撮で知られるバート・I・ゴードンの代表作。 パッケージの通り、オムツ姿の巨大なおっさんがヤケクソになって暴れ回る…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

何回観ても楽しい! この時代から機械の導入が進み、オートメーション化に力を注ぐ姿を取り上げているとはすごいなあと素直…

>>続きを読む

キャサリン・ヘプバーン主演作だから観た。 この映画のタイトル『デスク・セット』というのは、IBMコンピュータのこと。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

現在では古典作家のカテゴリーに分類されている近松門左衛門だが、現役当時の彼は歴史に材をとった作品もある一方で当時話題に…

>>続きを読む

ちょうど2年前の今ごろ、脚本家・橋本忍の映画特集で上映されたものを観た。 歌舞伎では女形の印象が強いが、当時まだ20代…

>>続きを読む
>|