1957年製作のおすすめ映画 746作品

1957年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、シドニー・ルメット監督の十二人の怒れる男や、マレーネ・ディートリッヒが出演する情婦、パリの恋人などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

「Guilty or not guilty」 初の白黒映画 1人の少年が有罪か無罪かすなわち死刑か否かを12人の陪審…

>>続きを読む

少しでも疑問を感じたら徹底的に考えろ 父親殺しの裁判を12人の陪審員が有罪か無罪かを決める。 陪審員制度 その…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

どんでん返しのストーリーだけでは3.8。でもお茶目なご老体弁護士さんに0.2加点で4.0。 あれ~?あれ~?変だなぁ…

>>続きを読む

あああ!最高! オールタイムベスト! 何だろう「12人の怒れる男」も最ッ高!と騒ぎ立てたけど、法廷もの好きなんだな、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

そら豆祭り絶賛開催中です♪ 愛すべき世界のそら豆フレッド・アステアとオードリー・ヘップバーンが共演です。やっぱオード…

>>続きを読む

\ ファッション好きの必修科目♬ / ファッショナブルな世界観に歓喜! 本屋さんでの突然のキッスに歓喜! 数々の素…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「私をひとり残してどこへ行ったの、ジュリアン」 浮気相手ジュリアンと夫殺害を企てたフロランス。 ところがひょんなこ…

>>続きを読む

ジュテーム Je t'aime はフランス映画においておそらく最も頻繁に耳にするフレーズであり一度は使ってみたい仏語で…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【戦場にかける橋】 1943年の第二次世界大戦最中、 日本軍は『物資の輸送を目的』として、 『タイとビルマを結ぶ鉄…

>>続きを読む

「戦場にかける橋」 原題「The Bridge on the River Kwai」 1957/12/22公開 アメリ…

>>続きを読む

幕末太陽傳

製作国:

上映時間:

110分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

何百年脈々と続く、日本の舞台芸術の粋の一つが、ここにあるのかもしれません。 みどころ: 娯楽として至高の群像劇 極上…

>>続きを読む

落語好きを自認しておきながら未見だったこの作品。 いやぁ~、面白かったです! 古典落語の郭噺(遊郭ネタ)を織り混ぜ…

>>続きを読む

喜びも悲しみも幾歳月

製作国:

上映時間:

160分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

先月30日に102才で亡くなられた作曲家の木下忠司氏は、木下恵介監督の実弟であり、お兄さんが監督作品の音楽をほとんど担…

>>続きを読む

戦前から戦後(昭和7年~32年)にかけて、ある灯台守の夫婦の物語。 日本は海に囲まれた国だから海上交通はとても重要。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

並ならぬ作品ばかりのベルイマンのフィルモグラフィーのなかでたぶん一番好きやし、すべての映画のなかで最も好きなものの一つ…

>>続きを読む

学位取得50周年の式典のためルンドへ向かいます! レッツゴー! 移動中に夢を見ながら過去を振り返ります。 色々あるんで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「正義」というイデオロギーは相対的であり、絶対的でない。 むしろ、正義に必然的に排除されるべき立場の弱者こそ描かれるべ…

>>続きを読む

「…あんた、そんなに殺されたいのか?」 晴れた青空に、口笛の主題歌が流れます。 向こうから、三人の馬に乗った男性がや…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

遅ればせながら、5月4日はオードリー・ヘップバーンの誕生日だったとのことでこの作品を鑑賞。 タイトル名と、クーパーと…

>>続きを読む

オードリー・ヘプバーンの最盛期を存分に楽しめる作品。 正直なところ、前半はかなり退屈でした。 フランスでは誰も彼もが…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 フェデリコ・フェリーニ監督が『道』に続いて、ジュリエッタ・マシーナ扮する聖女にフォーカスを当てて描いた作品。一連の作…

>>続きを読む

昨日は重い映画を3本鑑賞したのでレビューを書くのがかなりヘビー(笑)。2本目はフェリーニの代表作の一本であるこちら! …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

疎開している間に両親を亡くして戦争孤児になったというヒロイン・左幸子がいつに増して可愛い。その時に一生分泣いて涙を枯ら…

>>続きを読む

飲み会の場面、乾杯のワイングラスをクロースアップで大量に画面の中心に集め、手が引っ込むと野添ひとみ(一人目のヒロイン)…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一世を風靡したアメリカの女優ジーン・セバーグが変わり果てた姿で発見されてから、今日で38年が経ちます。享年40歳。 …

>>続きを読む

あの夏からすべてが変わった。一年前17歳の夏のヴァカンスは南仏セント・トラペッツの丘の別荘で幸せな日々を過ごした。父レ…

>>続きを読む

蜘蛛巣城

製作国:

上映時間:

110分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

【老婆の予言に翻弄される武士】83点 ーーーーーーーー 監督:黒澤明 製作国:日本 ジャンル:時代劇 収録時間:110…

>>続きを読む

あー凄い。黒澤映画はやっぱり凄いってなる。 圧倒的迫力で映画が終わる。 個人的に好きなのは冒頭と終わりの霧の演出。な…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

数年前にDVDで初鑑賞して感銘を受けた作品。この度、念願の劇場鑑賞することができたので再投稿します。 一言でいうと、…

>>続きを読む

【灰に埋もれた若者たちとその灰の中で希望をもたらすダイヤモンド】 ワイダの『世代』『地下水道』とともに「抵抗三部作…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

二等兵、軍曹、中尉、大佐、将校。 階級制度の下、上意下達の悲劇。 1957年の作品とは思えないほどの完成度。 戦場を舞…

>>続きを読む

「突撃」 傑作ベトナム戦争映画「フルメタルジャケット」でお馴染み、キューブリック監督作品。 マイケルダグラスのおとん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

先日は30歳くらいの若尾文子さまの作品を観ましたがこちらは20代前半の若尾さま。30歳の若尾さまは大人の女性の雰囲気で…

>>続きを読む

劇場で観ないと観たうちにはいらんわ。傑作すぎて若尾文子がベストアクトすぎて青空が青すぎて映画が最高すぎて感無量でありま…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ここ最近オードリー・ヘプバーン出演の映画を沢山BSで放送してくれて嬉しい〜〜 今作はちょうど60年前の映画。 とにか…

>>続きを読む

1957年に一度だけTV放送されたという幻の作品。これが当時、生放送だったというのには本当に驚かされますね。 映像や音…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ひいぃぃ…」 この「世にも恐ろしい復讐劇」をテレビでたまたま観てしまった中学生時代のウブな私の第一声です。 (笑)…

>>続きを読む

疑心暗鬼の極み。 荒野に広がるものは、果たして? TSUTAYA発掘商品ラインナップの一本。 うん。これこそ、まさし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「1年後、ここで待ちます。今日と同じ時間に。それまであなたが愛していてくれるなら、私は永遠にあなたと暮らします」 …

>>続きを読む

待ちつづける女を愛した男の行く末は。 ひとつひとつのシーンが美しい。みんなが踊り出すあのシーン好きだな。 男と女…

>>続きを読む
>|