1957年製作のおすすめ映画 785作品

1957年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、シドニー・ルメット監督の十二人の怒れる男や、ズビグニエフ・チブルスキーが出演する灰とダイヤモンド、カビリアの夜などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

十二人の怒れる男

上映日:

1959年08月04日

製作国:

上映時間:

95分

ジャンル:

4.1

おすすめの感想・評価

観てから10年近く経つが、未だにオールタイムベストの一本。 本当に優れた脚本と演者があれば、派手な演出やアクション、…

>>続きを読む

韓国のリバイバル版『8番目の男』を観て以来、やっとオリジナルの鑑賞が叶いました。ずっと観たかったから、嬉しい! こち…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「灰とダイヤモンド」 〜最初に一言、アンジェイ・ワイダ監督の最高傑作の1つで、ポーランド映画史上最も重要な作品と認識…

>>続きを読む

ドイツ軍降伏後のポーランドでは戦争が終わっても 国家再建のために犠牲が増える 1945年5月8日から9日にかけての長い…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ようやく『道』『崖』に続くフェリーニの初期三部作の最後の作品を鑑賞。 『道』を観たのももう何十年も前でほとんど忘れてま…

>>続きを読む

 めちゃくちゃ刺さった。好き過ぎて即2回目も観てしまったよ…    フェリーニ監督の『道』でも漂う"何故、人間は生き…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ははぁ、こう来ましたか👍 法廷ものの、ミステリー。監督、ビリー・ワイルダー、原作、アガサ・クリスティなので、面白いと…

>>続きを読む

アガサ・クリスティ原作の法廷サスペンス。 未亡人殺害の罪に問われた男を弁護する主人公。彼は一見、強欲に見えるが被告人…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

久々に仕事復帰🚕💨💨💨 会社に行くと知らない間に宅配を初めてました😅110円で配達しているとか。。 ステイ・ホームな…

>>続きを読む

NHK BSプレミアムシネマの録画にて。久しぶりに再見。 「もう耐えられない…愛してる…愛してる…だから 殺るの…愛…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベルイマン監督作品にしては比較的おつむに優しい作品だった。(未だ3作目だけど) ...にしても人間の愚かな部分を描くの…

>>続きを読む

医学博士のイサク教授(78)は、一見人格者で町の名士。 だが、息子の元を離れ、一時的に彼の家に身を寄せている息子嫁マリ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

戦争の無情さと軍隊という組織の不条理さを描いた、スタンリー・キューブリック監督の戦争ドラマ。 第一次世界大戦下のフラ…

>>続きを読む

<概説> 敵の前線を奪取しろという無茶苦茶に、昇進という餌によって釣られた将校。そんな彼等の我欲に振り回されるのは、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

カメラマンにスカウトされ、パリでモデルとなった女性の恋を華やかな歌と踊りを交えて描いた不滅のミューズとして人々に愛され…

>>続きを読む

NHK-BSPプレミアムシネマ 録画鑑賞 今までミュージカルは敬遠していたが、魅力にハマる名作‼️ オードリー、ヘプ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『クワイ河に虹をかけた男』を見て、 幼い頃にテレビで見たこの作品をレンタル。 「サル、ゴリラ、チンパンジー♪」と歌って…

>>続きを読む

クリスマスの昼、真向かいの爺さんに観たいとせがまれTSUTAYAへ。 戦争映画を二度観たのは初めてかも… 日英米の陣…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

おいおい、自分が生まれる20年前に公開されてたのかよ。と驚きつつ。 あまりに昔すぎて時代感が把握できませんが、この時…

>>続きを読む

「昼顔」みたいなどろんどろん系、もしくはお色気シーン満載のムンムン系かと思ったら全然違った(笑) アメリカの大富豪で…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2021年4月25日 『めぐり逢い』  1957年制作 監督、レオ・マッケリー。 他の監督作品に『邂逅(めぐりあい)』…

>>続きを読む

先日 トム・ハンクス&メグ・ライアンの「めぐり逢えたら」を見て そのお話の中で多くの女子が感動してた今作。 早朝に半分…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「穴」 冒頭、ある出版社に勤める女。失踪騒動を偽装する。クラブの歌手、七変化の変装、ピストル、警察、女同士のいざこざ…

>>続きを読む

【市川崑特集③ 勢いがあれば穴があっても飛び越えられる】 『穴』ってタイトルだとジャック・ベッケル監督の脱獄映画が有…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

かの有名な牛泥棒のクラントン一家とワイアット・アープの決闘を映画化。 劇中歌の歌詞がこれまでの物語を簡単におさらいして…

>>続きを読む

今んとこ何作か有名な西部劇を見てきた中ではちょっと落ちるなーと感じた。特に前半。元歯科で今はギャンブル暮らし、胸の病を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

BSで放送していたので録画して深夜に鑑賞。 タイトルは何となく知っていたが 今回初鑑賞。 今までこの作品 戦争映画 …

>>続きを読む

この映画は遊びゴコロがあって面白い! 監督ビリーワイルダー。 もう続けて2回観ました。 飛行機や伝記に詳しくなくても、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

エルヴィス・プレスリー主演映画第3作であり代表作 1番カッコ良かったころのエルヴィスを拝むアイドル映画なんでファンは満…

>>続きを読む

エルヴィス・プレスリー主演のいわゆるアイドル映画。 トラック運転手のヴィンスは、酒場で絡まれたチンピラと殴り合いのけん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1940年代後半から50年代前半まで巻き起こったインドシナ戦争。中国との国境付近にあるベトナムの巨大な軍事倉庫の破壊を…

>>続きを読む

最初ジョニーはリアが別の男の子供を産んだと勘違いして捨てたのかと思ってたら、ただのファッキン人種差別クソ野郎で驚いた。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ポール・ニューマン主演『太陽の中の対決』がここ最近見たクラシック西部劇ではお気に入りなので同じエルモア・レナード原作の…

>>続きを読む

久しぶりに正統派が観たくなって、ラッセル・クロウ&クリスチャン・ベール主演の名作「3時10分、決断のとき」のオリジナル…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大天才増村保造監督の第三作目にしてすでに特徴が現れた病院における人間ドラマです。第一作目『くちづけ』も第二作目『青空娘…

>>続きを読む

「暖流」 冒頭、病院の屋上での自殺事件。ワンステージとモデル、退職金、親父の遺産、相続税、令嬢の節子、留学からの帰国…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「満員電車」 冒頭、明治、大正、昭和。そして現代。ここは土砂降りの雨の中の卒業式。黒い傘が大量に蠢く。男は駱駝麦酒へ…

>>続きを読む

平たく言えば「人は何のために生きるのか?」ということ。 映画に関する評価とは別に、鑑賞中に考えていたことはつまり、そう…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「渇き」‬ ‪冒頭、モノクロームに映る池。 草叢に寝転ぶ男性、歌が聞こえる、売れない詩人ヴィジャイ。家族との問題…

>>続きを読む

グル・ダットの代表作といえばこの作品と遺作である紙の花だけど、最初に見た衝撃のせいもあるとはいえ自分としては断然こっち…

>>続きを読む
>|