ずん

メイジーの瞳のずんのレビュー・感想・評価

メイジーの瞳(2012年製作の映画)
4.3
色々な感情が溢れ出す作品でした。

主人公のメイジーは仕事で忙しい父親とミュージシャンの母親をもつ6歳の少女。

物語は断片的にメイジーの視点で進行していくので幼いメイジーの置かれた立場にどっぷり感情移入してしまいました。

両親の口喧嘩を毎日聞いて2人の不仲を幼いながら理解して、ダダひとつ捏ねず言いつけに従うメイジーにただただ胸が痛くなる。

両親が離婚してお互い子守役と恋人と再婚してからは自分の仕事を優先してメイジーを恋人に押し付け合う2人。

特殊な職業としての社会への責任と親としての子どもへの責任の両立は出来ないものなのでしょうか?泣

私は子どももいないし親としての責任に直面してる身ではないので無責任な発言かもしれませんが、少なからず子どもを持ったら自分の夢や仕事にも多少の犠牲を払うべきなのではと思ってしまいました。

それが子どもを育てる父親、母親に課せられる使命なんじゃないかとも思いました。

挙げ句の果てにはメイジーを置いてイギリスへ住むと勝手に決めて旅立つ父親、ミュージシャンのツアーで各地を転々とする母親。

両親の身勝手さには正直有り得ない。落胆。

メイジーの行き場のない不安や寂しさが彼女の表情から痛いほど伝わってきて、初めて彼女の目から涙が頬を伝うシーンにはこちらも無意識に涙が…。

互いの再婚相手のマーゴ、バーテンダーのリンカーンが良い人で良かった。

メイジーに無償の愛情を注ぐうちにマーゴとリンカーンは次第に惹かれ合うのでした。

血の繋がりが有る無しに関わらず、いろんな愛情や家族としての形があるんだな〜。

ラストの、母より翌日3人で船にのる約束を選択したシーンには、マーゴとリンカーンの愛情がメイジーにとっての今の居場所になりつつある、愛情を真っ直ぐ受け取る子どもって正直だなと感慨深い思いでした。