素晴らしき存在の作品情報・感想・評価

「素晴らしき存在」に投稿された感想・評価

部屋に居座る幽霊を通して戦争の記憶、当時の演劇を盛り込む意欲作…なのは分かるがやや消化不良に終わる。「明日のパスタはアルデンテ」同様、ゲイが一緒に盛り込まれるのはこの監督のお約束なのか。