singer

リーサル・ウェポン3のsingerのレビュー・感想・評価

リーサル・ウェポン3(1992年製作の映画)
-
先のレビューで、「リーサル・ウェポン」シリーズは、
パート2が自分のフェイバリットだと書きましたが、
それでもやっぱり、総合的に見て、
最もスリリングで、洗練されたアクションを堪能出来るのは、
この3作目なんじゃないかなぁと。

公開当時は、もう予告編を見るだけで、
その頃の最高峰のアクションシーンに期待がタップリと高まったし、
その期待を裏切らない、本編のド派手なシーンの連続に、
エンターテイメントムービーの楽しさが凝縮されていたように思います。

当時はコンピューターグラフィックも無かった時代だったし、
そんな時期のアクション映画としては、
ひとつの到達点を示していたと言って良い位の、珠玉のアクション映画ですね。

当時をリアルタイムで経験した自分にとっては、
本当に忘れられない位の、ワクワク感を抱かせてくれた作品だったし、
今見てみると、ストーリーの出来なんかは、
勢いで誤魔化しちゃってるようにも感じるんですが、
自分にとっては、とても思い入れのある作品です。