リーサル・ウェポン3の作品情報・感想・評価

リーサル・ウェポン31992年製作の映画)

LETHAL WEAPON 3

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.4

「リーサル・ウェポン3」に投稿された感想・評価

しんご

しんごの感想・評価

3.4
ドラマ版に影響を受けての復習3作目。

本作でクローズアップされる「コップ・キラー」なる改造拳銃はブルドーザー等の重機の装甲も貫通する代物で観た当時は「アメリカの武器ってすげー」と感動したものですが、実際にこれ程の威力の銃火器は存在しないようです。今ではこんな銃もあるのかな?

今作からレネ・ルッソ扮するローナが登場し更なるキャラ祭りが始まります。亡き妻をずっと愛し続けるリッグスがまた新たな人生を歩み始めるキッカケとなる人物であり、その辺のサイドストーリーも見逃せない。

肝心のアクションに関しては本作の予算の潤沢さを強調するかのような見せ場が満載。のっけからビル丸ごと吹き飛びます笑。定年間近のマータフに向かって「引退したらこんなドキドキする経験もなくなるんだぜ?」とキラキラした目で語りながら爆弾解除に失敗するリッグスに爆笑。
ワタリ

ワタリの感想・評価

4.0
リッグス走りすぎ(笑)シリーズで1番好き。
レオ・ゲッツうるさいけど、いいキャラしてる
げんき

げんきの感想・評価

2.5
何か観たくなって久々に観ました。
流石に時代を感じました。でもカーチェイスのシーンは当時としては凄い金がかかってたと思います。やっぱメルは長髪より短髪!
シルク

シルクの感想・評価

4.0
このシリーズ好きでした!
段々とパワーアップしてたと記憶してます。

鑑賞記録
ひらつ

ひらつの感想・評価

4.0
メルギブソンを好きになった映画。
昔の金曜ロードショーか何かで観たのが最初でした。
声優が素敵すぎて、これは吹替版がおすすめ。
みやぎ

みやぎの感想・評価

4.0
シリーズを増すごとにはちゃめちゃ感がアップしていて飽きない!面白い!
毎回お約束の展開なのに夢中になって観てしまうのは、リッグスとマータフの掛け合いと演出、ドタバタ感が楽しいからですね!
mitonao

mitonaoの感想・評価

4.0
第三作はよりパワーアップ!
なんかアメリカの刑事ドラマ見てるみたいな安定感。
このノリでずっと続いてほしかった、、、
watarihiro

watarihiroの感想・評価

4.2
ビルの中にある爆弾を爆発させビルを全開させたリッグスとマータフ。罰としてお巡りに降格。しかもマータフは引退の10日前。巡回中、強盗に遭遇し、ビリーというチンピラを捕まえた。そのチンピラは防弾チョッキをいとも簡単に貫通できるコップキラーという特殊鉄鋼弾を持っていた。内務調査部が動き出し、しかもビリーが殺された。刑事に戻ったリッグスとマータフは内務調査部のローラと共に調査する、、。

前2作と比べコメディ要素がたくさん詰まった作品。冒頭をビルを破壊させてしまうなんてギャグ満載です。

本作でメル・ギブソン演じるリッグス刑事がだんだんと面白いキャラクターに見えてくる。1作目では凄くおっかなく署内では問題視されている設定だがこうしてみると真面目な表情かつ無謀な行動に出るんでコミカルなキャラクターになってきている。

本作までシリーズ通してみると、メル・ギブソンのカースタントはとても迫力あります。マッドマックスだけじゃなく本シリーズも彼の凄さがいい感じに映えて見てて楽しいです。

エンドロールの後もシーンがあり、それもかなり面白い。

それと音楽担当エリック・クラプトンとエルトン・ジョンがいて凄く豪華。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.2
ロサンゼルス市警の刑事マーティン・リッグス(メル・ギブソン)と彼と長年のコンビを組むヴェテラン刑事ロジャー・マータフ(ダニー・グローヴァー)は、高層ビルの爆弾処理を軽率な判断で失敗し、ビルを粉々にしてしまう。退職を一週間後に控えたマータフは、反省する様子のないリッグスの態度が心配だが、担当中の事件についても心を痛めていた。警察に押収された武器が、何者かの手によって町中に流出していた。事態は一刻の猶予もないほど緊迫した状況にあり、捜査を急ぐマータフにリッグスはつきあわされる。捜査は進展しないが、背後にある巨大な犯罪組織の存在を、2人は感じ取る。2人とは別に、内部事件調査部の女刑事ローナ・コール(レネ・ルッソ)も事件を追っていたが、2人には非協力的で、お互いに捜査を競い合う形になるが、一方でリッグスは、彼女と愛し合うようになっていた。ついに黒幕の元ロス市警の警官ジャック・トラヴィス(スチュアート・ウィルソン)を建設中のビルに追いつめて、激しい銃撃戦の末射殺する。事件は解決したが、マータフは引退を撤回し、リッグスは、コールと結婚する決意を固めるのだった。
メル・ギブソン主演の大ヒットシリーズ「リーサルウェポン」第3作。
今回は全体にアクションコメディ色が強くなっている。
冒頭のビルに仕掛けられた爆弾をリッグスが勝手に解除しようとしたり、高速道路でのカーチェイスでマータフを助ける交通課の女刑事が陽気にカーチェイスの中で歌い始めたり、クライマックスのド派手なガンバトルとユーモラスな掛け合いと迫力満点のスリリングなアクションが満載。今回から登場のローナ・コールは、格闘技も射撃もリッグスと互角な腕前で気が強い。そんなローナがリッグスと、捜査の中で心を通わせ古傷自慢をし合う中でムードが高まり恋仲になる展開も、ユーモラス。いつもはマータフに支えられているリッグスが、息子の友人を捜査で射殺して酒浸りになるほど悩むマータフを勇気付けたり、リッグスとマータフの絆もより強くなっている。
大味だが痛快なポリスアクションコメディ映画。
好きだなぁ〜このシリーズ。

中盤くらいまでは なんか物足りないなぁ〜なんて思ってましたけど、クライマックスのあのドタバタドンパチにはやられました!


お色気は全2作よりも少なく、やや不満ですが、メルギブが高いところから落下するお約束もあるし、なによりとにかく楽しい!!

爆発も何も規模がやばいっすね!
エンドロールのあとの展開も最高すぎます!大好き!
>|