singerさんの映画レビュー・感想・評価

singer

singer

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.5

前作の「The Final」を観て、やっぱり「るろうに剣心」は映画館で観てこそだなぁというのを痛感したので、この「The Beginning」も劇場で観てきました。
シリーズの最終章である、この2作品
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.0

劇場公開時に、予告編を見て、面白そうだなぁと思ってた作品でしたが、
本格的なサスペンスっぽいものを期待していただけに、ちょっと的が外されてしまって、戸惑ったままストーリーが進んでしまった感がありました
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.4

公開初日で、良いタイミングだったので、劇場で早速観てきました。

今作はベースとなる原作が無い、完全オリジナルストーリーで、
予告編を見た感じも面白そうな感じだったので観に行ったんですが、
正直、ちょ
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.8

まず、やっぱり期待していた通りの、藤井道人監督らしいタッチで、ヒリヒリと燃えて、焦げて、灰になるまでを、1999年、2005年、2019年と3つの時代に渡って描き切ったストーリーが本当に見事で、136>>続きを読む

泣いたことがないなんて、嘘つきめ(2020年製作の映画)

2.4

MOOSIC LAB JOINT 2020-2021にラインナップされていた、短編作品。
MOOSIC LABとは、音楽と映像の祭典にして、「実験」を繰り返してきた異色のプロジェクトで、映画も音楽もど
>>続きを読む

滑走路(2020年製作の映画)

3.4

約2年前、たった2日間で、自分の興味を惹きまくった俳優が、浅香航大で、
それは、「チア男子!!」と、「見えない目撃者」を立て続けに観て、彼のその役柄・演技の振れ幅の広さに、ただただ驚かされたっていう経
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット(2021年製作の映画)

3.7

昔、テレビで放送していた「ドリフ大爆笑」に、「もしものコーナー」というのがあって、幼い頃に良く見ていたんですが、
「もしも、自分が若手俳優だったら〜」、一番出演してみたい作品は、やっぱり断トツで「賭ケ
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

2.8

山本英夫原作の漫画っていうと、「のぞき屋」や「殺し屋1」を読んでたし、今作も人気になっていたの知ってて、興味を持っていた作品のひとつ。
しかも、監督が「呪怨」などのジャパニーズ・ホラーで知られる清水崇
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.2

生まれも特別、高貴な家柄でもないし、都会でも郊外でもなく、まぁ普通の地方の街で生まれ育った自分にとっては、ちょっと別世界の物語だなぁと思ったし、
なかなかストーリー展開にものめり込めず、ラストもなんだ
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.9

バカリズムが原作・脚本を手掛けた、「架空OL日記」が、
かなり面白かったので、絶対外さないだろうと思って観に行きましたが、
思った以上にド派手で、硬派なヤンキーアクション映画に仕上がっていたので、とて
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

2.9

今年の初め頃、ずっと品切れ中が続いていた「鬼滅の刃」のコミックスを買いに、
週に何度か本屋に通ってたことがあって、その際にこの「約ネバ」がズラリと並んでいるのを見て、「この作品も人気あるんだなぁ」と思
>>続きを読む

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

3.2


昨年、Twitterのフォロワーの方々や、各方面の方々の年間ベストムービーに挙げられていたので、とても気になっていた作品。

なので、結構期待しながら観進めていたのですが、序盤から中盤は、なかなか気
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.5

日本映画が好きだ。
それは、90年代、レンタルビデオショップで働きながら、浴びるように洋画ばかりを観ていた、若かりし頃。
そんな中、1995年にウェイン・ワン監督の「スモーク」を観た事で、
自分の中の
>>続きを読む

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(2019年製作の映画)

3.5

2009年、3月25日。
インテックス大阪でoasisのライブを見た。
20代の頃から大好きなバンドで、ずっとその音楽を追いかけてきたけど、なんとなく、その日のライブで自分とoasisには一区切り付い
>>続きを読む

アンダードッグ 後編(2020年製作の映画)

3.9

観終えた。
というか、”戦い終えた”っていう気分で、なんか、フーッと大きく一息が出るくらい、最後の最後まで物凄い緊張感と、感動が渦巻く145分でした。

一言、面白かったですね。
前編も良かったけど、
>>続きを読む

アンダードッグ 前編(2020年製作の映画)

3.5

ボクシングが好きだった。
幼少の頃から、父が格闘技を良く観ていた影響で、世界戦は結構、テレビで観戦していたし、90年代を席巻したの辰吉丈一郎、鬼塚勝也、薬師寺保栄、畑山隆則たちの試合は、当時は夢中にな
>>続きを読む

さくら(2020年製作の映画)

2.5

父・永瀬正敏。母、寺島しのぶ。
吉沢亮、北村匠海、小松菜奈の兄妹。
そして、愛犬”さくら”の物語。

このキャスティングからして、個人的には好きな俳優ばかりだし、かなり期待して見てみたんですが、正直、
>>続きを読む

ジオラマボーイ・パノラマガール(2020年製作の映画)

2.9

岡崎京子原作漫画の映画化作品っていうと、過去に何作か観たことがあります。
「ヘルタースケルター」はダメ。
「リバーズ・エッジ」は良かった。
「チワワちゃん」はまあまあ。
ってことで、合うんか合わんのか
>>続きを読む

真・鮫島事件(2020年製作の映画)

2.4

以前に書いた、「犬鳴村」、「シライサン」のレビューでも触れてきたけど、
実は和製ホラーは個人的に割と好きなジャンルで、劇場で人気になった最近の作品も幾つか観ています。
でも、やっぱりあの当時のJホラー
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

3.8

久々に心が震えるような気持ちにさせられたし、とても見応えのあるミステリーであり、珠玉のヒューマンドラマだったなぁと思いました。

ミステリーとしては、ストーリー展開のテンポの良さが抜群で、序盤からとて
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.4

前作となるシリーズ3作品を観て、このアクションは劇場で見てこそなんだろうなぁと思ったので、この最終章は映画館で見てきました。

スピード感、そして迫力のある殺陣のアクションシーンは、とても見応えがあっ
>>続きを読む

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

2.6

予告編を見て、「これは面白そうだなぁ」と期待して観たんですが、
ちょっと期待外れというか、物凄く”惜しい”作品だなぁというのが正直な感想ですね。

なんか、もっともっと深く、スリリングに仕上げられただ
>>続きを読む

北の国から'87初恋(1987年製作の映画)

-

田中邦衛さんの追悼企画として、急遽テレビ放送されていたのを観ました。
いや、観たというより、振り返ったと言った方が近いかも知れない。

自分が「北の国から」にドップリとハマっていたのは、10代半ばの思
>>続きを読む

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

2.5

もう、冒頭から少し観ただけでテレビドラマで十分なんじゃないか思う位のストーリー展開。
まず、闇で安楽死を請け負う、闇の医者の通称が”ドクター・デス”なんていう、
そのネーミングセンスからして、ちょっと
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.5

エヴァンゲリオン。
その終劇を見届けてきました。

自分は、エヴァに関しては1ヶ月前から、新劇場版を観始めたばかりの、
“にわか”なので、深い考察に基づいた感想は言えない立場ではありますが、
観終えて
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.2

若い頃は、写真に撮られるのは、結構イヤだった気がする。
後、あんまり上手く笑えなかったタイプだったような気がする。
でも、今、家族が出来てからというもの、
娘たちと写真を撮るのも、笑顔になるのも、あま
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

2.8

シリーズ4作目。
ここから、旧3作はバッサリ切っての新作としてやってくのかなぁと思ったけど、一応はちょっとだけ過去作の登場人物も。

しかしながら、ついにいよいよ、トム・クルーズの独り舞台になってきた
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.1

もう、とんでもないレベルの本末転倒、七転八倒刑事ドラマっていう感じ。
彼等の起こした行い自体は、まさしく”日本で一番悪い”って言っても過言ではないとは思うのですが、その根本的な部分には、警察官としての
>>続きを読む

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

3.0

今泉力哉監督作品。
なんか、観てしまうと楽しみが減りそうな気がしてたりして、ずーっと好きな食べ物を食べずに取っておくような気持ちで、敢えて今まで見てなかったんですが、この機会についに鑑賞する事にしまし
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.0

正直、同性愛の気は、自分には全く無いので、こういう映画はやっぱり共感出来る部分は少ないし、やっぱり理解できない領域の事なので、どうも現実感を感じられない。
なので、ちょっとやっぱりストーリーには深くは
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.3

「犯人に告ぐ」、「クローズド・ノート」、「検察側の罪人」と、
雫井脩介原作の映画化作品は、一通り観ていて、どれも結構、いい感触だったので、期待して鑑賞しました。
結果、とても良かったので期待通りの作品
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

2.5

「わけわかめ」。
小学校2年生の長女が、最近覚えてきて、連呼しているこの言葉。
正直、冒頭から話が飛躍し過ぎてて、「わかめ」が頭をグルグル。
「序」と、「破」までは、割とその世界に少しずつ着いて行けて
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

2.8

新劇場版、2作目。
だんだん面白くなってきました。

そもそも、TVシリーズとの違いがよくわからないので、何とも言えないですが、
アスカの登場シーンなんかは、煮え切らないシンジとの対比になって、スカッ
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

2.7

実は言うと、「エヴァ」をちゃんと観るのは、初めて。
でも、碇シンジも、綾波レイも、アスカも、ミサトさんも、エヴァ初号機も、使徒も、セカンドインパクトも、「残酷な天使のテーゼ」も、
みーんな、なんとなく
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.5

「是枝裕和監督は自分のお気に入りだ」。
と、プロフなんかでも語ってる割には、実は意外とまだ観れていない作品も多くて。

なんかなぁ。
ずっと、好きな監督さんだったし、もう絶対っていう位、
いつかきっと
>>続きを読む

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

2.8

3年前に「君の膵臓をたべたい」を観た時、関連作として紹介されていたのを見てから、ずっと気になっていた作品。
今や、どちらも大人気俳優となった広瀬すずと山崎賢人の共演作ということもあって、この機会に見て
>>続きを読む

>|