Kogarath

ストレイト・アウタ・コンプトンのKogarathのレビュー・感想・評価

4.2
80年代西海岸のヒップホップ・グループ「N.W.A」の伝記映画。
ケンドリック・ラマーの諸作を聴いて「コンプトンってどんだけえげつない街やねん…」って思っていたタイミングだったので、とても興味深く観られた。
ドラッグの密売で立てる生計、街を闊歩するギャング、肌が黒いというだけで理不尽な仕打ちをする警官たち…確かに、こんな環境じゃまともな生活なんて難しいだろうな。
そんな街でラップを武器にのし上がり、スターになっていく青年たち。怒りや鬱屈をエネルギーに変えながら成功と別れを経験していく姿は、まさに普遍的な青春映画そのもの。Dr.ドレーやアイスキューブの名前くらいしか知らない自分でも楽しめたし、ヒップホップ詳しくない人にもオススメ。
ライブシーンもかっこいいし、映画館の大画面&大音量で観てよかった。

袂を別ったアイスキューブのdisラップに対して「訴えてやる!」と怒るマネージャーと、「俺らもラップで対抗しようぜ!」と燃えるEたちが対照的で面白い。
どこか楽しそうだし、こんなのコンプトンの現実に比べればただの身内ゲンカだぜっていう。和解もスカッとしてるし(笑)

観た後で実際の写真を見たんだけど、アイスキューブが激似でビックリ。どうやら実の息子が演じてるらしい。納得。