ストレイト・アウタ・コンプトンの作品情報・感想・評価

ストレイト・アウタ・コンプトン2015年製作の映画)

Straight Outta Compton

上映日:2015年12月19日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の…

1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の物語を描いた作品だ。誰も声をあげることのなかった真実と、スラム街での日常を赤裸々に語った彼らの叫びは社会現象を巻き起こし、今なお多くのアーティストらに影響を与え続けている。

「ストレイト・アウタ・コンプトン」に投稿された感想・評価

言葉で戦うのっていいですね(しみじみ)。 2pac役の人、本人にそっくり!
つかだ

つかだの感想・評価

4.3
伝説のヒップホップグループN.W.A.とそのメンバーの秘話を描いた作品。

アイスキューブ(演じた俳優はまさかの息子)は血の気多いけど声いいしむちゃくちゃカッコよかったし、デトロイトでfuck the policeを歌うシーンも激アツだった。

シュグとかジェリーみたいに才能ある人間にしがみついては私腹を肥やそうとする人って結構いるんだなと思った。
そんな人間に振り回されたイージーの迎えた結末もなかなか辛かった。

今もアメリカでは警官による黒人への暴力が問題になっているから、ヒップホップファンじゃなくとも見て、その背景を学ぶべき作品だと思う。
スト0.5
演技0.8
独創0.5
テン0.5
オチ0.8

ストーリー:感動的、躍動的か
演技:雰囲気、演出は
独創性:目新しいかどうか
テンポ:間延びしていないか
オチ:驚くようなものか

完璧1.0
ややよい0.8
普通0.5
やや悪い0.2
悪い0
すごくill
やりたいことやったほうがいいよ絶対
みんなが使ってるBeatsだってDr.dreが作ってんだぜ🎧
ノブ

ノブの感想・評価

3.5
色々あっても
才能があってやりたい事出来るって
結果羨ましい。
木蓮

木蓮の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2015年第88回アカデミー賞脚本賞ノミネート作品。
この映画についてはノミネート作品であることと、公開当時SNSで評判が良かったことしか知らずに見たのですが、”N.W.A(Niggaz Wit Attitudes 主張する黒人たち)という伝説のヒップホップグループの伝記ドラマでした。
メンバーは、アイス・キューブ、ドクター・ドレー、イージー・Eなど。
アイス・キューブは映画にも出ているので流石に知っていますが、他のメンバーは知らず。ドクター・ドレーはエミネムやケンドリック・ラマーのプロデュースもしてる人なんですね。
当時”N.W.A”が社会現象にまでなっていたことも知らなかったので、興味深かったです。

キャストはイージー・Eにジェイソン・ミッチェル、ドクター・ドレーにコーリー・ホーキンス、アイス・キューブ役のオシェア・ジャクソン・Jrがとても似てるな〜と思っていたら、実の息子さんでした。
マネージャーのジェリーにポール・ジアマッティなど。
監督は『交渉人』のF・ゲイリー・グレイ。
アイス・キューブやドクター・ドレーら本人達も制作で参加してます。

題名の中のコンプトンは、全米で屈指の治安の悪い地域、カリフォルニア州コンプトン。2大ギャングの抗争から死者が多く、黒人というだけで警官から不当な目にあっていたメンバー達が、不条理な扱いをラップで訴えたのが”ギャングスタ・ラップ”の始まり。
曲が話題になりマネージャーが付き、ツアーをし全米で大ヒット、売れてくるとメンバー間に亀裂が入り〜と、ストーリーはよくある話にも思えますが、当時の様子が生々しく、それぞれの気持ちの移り変わりもよく分かり見応えありました。
伝記映画はあまり外れないですね。面白かったです。
rin

rinの感想・評価

4.0
生々しいコンプトンでの暮らしとギャングスタラップの原点N.W.A.の歴史がわかりやすく描かれていた。挿入歌が最高 。westsideの世界に引き込まれるキッカケとなった一本。
takumi

takumiの感想・評価

4.5
実際コンプトンに泊まって、ストリートのラップシーンにも出会って、映画に出てるガチな雰囲気そのままでした、、、
TH

THの感想・評価

3.9
もっと前情報を持って鑑賞したら楽しめたと思う、、
Beatsの人しか知らなかったけどメンバーバラバラになってもそれぞれ成功してるのは凄いと思った
事前に何も情報を入れずに視聴。後から実話と知って驚いた。ヒップホップ詳しくなくても楽しめる。男ウケしかせん映画。2回泣けた。

黒人だからと差別を受け、いろんな困難があっても折れずに自分の道を進む男たちの姿に心打たれる。こういう生き様に憧れる。ヒップホップてこういうことなのか。だから心熱くなるのかと自分の中で納得が巻き起こった。

「自分自身のボスでありたい」
そう思うやつが成功するのだ。
>|