ストレイト・アウタ・コンプトンの作品情報・感想・評価・動画配信

ストレイト・アウタ・コンプトン2015年製作の映画)

Straight Outta Compton

上映日:2015年12月19日

製作国:

上映時間:147分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ストレイト・アウタ・コンプトン」に投稿された感想・評価

ぺん

ぺんの感想・評価

4.0
HIPHOPはたまに聞きはしても詳しくはないし、N.W.Aもほとんど分からない。アイスキューブは知ってる〜というくらい。

彼らの生み出したサウンドは、当たり前だけど、音楽で誰かを元気にしたいとかそういう方向性とは全く違っている。
育った環境、取り巻く暴力や差別に怒りや反撃を込めた激情がぶちまけられている。
綺麗事のない過激な歌詞やパフォーマンスは、だからこそ共感も得るし脅威にも思われる。

ギャングスタラップの産まれた境遇や環境には圧倒されるし、衝撃的。
アガる前半に比べると後半は商業的価値を利用されたり、仲間割れしたりと予想はつくけど金絡みのいざこざ。
絵面も大人しめになってしまう。
しかし一時代を築き上げた彼らの歴史を知ることができた。
多少の美化はあるんでしょうが評価が高いのも納得。
ゴン

ゴンの感想・評価

3.8
冒頭のインパクトヤバすぎる。パニック映画の入りだろもう。
女の扱いがちょっと見てられないってとこ以外はむっちゃ良かったですね。アイスキューブは顔がかっこいいね。
肉鹿

肉鹿の感想・評価

3.1
1986年、全米屈指の治安最悪の街コンプトン。金持ちの若い黒人はみんな売人だと疑われるような街から時代を制圧した音楽は広がり始めた。ギャングスタラップ。これはそのシーンの王座に君臨していた伝説のグループN.W.Aの真実に基づく物語。

音楽サクセスストーリーの皮を被った差別と戦う映画だとおもった。
特に目立つのが警察からの差別。

歩いてるだけで職質当たり前、非難文書送られてライブ中に取り押さえられるほど警察との敵対関係はすごくて、ほとんどテロリスト扱い!

ラップよくわかんなくてライブシーン興奮しなかったけど、そんな人でも別の楽しみ方ができる映画だと思います。

ただ長いしまとまりがないのが辛い、、
最低監督と最低編集だよ🙄
Jyubei

Jyubeiの感想・評価

2.0
難しいとこに手を出して失敗した感

ヒップホップ全盛、ゴールデンエイジ・ヒップホップと呼ばれることになる時代を、現在も現役バリバリのドクタードレーとアイスキューブ、そして、イージーイーの三者の視点で描かれた今作。

アメリカにおけるヒップホップの歴史、ブラックカルチャーに多大なる影響を与えた激動の時代。

事実は小説よりも奇なり。この時代を描いた映画なんて面白くないわけがない。だって事実を起きたことがぶっとんでるわけだから。

そのため映画化するにはかなりハードルが高い。そして、今作は完全にはそのハードルを越えられなかった。

悪い意味でファン向け。登場人物を抑えてること前提で見ないとキツいだろうなって容易に想像ができるほどキャラクターの一人一人の背景が薄い。

その上、脚色に個性はなく、ハリウッド式の整われた脚本があるだけ。無難で、恐ろしいほどあっさりとシーンがはじまり、終わる。重厚感も躍動感も感じられない。

エンターテイメントしては面白い映画だった。難しくはないだろう、ゴールデンエイジ・ヒップホップはウィキペディアを読むだけで十分面白いのだから。
reiko

reikoの感想・評価

4.0
🍅89% 🍿91%

やっと今更ながら鑑賞。

2パックが激似で衝撃。
Ice Cubeも似ていて納得。
実の息子が演じていたとは知らなかった。

90年代hiphopは当時聴いていたので、(80年代はリアルタイムでは聴いてない)多少の知識はあったものの、
こんなドープなところまでは知識がなかったので、知らなかったところも多々ありでとても興味深く鑑賞することができた。

それにしてもタイミングがもどかしい。。
だからこそ伝説なのかもだけど。
本当に彼らの功績は素晴らしい👏🏻

Eazy-Eに才能がどれほどあったのかは分からないけれど、彼がいなければN.W.Aは結成されなかったはず。
あの若さでの投資額はすごい。。


当時の映像には胸熱でした。
監督はIce CubeやDr. DreのMVを撮ってるだけに、この作品を作れたのかもしれない。

スヌープ役のラキースはファンだけど、あまり適役には思えなかった、、
ラップが出来る俳優さんを起用したのかな。


余談だけど、Eazy-Eには子供が11人もいるのが驚き。
まつり

まつりの感想・評価

3.8
アイスキューブの一匹狼感(多少わがままなんかな)がかっこよかった。
ラッパーになりたいとか言ってる弟にこれ見てみなって勧めた。

またこのあたりのHIPHOPを勉強した後に見直してみよう〜
NagisaMano

NagisaManoの感想・評価

4.5
ミーハーなまま50cent、Dr.Dre、Ice Cube聞いてた人にぶっ刺さる映画。
クローズワイスピに次ぐ、強ぶれる映画
Kagotani

Kagotaniの感想・評価

3.4
音楽のちからで自らの主張をする。
苦しい社会の中で頑張っていたんだな〜。
文化が違いすぎるせいか、脚本のせいか、あんまり入り込めなかった。
Sasada

Sasadaの感想・評価

3.9
こういう音楽ものにおけるプロデューサーとかマネージャーってのはどうしてあんなに悪者なんでしょうかね。ここまで傾向が顕著だと、実際かなり悪どいのかなーと勘繰ってしまいつつ。

あなたでも彼でも彼女でもなく、ただただわたしを物語るHIPHOP。その無邪気さと危うさが同居した見事な映画でした。

あるものに触れることで世界の見え方そのものがひっくり返ってしまう瞬間って我々の実人生でもあると思いますが、この映画そこの描き方が素晴らしかったです。
イージーEが初めて音に乗る瞬間、その喜びが溢れる表情がチャーミングでした。
あな

あなの感想・評価

3.0
ヒップホップ文化に疎く、ましてやN.W.Aというグループ名すら知らなかった僕自身でさえ魅せられてしまった。作中で歌われる過激なラップ。僕は平和な日本に生まれて、今作で描かれる暴力が日常茶飯事の生活にはほぼ無縁な生活を送ってきたわけだけど、そんな僕でも作中で流れる歌は字幕を通してだけど胸に刺さってしまった。今までプレイリストの中にヒップホップは皆無だったけど、今作を機に聴いてみようかと思う。
80年代の黒人社会を描いた作品と言えば、作中にも名前が出てくる「ボーイズ'ン・ザ・フッド」があるけれど、偶然にも最近観賞したばかりで、今作を観るうえでいい予習になった。今作で描かれるような差別や暴力が蔓延る生活の中で、様々な圧力に抗って自分達の主張や表現を貫き通すメンバーたちは単純にカッコよかったし、そんな彼らも利権関係が絡むと崩れていく過程も人間臭くてよかった。けど、そんな中での終盤の再結成のくだりは胸が熱くなったものの、最悪のタイミングでのアクシデント。人生は小説よりも奇なりとはよく言ったもので、まさに映画のような紆余曲折を辿ったN.W.Aというグループの一端を垣間見れてよかったと思った。
>|