ストレイト・アウタ・コンプトンの作品情報・感想・評価

ストレイト・アウタ・コンプトン2015年製作の映画)

Straight Outta Compton

上映日:2015年12月19日

製作国:

上映時間:147分

4.0

あらすじ

1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の…

1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の物語を描いた作品だ。誰も声をあげることのなかった真実と、スラム街での日常を赤裸々に語った彼らの叫びは社会現象を巻き起こし、今なお多くのアーティストらに影響を与え続けている。

「ストレイト・アウタ・コンプトン」に投稿された感想・評価

YujiTada

YujiTadaの感想・評価

4.1
EASY E役のジェイソン・ミッチェルの眼光がめちゃくちゃ格好いい。
曲もGood!
nago

nagoの感想・評価

3.8
素直にかっこよかった。
人生の浮き沈みもしっかり描かれていて、「かっこいい」だけじゃなく「かっこわるい」もありつつで。

結果、かっこいいです。
ハネ

ハネの感想・評価

4.0
あーhiphop好きだ〜
ヒップホップラバーじゃなくても楽しめると思う、、たぶん、、🤔
コンプントンには最先端のヒップホップがあるから行ってみたいな〜
すーも

すーもの感想・評価

5.0
もう最高だった。かっこよすぎる。そして泣いた。何度でも見返したくなる。
Ice Cubeを演じたのが実の息子ってところもテンション上がった。
HIP-HOP好きは絶対に見てくれ!
ちかミ

ちかミの感想・評価

4.3
西海岸ギャングスタラップの伝説ともいうべきN.W.Aのクロニクル。役者は本当によく似ているし、ラップシーンはじめ音楽のクオリティも非常に高い。Ruthless〜Death Rowまでのレーベルヒストリーをようやく理解することが出来たのも収穫。
チャック・ベリーが歌ったように音楽業界はモンキー・ビジネス。成功した途端、金でモメて分裂という例は枚挙にいとまが無い。
ヒップホップは好きだけど、本作の登場人物はみんな凶暴で、お友達には全くなりたくないな。

史実に忠実に作られた大力作です。
TK

TKの感想・評価

4.0
当時よく聞いていた曲が劇中に何度もかかるとテンション⤴︎で最後までワクワクして見れました。アイスキューブもそっくりで本人かと思えるくらい^ ^
何度も見たい作品です!
matsushi

matsushiの感想・評価

4.0
かっこよすぎるN.W.Aの楽曲とともに、ストリートの生き様、彼らの"伝説"を見事にそして"ドープ"に描いた見るものを圧倒させる良作

まるでドキュメンタリーを見てるかと思うほどの演者達の演技力に終始唖然としていました。

当時のアメリカにある、黒人に対する闇に真っ向から対抗する彼らの姿には、本当に胸を打たれます。彼らの伝説的な曲がどのようにして生まれたか、どのようして彼らは伝説になったのか、ただのサクセスストーリーではなく、リアルにその時代を描ききることで、印象深くその理由を映像として表現していました。

音楽に魂をぶつけ、全てを音楽で伝える。これこそ、アーティストの心得であると感じます。捉えようによってはただの曲がり者にも見えますが、何者にも怯まず、自分の持つ意思を、自分の得意なものにぶつけて世に伝える姿はまさに"伝説"。ここまでできるアーティストが今世の中にはいるのでしょうか。

ラストの本人たちのインタビューにも心打たれました。それにより、イージーEがどれほど素晴らしい人物だったかを知ることができます。

とにかく、かっこよく、まさに"ドープ"な作品でした。
しも

しもの感想・評価

4.0
【エンタメ】★★★★
【映画評価】★★★

まったくもって前情報も知識もなく鑑賞。
今色々ごちゃごちゃ感想を書いていたんですが、やめました(^^;)
カッコよかったです。特に音楽。

途中「なんでなんだ!」とか「自業自得じゃない?」みたいなことを考えることもありましたが、伝記的なドラマだったので納得。
少なからず脚色している部分(切り張りしている部分)があるとは思いますが、絶対的な主役がいる訳じゃなくて、イージーEが、ドレーが、キューブが、それぞれの物語の主役であり、誰かに大きく肩入れするわけでなくストーリーが進んでいったのかなぁと思いました。
尺的にもボリュームのある作品だったと思いますが、結構入り込んで観てましたし、なんなら語り足りないだろう!と思うくらい楽しんで観れました。
マザーファッキンアイスキューブ。

観た後、歩き方がラッパーになる。
言葉で世界をぶっ壊す。

最も危険な時代が生み出した最も危険なヤツら。
>|