yuta

ブリッジ・オブ・スパイのyutaのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)
3.8
あらすじ

スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、ジョエル&イーサン・コーエン脚本と、いずれもアカデミー賞受賞歴のあるハリウッド最高峰の才能が結集し、1950~60年代の米ソ冷戦下で起こった実話を描いたサスペンスドラマ。保険の分野で着実にキャリアを積み重ねてきた弁護士ジェームズ・ドノバンは、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベルの弁護を依頼される。敵国の人間を弁護することに周囲から非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たそうとするドノバンと、祖国への忠義を貫くアベル。2人の間には、次第に互いに対する理解や尊敬の念が芽生えていく。死刑が確実と思われたアベルは、ドノバンの弁護で懲役30年となり、裁判は終わるが、それから5年後、ソ連を偵察飛行中だったアメリカ人パイロットのフランシス・ゲイリー・パワーズが、ソ連に捕らえられる事態が発生。両国はアベルとパワーズの交換を画策し、ドノバンはその交渉役という大役を任じられる。


スピルバーグ監督、コーエン兄弟脚本、トムハンクス主演とゆうこともあって、特に大きな盛り上がりは無いのですが、中だるみもせず、安定して見応えがありました。特にトムハンクス演じる弁護士のドノヴァンと、ドノヴァンに弁護されるソ連のスパイのアベルの関係性が良かったです。