yutaさんの映画レビュー・感想・評価

yuta

yuta

ベストムービー覧は今年のみ。

映画(449)
ドラマ(2)

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.8

序盤の印象としては、前作は友情に焦点を当てていたので今作は主要3人の関係性を軸に進んでいくんだろうなと。でも、軸は軸ですがメッセージ的には少し違くて嬉しい喜びでした。

キャストは前作に引き続き魅力的
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

4.0

このアプリでの評価が高く最終章公開中なので借りてきて鑑賞。

まず、キャストですが最近の若手俳優が一堂に会していて、申し分ない豪華さでした。勿論演技力も伴っていてしっかり世界観を土台を構築していました
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.3

「はじまりのうた」のジョンカーニー監督作品なので鑑賞。

やはり「はじまりのうた」の時も思ったけど楽曲が最高だなと思いました。アカデミー楽曲賞も頷ける名曲揃いでこの映画の世界観をつくり引率していました
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.3

ダニーボイル監督作で有名だったので鑑賞。

まず、感じたのが実在する番組ミリオネアを軸にしてストーリーが展開されるところです。
そしてスラム街で育った青年がミリオネアで夢と大金を掴むという設定も実話で
>>続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

3.0

ポールバーホーベン監督作品はあまり鑑賞したことがないので、チープである意味バカバカしい毛色のタイプに若干驚かされました。

序盤から中盤にかけてのベタベタで安いジュブナイルものでよくあるストーリー展開
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

まず、全編に漂うノスタルジックな雰囲気(特に街並みや音楽)はこの映画の世界観を創り上げる役割をしっかりとになっていましたし、リアル路線にしたのも良かったです。(その時代の生々しい荒廃した感じが逆に主役>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.0

予告編に興味惹かれ鑑賞。

まず、POVのような全編主観映像はゲームの様で画期的だと感じ、臨場感はありましたが、逆に全体的な状況がわかりにくいという問題点はあったり、主人公の顔がわからないので感情移入
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.0

ウォーリーなら荒廃した世界、リメンバーミーなら色鮮やかでで華やかな異世界。
そして今作では、透明な海と黄緑色の木々に囲まれた綺麗な南国の島の映画で、ディズニー映画史上一番美しかったと感じました。特に映
>>続きを読む

裸の銃を持つ男(1988年製作の映画)

3.4

上映時間も短く重くなさそうなので鑑賞。

初っ端からゴルバチョフやイディアミンやらをバッタバッタなぎ倒しおなじみの音楽で始まる痛快で馬鹿げた映画の金字塔的作品でした。そしてそれがラストまでずっと続くの
>>続きを読む

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

3.5

冒険ロマンアドベンチャーの秀作。

昔、映画館で観てパンフレットも買った記憶がある懐かしみながら楽しめました。

以外とキャストも豪華でCGもリアル、監督がスティーヴンスピルバーグなので懐かしのエンタ
>>続きを読む

69 sixty nine(2004年製作の映画)

3.3

小説読み終わりホカホカの状態で鑑賞。

さすがに映画なので止むを得ず描かれないシーンが多く、小説よりも淡泊には感じましたが、良くある恋愛映画よりかはリアルで楽しい青春映画でした。

また、主役の妻夫木
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

CMさながらのオシャレなオープニングでガーリーな女子向けかと偏見の目で鑑賞していましたが、誰でも楽しめる定番サクセスストーリーでした。

ストーリーとしては、冴えない女子が挫折し悪戦苦闘しながらも成長
>>続きを読む

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

3.5

アカデミー賞繋がりで鑑賞。

まず、主役2人。
上流階級でお金持ちで毎度礼拝に行くほど信心深く生真面目だが恐ろしく頑固なユダヤ人女性デイジーと、普段聡明かつ冷静で経験豊富な知識人の役が多いイメージのモ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

アカデミー賞を見て、ギリギリやっていたのですぐさま鑑賞。
1日1回こっきりの上映なのと、アカデミー後なので人も多かったです。

まず思ったのは、ある程度映画のあらすじや経緯を淡々と説明するのではなく、
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.8

旧スターウォーズシリーズは全体的に壮大な宇宙空間と牧歌的で雄大な風景が映えるシーンが多いレトロSFなイメージなので、それが今作でも受け継がれていてよかったです。
キャストはまず、主演のフェリシティジョ
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

3.5

鑑賞前は、冷静沈着で血も涙もない兄弟の殺し屋が無双する話かと思っていましたが、兄弟は意外と情味がある人当たりの良く怪我しながら弱者を助けるタイプの映画だったので嬉しい誤算でした。
また、イコライザーみ
>>続きを読む

Mr.&Mrs. スパイ(2016年製作の映画)

3.0

キャストで鑑賞。
ベイビードライバーで初めて知ったジョンハムは相変わらず色男全開で相手役のガルガドットともピッタリでした。ハングオーバーの時期よりも幾分か痩せ、トゥルーコーリング時代に舞い戻ったかのよ
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.3

数日前に広告で予告編を見て気になったので鑑賞。

漫画が原作だけあって設定に無理があるように思いました。(殺人犯6人を住人に知らせず送り込むのは良く通ったなとか、それならまずは軽犯罪者一人から監視付き
>>続きを読む

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

3.8

1作目を鑑賞したのが昨秋だったので、どうかなと心配していましたが、映画が始まると色々思い出して結果おおいに楽しめました。

相変わらず走りすぎず、ゆるめすぎない物語の展開のテンポは安定していて飽きませ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

初IMAXでの鑑賞。

が、キングスマンでよかったと思うぐらい前作と変わらないド派手なアクションは見応えがありました。
前作同様縦横無尽に動き回るカメラと細かなガジェットやギミック満載の武器はマンガチ
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

3.3

SFチックなお話かと想像していましたが、思ったよりアクション映画で嬉しい驚きでした。

過去の映像を覗き見できるハイテク機器の説明も今となっては皮肉に見えて苦笑しました。

途中の過去の映像を見ながら
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.8

スノーデンという人物はニュースなどで見かけた事はありますが、何を暴露したかは知らず鑑賞しました。
まず、その暴露内容の”アメリカが全世界のインターネットの個人情報を監視している”という事です。しかも、
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.3

トムフォード監督(ノクターナルアニマルズ)とコリンファース主演に惹かれ鑑賞。

舞台は同性愛がまだあまり受け入れられていない1962年。
主人公ジョージはゲイで数ヶ月前に愛する人ジムを不慮の事故により
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

3.4

ラブアクチュアリーなどもそうですが豪華キャストを起用したオムニバス形式のハッピー映画はある程度の観る価値はあると個人的には考えているのでこの映画もそのつもりで鑑賞しました。そして、その考えが正しかった>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.0

タイトルが個人的に凄い気に入って評価も高いので鑑賞。

まず気になったのが出演陣。
主演のジュリー演じる城戸は夜な夜な原子爆弾を作るという異様なキャラクターですが(タクシードライバーぽい)、なんとも嫌
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

初ジュゼッペトルナトーレ監督作鑑賞。

まず、主人公の鑑定士は癖があるキャラクターですが、ジェフリーラッシュの演技でそれを感じさせず感情移入できました。
他にもドナルドサザーランドやジムスタージェスな
>>続きを読む

フューリー(2014年製作の映画)

3.8

キャストが豪華なので鑑賞。

まず、主演のブラッドピッドやシャイアラブーフ、ジョンバーンサルなど出演者が豪華だったので登場人物がわかりやすく物語に入り込みやすかったです。
その中で新兵でペーペーなノー
>>続きを読む

運命じゃない人(2004年製作の映画)

3.8

内田けんじ監督らしい複雑な物語でほぼそれがこの映画の肝でした。少しお芝居っぽくて(舞台は結構変わるものの)映像的には地味ですが物語が面白いので飽きませんでした。

同じ時間を何人もの視点で繰り返し描か
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.8

元日から映画鑑賞。
内容としては王道的展開に古典的なテーマと普遍的なメッセージを盛り込んだいて万人に受ける作品でした。作っている人の日本愛も感じれて良かったです。
キャラクターもそれぞれ重要な役割を担
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.5

この映画の元となったミュージカルは全く知らずキャストの豪華さのみで鑑賞。

まず特筆すべき点はこの映画を観る理由付けともなった出演者群。歌唱力抜群のメリルストリープを始め、007のピアースブロスナン、
>>続きを読む

メランコリア(2011年製作の映画)

2.5

ラースフォントリアー監督作初鑑賞。
二部構成でまず一部にハマれるかどうか好みが分かれる映画だと思いました。
冒頭のスローモーションを多用した映像や雪中の狩人、オフィーリアなどの絵画を多用した美術的演出
>>続きを読む

パリより愛をこめて(2010年製作の映画)

3.5

パッケージのジョントラボルタの外見のインパクトの惹かれ鑑賞。期待値を下げて観ましたが、96時間の監督らしくアクション満載の王道映画でした。

まず、主演のジョントラボルタのバズーカの様になりようが素晴
>>続きを読む

ドラッグ・ウォー 毒戦(2012年製作の映画)

3.8

ジョニートー監督作初鑑賞。

北野武監督に影響を受けていると本人が語っている通り全体的に物々しい雰囲気が漂っており、その中での警察と麻薬組織の心理戦がドライに描かれる作品でした。
警察がミッションイン
>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

3.8

個人的に好きな監督、クエンティンタランティーノ。
タランティーノ監督の映画の特徴で好きな所は、登場人物が個性的で魅力溢れる所でコーエン兄弟にも言えると思います。
もちろんこの映画も個々のキャラの個性が
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.5

ジョンウィックやザコンサルタントと同じ裏の顔がプロ級の暗殺者な話。
前半は静的なテンポで、小説などでキャラクターの人となりがわかったり、クロエグレースモレッツとデンゼルワシントンのレオン的な優しいやり
>>続きを読む

瞳の奥の秘密(2009年製作の映画)

3.3

中々重くて重厚なサスペンスでした。ですが、犯人は誰かというところに焦点を当ててはおらず、他の事(25年の歳月を通してのそれぞれの人生など)を描写していました。特にダイハードのハンスグルーバーを倍渋くし>>続きを読む

>|