TSUBASA

チャップリンの放浪者のTSUBASAのレビュー・感想・評価

チャップリンの放浪者(1916年製作の映画)
3.0
これは中々面白かったです。ヴァイオリニストのチャップリンが放浪している中、ジプシーに誘拐されていた女性と出会い、恋愛に発展していくという作品です。最初のドタバタ劇は単純ですが面白い。そもそも木で頭を叩くだけでそんな簡単に人が気絶するのか?と思えてしまいますが、そんな素っ頓狂でスピーディーな展開がチャップリン作品の真骨頂といえそうです。
後半は少し切ない話になりますが、全体的にはよくまとまっていてチャップリン短編の中ではかなり上位の方に入るかもしれません。