リトルパフォーマー 風の鼓動の作品情報・感想・評価

リトルパフォーマー 風の鼓動2016年製作の映画)

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:90分

-

あらすじ

小高クニとナミは仲の良い小学生の姉妹。しかし、母親と父親は別居中で離婚話が進んでいる。一方、彼女たちの通う小学校では今年度で廃校になることが決まり、思い出として夏休みにダンス大会へ出場しようという話が持ち上がる。クニの妹・ナミの心は浮き立つが、出場メンバーの勧誘にクニの協力が得られず苦戦していた。   そんななか、強い風が吹くある日、都会から一人の転校生・山本風香がやってくる。風香に興味津々な…

小高クニとナミは仲の良い小学生の姉妹。しかし、母親と父親は別居中で離婚話が進んでいる。一方、彼女たちの通う小学校では今年度で廃校になることが決まり、思い出として夏休みにダンス大会へ出場しようという話が持ち上がる。クニの妹・ナミの心は浮き立つが、出場メンバーの勧誘にクニの協力が得られず苦戦していた。   そんななか、強い風が吹くある日、都会から一人の転校生・山本風香がやってくる。風香に興味津々なナミはこっそりと彼女の跡を追い、講堂でひとりバレエを踊る風香に見惚れてしまう。  クニはいつものように近くの里山へでかけた。風が吹き始めたころ、視線の先に風香を見つける。大風になるなか、里山の奥へ奥へ飄々と歩みを進める風香を傷だらけになりながらも追い続けるクニ。たどり着いた森の奥深いところで、風香は風と共に踊りだした。それを目の当たりにしたクニは、風香と一緒にならダンス大会に出てもいいと心に決める。  クニの参加によりダンス大会出場が実現し、全員で練習に励む日々。迎えたダンス大会当日、一生懸命練習をしてきたが慣れない都会での大会に萎縮し、満足に踊ることができず結果は散々に終わってしまう。そして傷心のクニにさらなる追い打ちをかけたのは、母親の元からクニを引き離そうとする父親の存在だった。 どっどど どどうど どどうど どどう 宮沢賢治が描いたように、 風の子の鼓動を全身で表現し、出会いと別れのなかで大人になっていく子供たちが精一杯に踊る。 どっどど どどうど どどうど どどう どっどど どどうど どどうど どどう どっどど どどうど どどうど どどう

「リトルパフォーマー 風の鼓動」に投稿された感想・評価

  • すべての感想・評価
  • ネタバレなし
  • ネタバレ
この映画にはまだレビューが投稿されていません。