最新鋭の技術:エピソード2のプレビジュアライゼーションの作品情報・感想・評価

最新鋭の技術:エピソード2のプレビジュアライゼーション2002年製作の映画)

State of the Art: The Pre-Visualization of 'Episode II'

製作国:

上映時間:23分

3.3

「最新鋭の技術:エピソード2のプレビジュアライゼーション」に投稿された感想・評価

MASAYA

MASAYAの感想・評価

2.8
2002年に発売された『クローンの攻撃』のDVD、Disc2に収録されているドキュメンタリー(2本目)です。

そもそも何で1本にまとめてくれなかったんですかね。今まで通り『メイキング・オブ・クローンの攻撃』みたいな感じでいいじゃないですか。わざわざ分けた理由が分かりません。
まあ、こっちではプレビジ(プレビジュアライゼーション)についてのみにしたかったのかもしれませんが。

プレビジとは簡単に説明すると絵コンテを映像化したもののことです。実際に映像制作を行う前に完成イメージを共有できることがメリットみたいです。背景が殆どCGになったエピソード2ではブルースクリーン相手に演技することが多くなり、プレビジを見ながらであったゆえにスムーズに撮影が進んだそうです。

ちなみに『ファントムメナス』のときは拡声器でシーンのイメージを伝えてたため、頭のなかで完成図が描きにくく撮影が難航したとか。

などということがまとめられていますが、全体的にへぇーという感じでそこまで印象に残りませんでした。

強いて言うならクローン戦争のアニマティクスに2年かかったというところだけ面白かったです。