emily

女神の見えざる手のemilyのレビュー・感想・評価

女神の見えざる手(2016年製作の映画)
4.1
 勝つためには手段を選ばないロビニストのエリザベスは、銃擁護派団体から廃案に持ち込むように依頼されるが、それを断り、部下達を連れて銃規制法案の成立に勢力をあげてる小さロビー会社に移籍し、あらゆる逆境に立ち向かっていく。

 真っ赤なルージュにキリっとしたクールビューティなエリザベスを演じるのはジェシカ・チャステイン。機関銃のように言葉を発し、行き着く間もないハイテンションでありながら冷静沈着な態度で、一転二転するストーリーに観客を惑わしていく。徹底したプロフェッショナルな仕事にはプライベートも情も人間らしさもない。すべてが手段で、すべてが道具で、一つの目標に向かって、ただひたすらに進み続ける。しかしそこには何かを変えるために必要な信念と根気が溢れてる。周りを巻き込み、傷つけ、おのずと自分自身も犠牲にする。しかし何かを手に入れるために惜しみない努力と、何かを変えるためにはたくさんの人の犠牲の上に成り立っている事を忘れてはいけない。

ヒーローとは言えないかもしれない。人の心をもてあそび、観客をもてあそび、血の通った人とは思えない言動の数々だ。しかしその一環した信念の強さこそが現状を変えていくのだろう。ラストには清々しさと感動さえ覚える。