元空手部

孤狼の血の元空手部のレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
3.7
ただし、要再見
タバコの吸い殻やカラスの動きまでしっかりと捉えるあたり、これまでの東映映画にあった勢いに任せた雑さは薄れている 少なからず、ただのパロディではない
逆にいうと演出演出しすぎていてわざとらしさがある、松坂桃李と真木よう子が話すとこなんてソフトフォーカス入れる意味がなく、これ筆頭に演出面ではかなり無駄が多い エロ描写は極力抑えていてそこは良かった
東映実録路線が父だとしたら、韓国のバイオレンス映画が母というほどに影響を受けてるんだが、死体を直接映したり、スローモーションに過剰な演技と、作風にあってないし、どうも悪い方に向かっている
あんな人が実は...展開にも不満、無理に勧善懲悪にする必要はない