muepon

ランペイジ 巨獣大乱闘のmueponのレビュー・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)
3.5
巨大化が、止まらない!

『ランペイジ 巨獣大乱闘』(原題:Rampage)は近年公開されたモンスターパニック映画の中でも最も痛快で、怪獣プロレスとしての醍醐味もきちんと楽しませてくれる良作映画。

80年代の海外アーケードゲームが原作です。

主演はドヴェイン・ジョンソン(通称ロック様)。おそらくロック様のような屈強な主人公でなければ成り立たなかったであろう全編に渡るアクションシーンが見所の一つ。

パートナーとして活躍する白いゴリラ(ジョージ)との友情やほっこりエピソードが物語に深みを与えています。

宇宙空間の地球軌道衛星上で極秘裏に開発されていた遺伝子実験(ランペイジ計画)が失敗して脱出ポットが爆発し、飛翔体となって地球の3方向に落下。

たまたま遺伝子実験のサンプルが落ちた地域にいたゴリラのジョージとオオカミとワニがサンプルを浴びることによって巨大化し、凶暴化。

3匹は北米大陸を横断し、破壊の限りを尽くしながら最終的に大都会シカゴで大乱闘を繰り広げる・・・。

こう見ると確かにB級映画のノリではありますが、B級でも明らかにクオリティが高いB級であることは間違いありません。

物語はあまり深く考えなくていいし、とにかくテンポがいい。

一番良かったのはカット割り!画面映えが良く、モンスタープロレスで“魅せなければいけないシーン”のことをよく分かっています。破壊的なシーンはやはり格好良くなければいけません。

物語の進行上出し惜しみしてしまう作品も多い中、ここまで痛快なのも逆に珍しいです。

あえて言うなら、モンスターがモンスター以上にはならなかったところ。怪獣並みに巨大化するわけでもなく、のちの時代に誰もが認知されるようなキャラクターや造形をしている訳でもないので、この部分に関してはやや弱かったと言えるでしょう。

ご都合主義満載ながらも、悪役でどこか憎めないキャラクター。嫌みでありながらもやがて協力に転じるラッセル捜査官(ジェフリー・ディーン・モーガン)の怪演っぷり。

最後に残る言葉はただ一つ。
「言ったろ、クズは協力し合えって! 」