ランペイジ 巨獣大乱闘の作品情報・感想・評価

「ランペイジ 巨獣大乱闘」に投稿された感想・評価

ツッコミどころは多々ありつつも(笑)ドウェイン・ジョンソンとジョージが似すぎてて初っ端から爆笑。あれ、わざと似せたの?と思うくらい。実際どうなの?
目新しさはありませんが王道的展開をいくので、何となくスカッとする作品を見たいならいいかも知れない。
個人的にはオオカミが好きでした。
R

Rの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

自宅で友人1人と。

2018年のモンスターパニック。

監督は「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。

あらすじ

シカゴの企業エナジン社は宇宙ステーションでゲノム編集の実験を行なっていた。しかし、実験中に実験動物のネズミが暴走、遺伝子サンプルは地球に落下してしまう。落下したサンプルは各地の野生動物を巨大化させ、地球はパニックに陥る。
元特殊部隊で霊長類学者のデイビス(ドウェイン・ジョンソン「スカイスクレイパー」)は親友のゴリラのジョージもまた同じく巨大化して暴走したことで、彼を助けようと奮闘する。

ドウェイン・ジョンソンさん、こういうメジャーエンタメ大作ホントに好きですねぇ…と映画館で予告がやる度に思ってたわけだけど、まぁモンスター映画大好きですし、観ますわね!!

ということで劇場では観れなかったけど、ツタヤ準新作半額レンタルにて鑑賞。

ゲノム編集云々カンヌンが原因で野生動物が巨大化して、大パニックってことなんだけど、そもそもゲノム編集てなんだっていう…。

調べたら部位特異的なクレアーゼを利用して…ってもうこの段階でわかんないからいいやw!!

まぁ、とにかく地球に住むオオカミとワニとそして、キングコング…ならぬアルビノゴリラのジョージ(おさるのジョージから来てるんかな?)が巨大化したことで、我らがロック様が大奮闘するとわけなんだけど、まぁなんというか観たいものを観せてくれる!!

元特殊部隊出身で現霊長類学者、おまけに超絶ムッキムッキてキャラ設定が大渋滞を起こしてるわけなんだけど、相変わらずのナイスガイでジョージやヒロインであるケイト(ナオミ・ハリス「モーグリ:ジャングルの伝説」)相手には優しいんだけど、一度敵を相手にすると肉弾戦では敵無しのチート設定!!

巨大モンスターと対峙しても、物怖じすふことなく挑むその姿はまさにアクションスターならぬモンスタースター!!

また、ロック様と張る今作の目玉の巨大モンスターたちもステキ。

ジョージはそのまんま巨大化するとキングコングになってしまうので、アルビノに設定を変えつつも、コングと同じように人間にも友好的でロック様仕込みの手話のヤンチャ感がまたイイ(終盤の下ネタ全開の手話がまた受けるw)

また、予告では敵こんなんで大丈夫かと不安だったオオカミのラルフも他の動物遺伝子が入っていて、ムササビのように滑空したりとトリッキーな動きが小気味よいし、ワニのリジーもエリマキトカゲのハイブリッド的キモさとパワフルさもあって、見ていて楽しかった。

惜しむべきはビルに登ると如実にスケールの小ささが目立ってしまう点…。市街地だとちゃんと大きく見える分、あれはどうにかならなかったのかなぁ。

まぁ、でもちゃんと怪獣大決戦してたし、ダレることなく見せ切った点を踏まえて観ても面白い部類に入る作品だったんじゃないでしょうか!!

あと、ニーガンことジェフリー・ディーン・モーガン(「ノー・エスケープ 自由への国境」)が出てるとほくそ笑んでしまう自分がいる。
kohanu

kohanuの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

最初にCMを観た時、巨大化した動物が街を襲うって...残念なオチになってもおかしくない設定だなぁ。と感じていましたが、主演が主演なのでいざ鑑賞!!

結果的に、普通に面白かったです。
とにかく感じたのが、ダラダラした難しいシーンが無く、とても観やすかった。個人的に飽きるシーンがあるんじゃないかと思ってたけど全然無かった。

ストーリーやキャラクターの設定が割とベタなので、先が予想できるのはあるけど、変に要素をぶち込んでる訳でもなく、安心して観ることができました!

そして良かったのがラストのシーン!
最後、ジョージは本当に死ぬ予定だったらしく、主演のドウェイン・ジョンソンの意見で、死んだフリをしてふざけるシーンに変更になったらしいです。もし本当にあのまま死んでたら、本当に最後までベタなオチになるし、なにより悲しく終わるのだけは避けたいですからね。この変更は本当に正解!(無さそうだけど、続編作れそうな終わり方でしたね。だって巨大化したままでしょ...?)

追記:個人的に、ゲーム化したら面白そうだなと感じました。
Mayu

Mayuの感想・評価

3.8
気になってはいたけど映画見逃したためDVD📀
斬新なストーリー!
kanon902

kanon902の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった‼︎
ゴジラ的な映画を想像してたけど、
ゴリラ怪獣との絆や、遺伝子操作🧬等…
ジュラ的かな🤔

ジョージ、眼がキレイ✨
そして、巨大化して最も怖かったのは
オオカミですよー💨
あの大きさだと、地上からジャンプして
ヘリ喰えるの⁉︎ 怖…
でも、不死身のドウェイン様が居るから
大丈夫!
涙あり笑いありの良い映画でした。
mal

malの感想・評価

3.0
スカッとして迫力のあるアクション映画を観たいと思い、選びました。あと、ロック様の勇姿が見たいというのも視聴した理由の一つです。


悪の遺伝子工学関連会社の事故によって巨大化した動物たちが大暴れするというお話ですが、人間達のやり取りが多く、テンプレ的なやりとりはちょっと退屈。もっと怪獣たちのプロレスを見ていたかった!巨大化動物が3種しか出てこないのも不満。悪くはないが、目新しさもそれほどないというのは正直な感想。


クリスパーの話が出てきたので、結構科学的な話なんかなーと思ったら、雑な設定・科学考証でお金のかかったB級映画という感じ。でも、ちまちま考えたりするよりもパーってやってガーッと進む感じが結構好きなので、それはそれでよし!ツッコミを入れながらワイワイ観たい映画!


ベタではありますが、オープニングでの宇宙ステーション脱出や背後に巨大な狼がスッと現れるシーンはぞくぞくきました。

その宇宙ステーションのシーンと、次のシーンでのゴリラ・ジョージとの邂逅を合わせた最初の10分はエンタメとしてすごく楽しい。各シーンで起承転結があるというか、緊張→最高潮→弛緩のテンポが最高。


元特殊部隊や密猟対策の仕事をしているうちに人間嫌いになり、今は霊長類研究者という主人公の設定がもうなんか素敵。ベタベタだけどロック様なら許される、許して欲しい。彼は現代兵器や軍よりも強いので、クライマックスでの奮闘はありだと私は思ってます!
2019年1月16日(水)

息子の寝かしつけから無事復帰して!
見事なケチャップ味だった(好き)
突っ込みどころ多数だけどそれをゴニョゴニョ言いながら観れるのが夫婦で自宅視聴のよいところということで。

ドウェイン・ジョンソンはジャングルがよく似合うなぁ

狼の造形があんましかっこよくない。狼ってもっともふもふしてない?て言うてたらもふもふしたら可愛いけんいかんのよと旦那。納得。









本日の候補
○グレイテスト・ショーマン
ヒュー・ジャックマンが歌ったり踊ったり、文句なしの高評価作品。若干のポリコレ臭はご愛嬌。

○ランペイジ~巨獣大乱闘~
最近なぜかよく見るドウェイン・ジョンソンが動物学者というちょっと無理のある役で主演、キメ顔と筋肉体操でモンスターをバッタバッタと倒す映画、ケチャップ添え。

○クボ~二本の弦の秘密~
映画系ブログではどこも絶賛、日本へのリスペクト溢れるストップモーションアニメ。
旧作になっている可能性あり(;´∀`)

このレビューはネタバレを含みます

新しいキングコング!おじさん好みのマリン・アッカーマンの可愛さが出ていなかったので少しスコア低めw( ー`дー´)キリッ
KAREN

KARENの感想・評価

3.0
予告では面白そうでワクワク!って感じやったけど、
期待しすぎたのか普通😕って感じでしたね。
でもジョージとデイビスのコンビ最高でした…👍
ゴリラ好きとしてはジョージがめっちゃ可愛かったぁ。

最初のゴリラ達がドラミングしてた時グーでやってて
ドラミングはパーなんやけどなぁ。って思ってたんやけど、最後はちゃんとパーだったww

ゴリラが手話を使って話してるのはココで知ってたから
あんまり驚かなかったけど、普通🖕コレ教える?ww

あと最後まで観て疑問に思ったのは、
ジョージはアルビノやけど、あの園内のゴリラの中ではシルバーバックなんかな?って思ったw
若いゴリラに対してとかね…
ひょん

ひょんの感想・評価

4.0
なんかこういう生き物の可能性的なのは見ていてワクワクする
ゴリラのキャラクターがなんともいえない可愛さがあった
でもゴリラだけ小さすぎる気がした
非日常って感じで面白かった
>|