ランペイジ 巨獣大乱闘の作品情報・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘2018年製作の映画)

Rampage

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:107分

あらすじ

ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。 しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃も…

ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。 しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。 怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか? 人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか? 『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

「ランペイジ 巨獣大乱闘」に投稿された感想・評価

花信風

花信風の感想・評価

3.5
うん、単純に面白かったです。

観てて、ん!って思うとこもいっぱいありましたけどね。

そんなのチョイスした多段階で、解かっていることです。

なかなか、友情のお話

利害関係ない間柄だかんね。
まぁ、純粋ですもんね。

逆に人間同士だと、あんなふうにはいかないかも?

兎に角、ワニでかい!!
ストレス解消!
巨大な怪獣がぶっ壊しまくる!!
こんな脳筋映画を待ってたんや!!!!

もう破壊映画のお手本のような砕け散るビルやサクッとやられてしまうヘリや戦車、虫けらのようにやられる人間達、もうひとつひとつが画としての力があり過ぎる!!!

しかしながら…デカい、俊敏、トゲトゲこんなにも三拍子詰まった魅力的な怪獣たちを圧倒してしまう存在感のロック様!!

まさにもう一匹のゴリラ。


生身で怪獣に立ち向かい、ゴリラと普通に会話してしまうロック様が一番怪獣でした。
ren

renの感想・評価

3.0
巨大

冒頭から激しい始まり。サンプルが地球に散って動物が巨大か。そしてDNAの種類が豊富に入っており、それぞれの個性が強い。アメリカの危機、、どう戦う?

あんまり期待していたのとは少し違く、この評価。ジョークや映像は素晴らしかったが予想はついてしまう物語でした。でも映画館で観れて良かった!
だち子

だち子の感想・評価

3.7
不滅のドウェイン・ジョンソン!
ゴリラのジョージがかっこよくて可愛くて…特におしりが可愛い…
ジェフリーさんもまた色気がやばい。
正直ストーリーにサプライズ的なとこはないし、え、いいの?みたいなとこもあったけど、それでも楽しめる映画。
ジョージとデイビスがカッコよすぎた
空飛ぶ巨獣がどちゃんこかわいい
hiromi

hiromiの感想・評価

4.3
4DXレイトで本日観てきた。(5/21)
ハラハラドキドキもちょいちょいあって、あんなに荒くれってるのに感動する所もあったりで楽しかった。
HidekiAndo

HidekiAndoの感想・評価

3.8
この太い腕に 抵抗するな

エナジン社は『ランペイジ計画』という、遺伝子操作により生物を軍事利用するべく、宇宙空間で実験をしていたが、被験対象が暴れ出し、病原体が地球に飛来。
その1つが霊長類学者で元特殊部隊のデイビス(ドウェイン・ジョンソン)が働くサンディエゴの自然保護区に落下。
デイビスが育てた白いゴリラ 『ジョージ』が、その病原体を浴び、巨大化してグリズリーを殺してしまう。
かつてエナジン社でかつて働いていたケイト(ナオミ・ハリス)はそのニュースを見て、『自分なら治せる』と、ジョージが捕らえられてるサンディエゴへ向かうが、再び暴れ出し、逃げ出してしまう。
他の場所でもオオカミ、ワニが巨大化し、各所でパニックに。
エナジン社のワイデン姉弟は、特殊な周波を使い、それらをシカゴに集め、それに対し軍は核を使い、動物達を殲滅しようとする。
デイビスは街を救う事が出来るのか?!


なるほどですねーー!
期待薄めで行ったのもあってか、めちゃ楽しめました😂!
ドウェイン・ジョンソンも製作陣に入ってるようで、さすが楽しませ方を分かってます!キャラがジュマンジと被ってるのはご愛敬ですかね😂。
理屈抜きの派手なディザスターから笑い、感動と、娯楽映画の要素がてんこ盛りです!

前半の『中指』のフリも、後半しっかり良い所で回収され、しかもそれがびっくりする程、予想通りで😂、気持ち良かったですねー!でも『えーー?』な感じでなく、『水戸黄門の印籠』のような、良い『お約束』でした。

ゲームが元の作品との事で、その辺りの『バカバカしさ』と、ミッションをクリアした時のような『スッキリさ』も、良く出てました。
ジョージがビルを登る様は、正にドンキーコングです!

ジュマンジも良かったですし、ドウェイン・ジョンソン、ノってますね!
きっき

きっきの感想・評価

3.5
ドウェインが良いキャラであの筋肉はさすが。
個性溢れる動物で可愛かった!
やっぱりデカい怪物が大暴れする娯楽作は見てて楽しい!
ラストのビル大破壊や大乱闘シーンは圧巻!しかも怪獣と渡り合っちゃったりするロック様!w
話は所々「?」な部分がありますが、熱い展開や勢いのあるシーンの連続でテンポ良く見れました。

ところで今作のラストのシーンで「マイティ・ジョー」を思い出したんだけど、まさか今作の元ネタ?
巨大化が止まらない!わけではない!

イメージより一回り小さかったけど…!予告通りの楽しい筋肉おバ怪獣映画だった。


まず宇宙から地球へ、冒頭の前座としての描き方が予想以上にちゃんとしていてその時点で好感を持った。
その後は話がチャッチャカ進んで行くのも良いね。
場面が変わると急にジョージとオオカミが一緒に行動を共にしている時はさすがに何か見逃したのかと思ったけど。

シカゴの都市の中で巨大生物が大乱闘するという後半の明らかに怪獣映画的なノリに映画全体のトーンも合わせてあることで、つられてドウェイン・ジョンソンも1段階上がって“ニンゲン”代表参戦!という状態なのを観客に思わせてくれるのが大きかったと思う。
おかげで銃で撃たれようが巨獣の戦いに生身で混ざってようが何故かあまり気にならなくさせる何かがあった。


巨獣大乱闘シーンは劇場で観たというのもあって迫力あって楽しいのは確かだけど、これといって目新しいものを感じることは無かったかもしれない。
巨大なゴリラが暴れる映像というのも最近『レディ・プレイヤー・1 』の冒頭レースシーンのコングの方が結構凄かったりするしね。

しかしジョージ(白ゴリラ)とドウェイン・ジョンソンとの友情物語という、感情をとらえた一本の筋が通ることでドラマティックな大乱闘になっていたと思う。
>|