ランペイジ 巨獣大乱闘の作品情報・感想・評価

ランペイジ 巨獣大乱闘2018年製作の映画)

Rampage

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。 しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃も…

ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。 しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。 怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか? 人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか? 『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

「ランペイジ 巨獣大乱闘」に投稿された感想・評価

IKT

IKTの感想・評価

3.0
ストーリーがわかりやすくて、次の展開がわかってしまった。個人的にはもう少しひねって欲しかった、、
sekshun

sekshunの感想・評価

3.8
手話ができるゴリラと英語が喋れるゴリラの2匹がハッスルしてた。アホ丸出しの日本のCMのイメージと違って、設定と話がしっかりとしてた印象。バトルシーンで物凄く感じるキングコングの二番煎じ感は否めないけど、後半の舞台が都会でビルとかぶっ壊しまくってくれて楽しかった。手話ができるゴリラがめっちゃ笑わしてくれるところが最高。おさるのジョージならぬゴリラのジョージ。英語が喋れるゴリラがめっちゃジョージ連呼するから、ずっとそれを思い浮かべてた。
Ririna

Ririnaの感想・評価

4.1
ドウェイン・ジョンソンが好きで借りた作品でしたが、
巨大化云々はさて置き、ジョージとの絆に私は涙してしまいました。。

猿の惑星でもジュラシックパークでもない動物を主体とした物語。
新しくて私は引き込まれましたし面白かったと思います。

しかしやはりドウェイン・ジョンソンの吹き替え声優と言えば、小山力也さんだと思うのは私だけでしょうか?笑
まあまあ楽しめた。思ったより薄味というか、もっと圧倒されたかった。
誰が強いのか選手権。めちゃくちゃ面白かったです。
エントリーしているのは、4体。
ドウェインジョンソン。おさるのジョージ。ワニ。オオカミ。
どれが一番強いのかな??って楽しく観れましたよ。
展開色々あって…

~中略~

胸熱ポイントに…。
ジョージが負傷して巨大ワニに追い詰められた時に、ドウェインジョンソンが「逃げろ!」と言い放った瞬間が胸熱で、泣きそうになりました。

強さ比較↓結局は、
負傷してもなかなか死なないドウェインジョンソン>ワニ>ジョージ>オオカミ
だったのです。
最終的には、人間界で3本の指に入る強さのドウェインジョンソンの勝ちでした。
シンプル
金曜ロードショーなんかでしてそう
白ゴリがちょっと可哀想で胸が痛かった(笑)
久しぶりに吹き替えで若本規夫の声を聞いた気がします
ロック様の映画は安心してみれるからいいよね
giiiita

giiiitaの感想・評価

4.0
B級っぽい見た目だがそんなことはない

男の子歓喜のでかいゴリラ、ワニ、オオカミが暴れまわる

男性憧れのイケてるボディなドヴェインジョンソン

もう見るやろw

ゴリラとの友情にも胸熱
最後が必見
KOU

KOUの感想・評価

3.5
【脚本】20点中11
【人物】10点中8
【音楽】10点中8
【映像】10点中8
ロック様だからこそ出来る!
ロック様の映画は心の中でツッコミを入れながらもなんだかんだ「まぁロック様だしな」と受け入れてしまうから面白い。
ゴリラのジョージとロック様の友情映画。

映画には三体の巨獣が登場する。ラストではその中に一人だけロック様という人間が混じって2vs2の市街戦を繰り広げるのだが、これがもうなんか色々と面白い。
あれだけ軍が総力を挙げても手も足も出ない怪獣相手に渡り合ってしまうロック様。流石ロック様。
そしてジョージとロック様の掛け合いが面白く、これが良いスパイスになっている。

本作のスパイスと言えばもう一人、ニーガンもといジェフリー・ディーン・モーガンが良いキャラクターを演じている。不思議な立ち位置にいる存在なのだが、俳優ジェフリーの纏ったオーラはやはり凄まじいものがある。


余談だがゴリラのジョージがいわゆるアルビノなのは、きっとキングコングとの差別化なのだろう。
英太郎

英太郎の感想・評価

4.3
キングコング以上の迫力ですね~ドゥェインジョンソンとの友情とジョークの掛け合いがまた非常に良い映画でした。
>|