長江の眺めの作品情報・感想・評価

長江の眺め2017年製作の映画)

A Yangtze Landscape

製作国:

上映時間:156分

4.3

あらすじ

揚子江を上海から宜賓(イビン)まで遡っていく。それぞれの地での事件を字幕で表わし、移り変わる風景のなか沿岸で生活する人々を描く、ゆったりとした映画的時間。

「長江の眺め」に投稿された感想・評価

猫

猫の感想・評価

4.0
とても良かった。終盤30分の凄まじさを見るとモノクロにする意図は分かるけど、政治を切り取るというのであれば、尚更カラーにしてほしかったような気もする。
ほし

ほしの感想・評価

-
残念ながら途中まで……。橋や船、河岸の絶壁のようなデカいものはデカいという事実だけで畏敬の念を抱かせる。観た限りその緊張感が緩むことは一切なかった。
すべてを淡々と明/暗に還元していく美しいモノクロ映像。
山峡ダムの、荘厳な不協和音が終焉の予感のようでとても好きでした。
roland

rolandの感想・評価

-
YIDFF⑥

2つの大いなる緩慢さ。1つは一方向的な時を刻む川としての長江の流れであり、もう1つはその不可逆性に逆らい殆ど静止状態に近い緩慢な動きによってフィルムの上に生きながらえようとする沿岸の人々の姿である。その逸脱行為こそが「歴史」ではないか。
国破れて山河あり。三峡ダムの辺りが最高。自然を撮りつつ、人間を入れ込むような構図。