Junkei

マルクス・エンゲルスのJunkeiのレビュー・感想・評価

マルクス・エンゲルス(2017年製作の映画)
3.3
抜本的な解決策がないまま働き方改革を行なっている企業が増えている。
映画を観た後で、そんなことを考えて、共産主義の理想について考えた。

若きマルクスとエンゲルスの出会いから「共産党宣言」までを描いた映画。
マルクスは結婚して、娘が生まれたり。エンゲルスもそうなんだけど、意外に家族の物語でもあった。
そして家族ぐるみで仲がいい。

内容はともかく映画としての盛り上がりに欠ける。葛藤や思想を戦わせるとかもあるが、なにかもっと期待した(知識がないからかね)。

産業革命があったから共産的な思想が生まれたことがわかる。現代から考えると、やっぱりユートピア思想だけど、精神は大切にしたい。

唐突にボブディランの「ライクアローリングストーン」が流れるエンドロール。映像が、ゲバラやマンデラやキング牧師もいたか。マルクス・エンゲルスに影響された者たちなのだろう。
意思は引き継がれている。