akrutm

ホテル・ファデットへようこそのakrutmのレビュー・感想・評価

4.0
妻に愛想を尽かした高齢の男性が、自動車整備工業をしながら余生を静かに過ごそうと訪れた田舎村ルヴェルジョンで、自由奔放で無責任なホテル経営者の高齢女性と出会い、彼女の尻を拭いながらも親しみを覚えていくという内容のハートウォーミング・コメディ。ジェラール・ドパルデューとカトリーヌ・ドヌーヴというフランスの大俳優の共演とあって、全体的に引き締まった良質な映画です。

何と言っても、ジェラール・ドパルデューが演じる男性ジェラールのお人好しさ(原題の Bonne Pomme は直訳すると美味しいりんごだが、お人好しという意味もある)がとても魅力的。なんでそんなに親切にできるのかと思うほど、自分に関係ないことでも、他人に対して優しい姿が心地よい。ジェラールに限らず、この村の男性はみんな優しくて、お互いに助け合っているような雰囲気が良い。それに比べて村の女性たちは、バルバラを筆頭に、わがままだったり、勝手だったりと対照的。個人的には、カトリーヌ・ドヌーヴもいいけれど、ジェラールの義母を演じたシャンタル・ラドゥースがなかなか素敵でした。