TaKeiteaZy

パラサイト 半地下の家族のTaKeiteaZyのレビュー・感想・評価

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)
4.4
貧民街の半地下で暮らすキム一家の長男ギウが、友人の代理で富裕層パク家の娘の家庭教師をすることになる。なんか付け入れそうな感じかしたので、職業、経歴を偽りつつ、現役の面子をハメつつ妹、父、母を家庭教師2、運転手、家政婦でパク家に入り込んで悠々自適にやってみたら、色々一筋縄ではいかない事実が明らかになり、そしてそして...な話。

前から評判が良かったのだけれど、アカデミー賞席巻しちゃったもんだから「そんなかよ!」と、見えなくなる程の高さにハードルが上がってしまっていましたが、いや〜飛び越えたね、おもしれえ。「新感染ファイナルエクスプレス」の時も思ったのだけど、この国の映画文化どうなってんだ。こんな一作品に喜劇、悲劇、恐怖、家族愛、社会への皮肉、全ジャンル詰め込めるのかい。ラストは本当に胸が詰まる思いだった、声が出たなあ。トンデモはトンデモなストーリーなんだけど、アカデミー審査側が「いいものいい!」という矜持を譲らなくなるのもわかる。

とはいえ、あくまで韓国という国の問題を肌で感じれてないから、少し寄り添えない距離感はあったね。何となく箱庭で起きているトンデモストーリーを俯瞰で見て、登場人物全員に同情できない感じ。それはそれでなんかよくねえなあ、て思いつつだったね。日本は日本で大変だけど、お隣韓国も大変だなあ、と。

ともあれ、勲章に偽りなしです。低年齢層には少し難しいだろうけどね。

これ見終わった後、ジャージャー麺作りました。