ジェイD

サマーフィルムにのってのジェイDのレビュー・感想・評価

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)
4.5
映画って素晴らしいよね映画がまた日本から爆誕。しかも今回は高校生×映画制作×恋愛×時代劇×タイムトラベルと詰めに詰め込んだジャンル幕の内映画である。これらが絡み合って生まれた映画の「ラストシーン」に戸惑い熱くなり感動する。激アツじゃん…。

高校の文化祭に向けて美男美女キラキラ恋愛映画を撮る映画部。その隅でやさぐれる時代劇を愛する女子ハダシはいつか自分で時代劇を撮ることを夢見ていた。そんな彼女の前に現れた、思い描いていた主人公にピッタリな青年凛太郎。ハダシはかき集めの仲間たちと夢の実現を目指すが、実は凛太郎は未来からとある目的を果たすためやってきたタイムトラベラーだった…。

はぐれもの達がマジョリティに対抗すべく苦労しながら何かに熱くなっていく話でもあるので、一癖二癖ある仲間たちはみんな愛着が生まれる。大量のライトで改造したデコチャリを乗り回す輩は照明に、耳の優れたオタクは音声録音に、強面おっさん顔のクラスメイトはバディの武士役に、と個性を活かした寄せ集め集団が力作を生み出す。今作のライバルに当たる恋愛映画を監督するカリンちゃんの隠しきれない強かさも観ている側の気持ちを強く揺さぶる。

この映画面白いのは、当初打倒恋愛映画という動機を持ちながらも、それぞれの監督のある日の交流を通して、最後には時代劇の決闘と恋愛映画のラブシーンをニアリーイコールとし、最後にはどちらもジャンルとして肯定したうえで文字通り決着を付ける点である。小っ恥ずかしいイチャコラにも、監督の確固たる意思がある。このバランスが凄く良かったです。

そして例の「ラストシーン」である。賛否分かれているようで、実際自分もその瞬間「ん?あれ?」と思い始めましたが、今作の要素に<タイムトラベル>がある事、そしてこの『サマーフィルムに乗って』が「映画」である事に改めて気づいたとき、こんな滅茶苦茶してでもハダシの映画は最も理想とする形として完成されるべきだったのだと納得、そして感動することができる。

ファスト映画が問題となり映画や物語が早送りスキップでただ消費されるようになり始めた今、90分以上の時間をスクリーンの中の誰かに夢中になることやその時間が後世に残っていくことの素晴らしさが今作からエモーショナルに伝えられる。この青春あまりにも最高すぎませんかね?

「ラストシーン」についてコメント欄で雑談