サマーフィルムにのっての作品情報・感想・評価

「サマーフィルムにのって」に投稿された感想・評価

今年は邦画が熱い!
ラストシーンを見るために、映画館行く価値ある。

ハダシの映画への向き合い方。今届けるべきメッセージが詰まってる。
肉鹿

肉鹿の感想・評価

4.2
時代劇を愛する高校3年生女子。所属する映画部で時代劇を撮ろうとするもコンペに落ちくすぶっていたとこに、理想通りの主人公と運命的に出会う。さっそく仲間をかき集め撮影を開始しようとするも、問題がひとつ。彼は未来から来ていた。

ドラマ「お耳に合いましたら。」が素晴らしすぎたので見たくて見たくて見に行ってきた😆

ハードルがかなり上がりに上がった状態で見た結果、体中から水分がたくさん出た。涙も汗も出た。

前半のサクサク感とかはすこし気になるけど、後半にいくほど加速度的に面白さが増していって迎えるラストシーンの熱量に見事に焼かれて頭から湯気が出てないか心配までしてた😂
体を使ってぶつかり合うかっこよさには汗が滲むし、言葉を使って想いをぶつけ合う姿には真っ直ぐに胸を打たれて涙が滲んできて困った。
決して長い時間の映画ではないけど水分を用意しておくのが無難です

明らかにラストシーンの最後の1秒が1番盛り上がるように狙って作られてて、その狙い通りにこれまでの物語が収束して爆発する様は解放感や爽快感以外の感情も巻き込んで心に色とりどりな打ち上げ花火が打ち上がったような気分にすらなってた。ほんと花火大会のような盛り上がり方。まるで夏の終わりと新しい季節が始まるような気分になるし。

それにすべての登場人物を悪者にしないことが徹底されてて、果てしない優しさがあるとこが好き!
すべての好きを肯定する物語でもあるから、きっと多くの人の心を救ってくれそう。

そして伊藤万理華さんがすごい。ちょっとすごい以外の言葉が見当たらない。すごさを自分の目で体験して欲しい。

特にアニメ版「時をかける少女」が大好きな人は高い確率でハマると思うから鑑賞してみるのおすすめ!
スミレ

スミレの感想・評価

4.0
主題歌の「異星人と熱帯夜」目当てに観た映画
恋愛、SF、時代劇、、面白いの?と思ったけどかなり良かった!◎
あとはやっぱり映画館で聴く音楽って特別
すきだなあ〜
全部載せ感が『観づらさ』と『熱さとか勢い』の両方を連れて来ててとにかくおれの映画作りたかったんだなー!みたいなこと思ったり
スマホで映像撮るとあんなゲーム映像風みたいになるのかな?
結局LOVEかーいとは思った
エンドロール眺めてたら所々、(見習い)表記があってそんなことわざわざ書いてあるので見習いの名前ばかり読んでしまったのがちょっと面白かった
新藤兼人賞の最終選考作品。
絶妙…
好きになりそうで…はまれなかった。
なにか物足りない軽さ
いろは

いろはの感想・評価

5.0
ずーーっと楽しみにしていた作品!!
いい意味で期待を裏切ってくれました👏 映画好きの人は是非観てほしいです。
ハダシ、ビート板、ブルーハワイの3人組が大好きです💕
ハダシの映画にかける思いがとても伝わりました😂 青春って最高!!
高校時代にハダシがいたら、私も映画部に入りたかったな~
映画撮影のいいところで花鈴チームが出てきて面白かったです 笑笑)

映画のラストシーンは最高で傑作すぎて涙がとまりませんでした😭 エンドロールはハダシの思いが全て詰まっているなぁと感じました。

この作品を知るきっかけになったCody ・Lee(李)、上映してくれた地元のミニシアターに感謝してます😂😂
「映画の日」に相応しい映画を映画館で観れて本当に良かったし幸せです😂😂
ありがとうございました!!
79点。映画制作愛に溢れる低予算の青春SF映画。まー金のかかってないSFだが、SFというのはあくまでセットアップで、メインは時代劇大好きなボンクラ女子高生たちがひと夏で素敵自主映画を作るストーリー。

とにかく主演の伊藤万理華の存在感と演技力、キュートさ熱さで映画の半分は持つ。脚本も、劇中劇と本人たちの青春や恋愛が上手くクロスするような上手い構成。もちろんSF設定もグッとくる展開を作るための仕掛け。最後は強引だったが勢いで持ってくのも嫌いじゃない。

低予算ならではのロケ地のショボさや、若干のキャストの弱さが本当に惜しかった。ブルーハワイの役はもっともっと美人じゃないと成立しないよな、とも思う。
pp

ppの感想・評価

4.2
ひとつの事に夢中で取り組むことができる若さと友達がそれほどまでにキラキラしたものなんだと思ったし、少し自分の学生時代に戻って行動してみたくなった。



とにかくまりっかがかわいかったです
り

りの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

前情報一切入れずに映画観るからまさかの未来人にびっくりしたけれどとても眩しかった
自分の大好きは永遠に枯れないよね
今作には「未来では、五秒の動画が中心で、誰も他人の物語に興味がなくなる」という設定があるのですが、そんな未来が嫌な全ての映画好きの人に観て欲しい作品です。
時代劇×映画×青春×SF。結末が面白いです。
伊藤万理華という、素敵な女優を知ると思います。
>|

あなたにおすすめの記事