マインドバトルの作品情報・感想・評価

「マインドバトル」に投稿された感想・評価

教訓めいたものが有るような無いような、観るものに完全に委ねられる作品。

心理戦的なピークが明らかにあったにも関わらず、そのピークを越えたあと、それとは無関係に事件が終息する。
こぅ

こぅの感想・評価

1.5
ダリシャ監督による、カリブのトリニダード・トバゴ産、
実話ベース【スリラー】。

邦題詐欺問題。

原題:カットラス=舶刀

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:MuseeMarine-sabre-p1000456.jpg

ジャケ写掲載は叶わなかったが、6日から某G店レンタルの新作〜

人里離れたビーチハウスを訪れた若者たち。そこへ強盗犯が
現れ、
ジョアナ(リサ・ベル・ヒルシュマン)はジャングルに連れ
去られる…。

強盗犯も計画性の無い偶々の思いつき。

兎に角、強盗シークエンスから緩(ぬる)くて、緊張感も迫力
も無い。

ジャングルをタンクトップと短パン、裸足で連れ回される
ヒロインが、【微妙に美人】なのは一番救い⁉︎

ジャングル道中も初っぱなからヤシの実をシェアして、礼を
言ったり、、全く緊張感無し。
普通に身の上話〜。
ムラムラしてレ◯プされても翌日アッサリ、、
逃げようとする【心理戦】なんてほぼ無い。

寧ろ、途中出くわした◯◯取り連中に脅されるシークエンスの
が、まだスリル有り。

これが先々全く活かされて無いのも残念ポイント。


終盤からラストまでは【駆け足】で、展開も雑に終わった。

実話ベースの脚本なら、もう少し脚色して面白く出来た筈。

映画化意義(意図)が感じられ無かった。

ジョアナのパパがMVP‼︎

カリブ海や高台からの景観、空撮は良かった。

あなたにおすすめの記事