821さんの映画レビュー・感想・評価

821

821

映画(755)
ドラマ(3)

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

ひたすら緊張の続く2時間と、ワンショット風の撮影で生み出される差し迫った臨場感。主人公の一つのミッションを共にしたかのような映画体験でした。

前評判の通り「ワンショット風」の撮影技法がひたすらに目を
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

3.0

「猫にとって犬誕生以来最悪の出来事」などとこき下ろしにされている映画Cats。酷評が逆に気になりすぎて、見てきました。
Cats 好きな方もいると思うので、まずは良かった点から書きます。

👏やっぱり
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

アガサ・クリスティーの小説のような王道ミステリー!ものすごく面白かった。

アクの強い個性派揃いの一家にたった1人の「嘘をつけない」雇われ看護師。殺人事件の夜には全員しっかりあるアリバイ、でも動機は十
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

これ、映画にする必要あった?深夜ドラマでええんちゃう?っていうしょーーもなさなんやけど、むしろだからこそ映画としての面白さが増すという、良い方向の矛盾。
しかも「各話」仕立て。映画のくせに。ずるい!
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.0

骨太のヒューマンドラマ。史実ベースというだけあってドラマチックさは控えめなんだけど、でも確かな感動がジワジワと、鑑賞した後からやってくるような映画でした。

この作品、お母さん役が絶賛されてて、実際す
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年製作の映画)

3.6

これは公開当時映画館に観に行きました。小学生だったな〜。久々に見たのでめちゃ懐かしかったです。

当時家族でハマりまくって、東京に遊びに行った時にお台場でロケ地巡りしてお登りさんしたのはいい思い出。
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年製作の映画)

3.7

静かに深津絵里ブームが来ています。
めちゃ久しぶりの再見。小さい頃に何度か見てたんやけど、小泉今日子がほんまにトラウマやったな〜。

みんな若い。スリーアミーゴーズが相変わらずいいね。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

この映画見てからもう1週間くらい経つんだけど、でもまだずっとこの映画のこと考えています。あまりにも沢山の要素がありすぎて。

別れは時として唐突に、思いもよらないほど残酷な形でやってくる。残された人の
>>続きを読む

悪人(2010年製作の映画)

3.7

善人と悪人は表裏一体。誰もが「悪人」の顔を併せ持っていて、誰かを名指しして「この人が悪い」と言い切れないだろう、そういう問いかけを持った作品でした。

主人公の顔は全編通してずっとはっきりと正面から映
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.8

戦時中だって、子供は生まれて成長する。
「〇〇レンジャー」とか、スーパーヒーローとか。憧れてごっこ遊びをする子供はたくさんいる。ジョジョの場合は、その憧れの対象がたまたまヒトラーだっただけ。

少年の
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.6

レベルアップしたぶっ飛び具合に始終爆笑。ジブリやら色々オマージュ?しまくっててウケるし、途中まんまマッドマックスで音楽までちょろっと流れたのはホンマに笑いました。

お金のかかりまくったハリウッド映画
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

端正で美しい大豪邸が舞台にも関わらず、始終シュールレアリズムの絵画のような、どこか薄気味悪いというか居心地の悪さを感じさせる空気が全体的に漂っていた。

そんな中繰り広げられる、ジャンルに縛られない先
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

Ford vs Ferrari という題名なのでフォードとフェラーリの対決を真っ向から描いた作品なのかと思っていたら、思ったよりも大企業(フォード本体)vs中小企業(ケン&キャロル)的な構図でした。最>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.8

2020年の劇場映画詣ではこちらから。

さすがアンデルセンの童話が原作となってるだけあって、どことなくダークなテイストが漂う不思議な作品に仕上がったな〜というのが第一印象。1作目が隠喩的だけど隠され
>>続きを読む

大奥(2010年製作の映画)

3.3

新年だったので和テイストの邦画をチョイス。漫画では良かったと思ったのに、映画になるとなんか薄っぺらくなるな?

この映画で良かったのは柴咲コウの目力。女将軍に相応しいキリッとした眼光でした。
ニノはテ
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.0

久々の邦画鑑賞。実力派の集まる良作でした。というか池井戸潤原作、コケない。圧倒的に面白い。元々こんな感じの組織の政治系ドラマ大好きだからのめり込んで見てしまった。

役者陣は主演を支える脇役がめちゃく
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

新年明けましておめでとうございますの一発目。和気藹々と老若男女楽しめる無難なストーリー。
見かけと中身のギャップ織りなすギャグが面白かったです。カレンギランのオーバーアクションな誘惑術?と爽快なアクシ
>>続きを読む

ザ・レポート(2019年製作の映画)

3.9

2019年見納め。911後CIAが秘密裏に行ってたEIT(強化尋問技術)の調査レポートをめぐる実話に基づいた映画。
史実として、知っておくべき話だと心から思った。

アダムドライバー、ほんと売れてます
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

期待値上がりすぎてたからなあ…。ちょっとマイナスな評価になります、ご了承ください。

情報過多。展開早すぎ。要所要所脈絡がない気がする。話を広げすぎて、拾うのに必死になったのかな。

メイン3人の友情
>>続きを読む

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.9

最近ログ溜めてたので今年観た映画は今年のうちにマーク!

紛争地域からアメリカのリベラルなカップルに養子に取られた青年の話。アメリカの歪んだ理想像や価値観の押し付け、テロと暴力に対する恐怖とか、薄暗い
>>続きを読む

The Art of Racing in the Rain(原題)(2019年製作の映画)

4.0

犬、そして泣けるというレビューを拝読していたので、念願の観賞。
あるレーサーと、そばで彼を支え続けたワン🐕の話。
製作陣のしたり顔が見え隠れするような、物凄い泣き所が要所要所にあるんです。機内でひっそ
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

4.5

“A court ought not be affected by the weather of the day, but will be by the climate of the era.”

>>続きを読む

Where'd You Go, Bernadette(原題)(2019年製作の映画)

3.8

生み出す事をやめてしまったある天才建築家の苦悩と打開の話。
まずはケート様の洗練されたファッションと着こなしに惚れ惚れとするし、揺るぎない絆で結ばれた母娘の愛情に心が暖かくなる。マイクロソフトマネーで
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.6

ノア・バームバックの大人になり切れない大人たちの物語大好き。2人とも等身大でありのまま。感極まって心にもない暴言をぶつけ合ってしまうところも。
冒頭が愛し愛される姿を美しく描いていた分、映画の展開に心
>>続きを読む

The Hustle(原題)(2019年製作の映画)

3.6

仕事のスタイルも手法も全く異なる女詐欺師2人の話。軽く観れるコメディで何も考えずに楽しく鑑賞できました。
さすが詐欺師とだけあって、主演2人の色々なアクセントの英語を聞くのがめちゃ楽しかった。それぞれ
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.8

差別の残る世の中や、伝統的な価値観に囚われた父親によって、自身の将来をたった一本に縛られてしまったパキスタン系移民2世の高校生が、ブルース・スプリングスティーンの曲に出会って、周りを巻き込みながら自分>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.6

ジム・ジャームッシュのゾンビ映画。どんなもんやと思ったら、めちゃユル〜かったです。ゾンビ映画でこんなにユルいってアリ?レベルで新鮮でした。笑
ラストになんかやっつけ感が否めない感じでもないけど、秋の夜
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

4.4

最強に可愛くて微笑ましくて、面白かった。始終笑いが止まらず。
ちょっと背伸びをしようとする小学6年生たちの話なんだけど、その姿が可愛くて面白すぎて。チャイルドロックにいちいち引っかかって笑うし、登場人
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.1

ナンシーケリガン襲撃事件をトーニャハーディング側から見て描いた映画。
事件の概要はざーっと知ってたけど、トーニャ側の主張からしたらこんな感じだったのかと知ってびっくりしました。

マーゴットロビーがも
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.0

SF大好きなので大変楽しかったです。わかりやすいストーリーだけど、多様性、共生、モラリティとか、普遍的な問いかけがいっぱい散りばめられていて、表面的ではない面白さがありました。
ビヨンセ様の登場シーン
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.9

まず言わせてください。

エマ婚約おめでとう😭😭😭😭😭😭
めちゃ嬉しすぎてしばらく笑顔になりっぱなしでした。エマ愛してる。

さて待望のゾンビランド続編。王道的なゾンビコメディ。パワーアップしたアクシ
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

4.2

原作ファンです。無心になって貪り読みました。映画化すごい楽しみにしてて、満を辞して鑑賞。結論から言うと、大変満足です。

原作、読んだことある方ならご存知だと思いますが、結構ボリュームもあって、高尚な
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.2

「ジョーカー」関連記事を読んでると絶対本作が言及されているので。鑑賞。
感想は「まんまやんけ!」

この作品を見ずに今まで「デニーロおじさんすごい」とか言っててすみませんでした。土下座ものです。

軽い男じゃないのよ(2018年製作の映画)

3.7

女性軽視が見え隠れする男性優位主義的男性が頭を打ったことをきっかけに、社会における「男性」と「女性」が入れ替わったパラレルワールドに行ってしまう話。

パラレルワールドにおける支配的な階層がそのまま「
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.8

“Everyone deserves a great love story”
甘酸っぱくて、ほろ苦くて、暖かくて、素晴らしい映画でした。
どんな性的指向であれ、誰もが人を愛し、それを恥じたりすることが
>>続きを読む

Stuber(原題)(2019年製作の映画)

3.6

レーシック手術明けの無茶苦茶な警察官と5つ星評価獲得に必死なUberドライバーのドタバタバディコメディ。

まず冒頭で出てくる警察官コンビがドラックス&ネビュラなもんで上がるテンション。笑(MCUホイ
>>続きを読む

>|