オッキャさんの映画レビュー・感想・評価

オッキャ

オッキャ

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

4.0

とんかつを揚げるのとDJがフロアであげるのは一緒、って独特の観点で揚太郎が立派に成長する映画。
なんて事ないストーリーなんだけど、意外と面白い。クラブイベントは一度だけ行った事があるけど自己陶酔DJや
>>続きを読む

リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜(2020年製作の映画)

3.0

ドラマ、ヴィレヴァン!の劇場版。ドラマを観ていなければ全く着いていけない代物。
今回はファンタジー要素がかなり強めで、ある意味サブカル色に徹底していた。ただ、サブカルの線引きが難しく、ビートルズまでサ
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.3

2人の仲良いガリ勉女子が高校卒業前夜にパーティでハッチャケる青春映画。
主役のエイミー、モリーのコンビが面白い。1人の同性愛をこんなにフラットに描いた青春映画は珍しい。
下品さはあるが性やコンプレック
>>続きを読む

ラ・ヨローナ ~彷徨う女~(2018年製作の映画)

3.0

ラ・ヨローナ〜泣く女〜とは全く別物のホラー映画。お化けものではない。
グアテマラの大量虐殺から30年後、証拠不十分で無罪になった元将軍エンリケとその家族たちが受ける恐怖。
連日連夜、家の周りでずーっと
>>続きを読む

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

3.9

就活を終え卒論を完成させるだけの状態、大学4回生のホリガイの空虚ながらも様々なきっかけで感情をさらけ出すほんのりとした作品。
不器用で処女と自虐するホリガイ。とあるきっかけで出会った1個下のイノギとの
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.2

大阪の男子高校生2人が川べりでダベるだけの作品。のちにドラマ版も作られた原作ありの人気作でシュールな映画。場面や人物もほぼ変わらないしテンポもゆっくりなのでちょっと退屈だった。刺激のあるエピソードもな>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

4.4

浪費癖の激しい母秋子と息子周平とのその場凌ぎの自堕落物乞い生活を共依存をテーマにゆっくり濃密に描くロードムービー。
実話ベースとは思えない程に歪んだ実態で、憤りや残念な気持ちになること間違えない。エラ
>>続きを読む

BLACKPINK ライトアップ・ザ・スカイ(2020年製作の映画)

4.6

韓国で絶対的な女性アイドルグループBLACKPINKの1時間程のNetflixオリジナルドキュメンタリームービー。
TGCの時のパフォーマンス映像でガッツリハマったけど大好きなグループだけど、その2N
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

2.5

同名漫画の実写化映画。原作は読んでないけど物凄い発想力な設定で面白い。多彩なCGはいつまでも観ていられるちゃんとした物だった。
ホムンクルスという独特の世界観をどこまで表現するのか、トラウマの具現化み
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.8

メッセージ性の高いディズニー映画。CGのみならずキャラクターのアップや見せ方、緊迫感が上手い。海などの水の表現がリアルで凄い。
分断された国々で仲間を集め、敵対していたナマーリと最後は仲良くなるストー
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.5

18歳以上の童顔な女優3人が12歳の女子になりSNSで性的搾取者と10日間ランダムに大量に交流する、児童虐待がテーマのチェコのドキュメンタリー映画。
多少の演出はあるのか、どこまでが本当なのかわからな
>>続きを読む

ある用務員(2020年製作の映画)

4.2

学校を舞台に殺し屋がドンパチするクライムアクション。
前半と後半でストーリーの気質がガラリと変わりテンポが上がって楽しくなる。
登場する殺し屋は個性が強くキャラがあり、しょぼい見た目がメチャクチャ強い
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

4.1

マイホームを探す為にヨンダーという地を訪れたカップルがその地区に閉じ込められるサイコホラー。
鮮やかな色合いと同じ家が延々に並ぶ人工的な世界、奇妙な世界に突如現れた謎の赤ん坊によってトムとジェマのカッ
>>続きを読む

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME(2013年製作の映画)

4.3

主人公おはなの親の出会いエピソードが主軸の花咲くいろは劇場版。
時間が経って分かること、親になって分かること各キャラクターが1時間半の中で見つける展開は見やすい。皆んな見せ場がちゃんとある、アニメ本放
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.0

ワンシチュエーションSFグロホラー。
上層階から降りてくる残飯をむさぼるだけの内容なのだが、そのシステムが斬新で下の階になればなるほど何も残らず飢えるか同居者を共食いするか。
かなりグロい食事シーンが
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.3

アウトレイジ3作目。
前作で片岡を殺し韓国済州島で張会長が運営する歓楽街の用心棒になった大友。そこでSMプレイを楽しむ花菱会の花田との小競り合いから発展するストーリー。
1作目2作目に比べればスケール
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

4.6

前作に続き面白い、ストーリーも見やすいし、役者陣の凄みを堪能できる。加藤、石原たちとの決着や花菱会の介入、前作以上にストーリーの広がりがあった。
一生懸命暗躍し続けた元凶の片岡への報復にて終わるオチも
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.7

北野武監督による分かりやすいヤクザ映画。バイオレンスに徹底してる割にストーリーはしっかり組まれていて映画らしい派手さもある。
山王会の小さな火種から組を潰すほどの抗争になる。カチコミ、エンコ、シノギ、
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

4.0

セレブ妻となったハンターがビー玉などを飲み込みストレス発散する、女性としての自由を表現する心理作品。
エスカレートしていく異食症は想像するだけでエグいが次第に観れてしまう妙な惹きつけ。ハンター役のヘイ
>>続きを読む

富江VS富江(2007年製作の映画)

1.4

富江実写シリーズ。漫画以上に展開は今までの富江の中でも意味不明。ハッキリ言ってつまらない。怖くもないしきしょグロいだけ。富江役にあびる優は明らかに合わない。セリフも棒な人が多く、BGMも乏しい。
もう
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.6

タイトル通り、ワンシチュエーションの高校青春ドラマ。4人の男女にスポットを当てそれぞれの悩みを打ち明ける。頑張ってる人に1番言ってはいけない言葉「しょうがない」に振り回された4人が野球応援を通じて心を>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.8

孤狼の血の続編、前作から3年後の広島、強烈な大上刑事の意志を継いだ日岡刑事が主人公。
五十子会長の腹心である上林が狂った様に大暴れし仇である日岡と対決していく構図。
見やすさ、分かりやすさ、カメラワー
>>続きを読む

ザ・ヤクザ(1974年製作の映画)

3.3

任侠ハリウッド映画。アメリカ人の元刑事が日本の義理堅い男と手を組みヤクザ組織と戦う見やすい展開。セリフは日本語と英語が飛び交うがそこまで気にはならない。
後出し情報が多く最後までのめり込めないがストー
>>続きを読む

GAMER ゲーマー(2009年製作の映画)

1.2

死刑囚を操って戦闘ゲームをする近未来映画。
仮想空間が身近な世界で、ゲームと現実世界を融合したような作品。戦闘ゲーム、スレイヤーズの世界ではカメラが目まぐるしく変わりまるでゲームをしてるような感覚。
>>続きを読む

フローズン(2010年製作の映画)

3.2

スキー場のリフトに取り残された若い男女3人によるワンシチュエーションパニック映画。
ゴネてリフトに乗ったが故の展開だが中々な災難。
心理描写の出し方は上手い方。
女の子がとにかく自分第一で行動・言動は
>>続きを読む

デイ・アフター・トゥモロー2021(2020年製作の映画)

1.1

アサイラムプレゼンツ、デイ・アフター・トゥモローのパロディ映画。
ツッコミどころ満載でちゃんとつまらない。
ウイルス感染プラス氷河期というダブルパンチの大災が襲う世界が舞台のパニック映画なのだが被災場
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.3

タイムリープラブコメディ映画。
一通りのことをタイムリープでやった主人公ナイルズのラフさが丁度いい。
毎日プールでアルコールの生き方もありだと思う。好き勝手に楽しむ主役2人に好感が持てる。
何度も同じ
>>続きを読む

ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影(1997年製作の映画)

3.0

ウルトラマンゼアスまさかの第2弾。
前作と違いとんねるずがチョイ役。ウルトラセブンよりのネタが多めだけどそこまでギャグ調じゃなくわりとシンプルなストーリー。
アンディ・フグと角田信朗がゲスト出演した異
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.7

劔樹人原作エッセイの青春映画。
劔のハロプロ熱から送られる半生をテーマにあの頃。というタイトルへ落ち着くしっとりとした映画。
ハロプロで青春を謳歌する前半とそれぞれやりたい事を見つけバラバラになるも最
>>続きを読む

太陽は動かない(2020年製作の映画)

2.2

心臓近くに爆弾を埋め込まれたエージェント二人のアクション映画。ブルガリアのソフィアを起点に様々な世界で戦う二人は確かにカッコいい。
過去のシーンが長くしつこく登場し現在と照らし合わせながら入り組ませて
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.9

1990年代半ばのロサンゼルスを舞台に少年がスケボを通して青春する日常映画。
スケボで書かれたA24のロゴを散らして始まり、垢抜けない空気と仲間同士の絆や葛藤、BGMが凄くクール。
悪い兄ちゃんたちに
>>続きを読む

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話(2019年製作の映画)

3.0

四川航空の航空事故を基にした実話の映画。この手の作品ではお馴染みの予想が付きやすい日本版サブタイトル。
事故発生までが少々長い。コマ送りや盛った演出が多いのも尺埋めのためか致し方ない。
でも確かに奇跡
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.7

ザ・ロードムービー。
夢を叶えたいダウン症のザックと金の無い漁師タイラー、看護師のエレノア、この3人が徐々に打ち解け合いまるで家族のようになっていくのはとても素敵。健気でお互いを認め合う姿は好きな展開
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

4.6

ワイルド・スピードシリーズ9作目。
常に前作を越えるスケールと次作へ繋げる面白さ。ユーロミッション以来のジャスティン・リン監督の復帰が今回のワイスピ一番の肝となる部分。加えてハンさんやTOKYO DR
>>続きを読む

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(2005年製作の映画)

3.8

クレイアニメでお馴染みのウォレスとグルミットの長編映画。
巨大野菜コンテストに悪影響を与えるウサギたちの駆除を任されたウォレスたちのドタバタコメディ。
物騒だけど凄く優しい世界。顔の表情が細かく、セリ
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.1

追われる奇妙なホラー映画。
無言で歩いて対象者について来るホラーは、半ばストーカーと似たような怖さ。それでいて姿を変えたり裸だったりと気持ち悪いことこの上ない。性交すると相手に移すことが出来るという設
>>続きを読む

>|