BoiledEggさんの映画レビュー・感想・評価

BoiledEgg

BoiledEgg

映画(230)
ドラマ(0)

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

この傑作を劇場で観れる嬉しさ。
最高です。
自然と人間の共存をテーマに描かれる物語。
神をも恐れぬ人間の際限無き欲望。自然と共存する事は叶わないのか?
そんなメッセージを訴えてきます。

音楽や映像な
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

2.0

今年に入り、なんだかずっとバタバタしていて映画を見る体力がなかったんですが、ジャンクな映画が観たい!とふと思って選んだのがコレ。

『貞子VS伽倻子』、鑑賞自体は2回目だが、相変わらずのジャンク加減!
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.5

噂に聞くホラー映画『ヘレディタリー/継承』。新年1発目の映画がこれって良いんだろか?と観ながら思うほど最悪な映画でした。(褒めてます)

一言で言えば、「暗黒ホームドラマ」。家族という呪いの話でした。
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.9

『トイストーリー2』や『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』など、多くの映画でオマージュされてきた『帝国の逆襲』観ました。

面白かった〜!
ダースベーダーとルークの一騎打ちは上がりますね。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.8

遅れ馳せながら今更鑑賞。周りのスターウォーズ好きから早く観ろ早く観ろと言われていたのですが、なかなか観る気が起きずここまで来ました。

見た事ある演出などは、今日の映画はここから全てが始まったのだなと
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.8

社会現象を巻き起こした前作『アナと雪の女王』の続編。

前回とは大幅に作品のトーンを変えた、冒険ファンタジーになっていました。
何故エルサに能力が与えられたのか。本当の自分は何者なのか。彼女自身を見つ
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.3

スティーブン・キングの『シャイニング』の40年後を描く続編。

本作を映画化するに当たってやはり無視する事のできない存在は、キューブリックの『シャイニング』ですよ。人々に愛され続けてる反面、原作者には
>>続きを読む

サイレンス(2016年製作の映画)

3.3

聴覚障害をもつ作家が一人暮らす山中の家に、訪れた殺人鬼との生死を賭けた攻防戦!

冒頭、料理をするシーンから始まります。包丁で刻み、煮込む、肉を焼くなどの料理工程を音ともに見せる。そしてもう一度同じ工
>>続きを読む

ジェラルドのゲーム(2017年製作の映画)

4.0

マンネリ解消のため人里離れた別荘で趣向の違うゲームをするが、ベッドに繋がれたままで夫は倒れて、その死骸を頬張る野良犬。すると彼の幻覚と彼女自身の幻覚が話しかけてくる。何とか脱出を図るも次第に彼女の抱え>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.8

男の友情、組織への忠誠、家族との絆、それら全てフランク・シーランという激動の時代を生きた男の目線で語られます。

諸行無常。そう、この作品はギャングの栄枯盛衰を1人の男の目線で描く物語。その為作品全体
>>続きを読む

おかあさんにないしょ(2015年製作の映画)

2.5

観る合法麻薬。
バットトリップ映像を3分間みせられ、音楽は耳から離れないという。
観終わった途端に冷静になるのも、なんかあれみたい。

立ち漕ぎはしない主義。

今のEテレで流せそうな雰囲気で作られて
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.6

「今住んでる部屋で奇妙な音がします。」実話怪談作家"私"の元に届いた一通の手紙から全てが始まる。

日本の怪談や都市伝説のもつ雰囲気や恐怖感を映像化した作品。

「変な音したな」なんて思ったこと一度く
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.3

トロマ映画出身のジェームズ・ガンが製作総指揮を務めている本作。これまた悪趣味全開。
アメコミヒーローの再定義化を謀った作品と言ったところでしょうか。
ガン監督の前作『スーパー!』でもヴィジランテ的なヒ
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

5.0

ギャングに憧れた少年時代からギャングとして成り上がり、そして没落するまでを描く。

これ実話なんですよね。

テンポよく進むのでまったく飽きないですし、2時間半があっという間でした。
スコセッシも語っ
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.8

ありのーままのーと、観ていなくても口ずさむくらいに大ヒットしていた作品ですが、遅ればせながらこのタイミングで観賞。

楽曲の素晴らしさは皆さん周知するところかと思いますが、キャッチーでつい口ずさみたく
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

ポップミュージックにとってその登場はエポックメイキングだったビートルズの居ない世界へと異世界転生してしまう物語。

正直言うと思ってたのと違う…。って感じです。理由としては予想以上にラブストーリーに比
>>続きを読む

ゲゲゲの鬼太郎 大海獣(1996年製作の映画)

3.5

「ゲゲゲの鬼太郎」アニメ第4期の初劇場版作品にして、鬼太郎映画では第5弾にあたる作品。

東映怪獣映画のようなタイトルバックで始まる今作。正に鬼太郎が大海獣と呼ばれる大きな鯨の怪物になってしまうという
>>続きを読む

天使たちのビッチ・ナイト(2017年製作の映画)

1.8

とにかく下品な教会コメディ!

さもめちゃくちゃなハイテンション映画のようですが、全体的にゆったりとした雰囲気。邦題のビッチというほどではないです…。

後半は少し盛り上がりますが、本当に少し。コメデ
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

4.0

観ました!前作より楽しかった!

前作でトラウマを勇気と友情を持って乗り越えたのに対し、今作ではそのトラウマをも受け入れ成長するという対比が良かったです。
彼らの27年後を見る限り乗り越えたように見え
>>続きを読む

ゲゲゲの鬼太郎 おばけナイター(1997年製作の映画)

3.5

「ゲゲゲの鬼太郎」第4期の劇場版。アニメ鬼太郎の劇場版としては第6弾です。

今回もテレビアニメと変わらないボリュームですが、めちゃくちゃ良いんですよ。

「お化けナイター」という原作の中でも変わり種
>>続きを読む

プロディッジー(2019年製作の映画)

2.8

「エスター」や今度公開される「ブライトバーン恐怖の拡散者」などの子供が怖い系映画。
ジャンルで言えばサイコスリラーです。

子供に殺人鬼の魂が入り込んだ事により、起こる恐怖を描く本作。二車線のど真ん中
>>続きを読む

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

3.0

園子温監督の実際の事件に着想を得たクライムスリラー。

園子温100%みたいな映画でした。
画面の雰囲気や台詞回しもそうですけど、実際の事件に着想を得てるテーマからしてもう園子温。

「冷たい熱帯魚」
>>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

3.8

我らが兄貴ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務め、「IT/イット "それ"が見えたら、終わり。」のアンディ・ムスキエティが監督してたホラー映画。元は短編ホラーだそう。

前々から観たかったので、イット
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6

只今公開中のChapter2を前に復習がてら鑑賞しました。

スティーブン・キング原作でテレビ版をリメイクした本作。改めて感じるのはジュブナイル要素の濃さ。正にホラー版「スタンド・バイ・ミー」。死体の
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

3作目前に復習のため鑑賞しました。

舐めてた相手が殺人マシーンでした映画。たった1人でロシアンマフィアを壊滅させるという華麗なまでの復讐劇。

ガンとカンフーを組み合わせた新たアクションスタイルの確
>>続きを読む

セクスタプレッツ ~オレって六つ子だったの?~(2019年製作の映画)

3.0

主演マーロン・ウェイアンズと監督マイケル・ティデスという同じくNetflix映画「ネイキッド」コンビの最新作です!
というかマイケル・ティデス自体マーロン・ウェイアンズ主演の映画ばかり撮ってるのでほぼ
>>続きを読む

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪特急!まぼろしの汽車(1997年製作の映画)

2.8

ゲゲゲの鬼太郎のアニメーション第4作目。今期鬼太郎は、熱血漢な3期と対照的にドライな一面もある性格へと変わってます。

敵はみんな大好き西洋妖怪!しかし今回は、妖怪大戦争ではなくオリジナルストーリー。
>>続きを読む

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

3.0

監督自ら30日間毎食マクドナルドを食べ体調の変化を記録するドキュメント映画。

みんな大好きファーストフード。安くて美味いのでついつい食べちゃいますが、食べ過ぎは良くないって話ですね。
まあしかし、運
>>続きを読む

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争(1986年製作の映画)

3.3

第3期ゲゲゲの鬼太郎の映画シリーズ第2弾。原作でも人気の「妖怪大戦争」を3期で映画化です。と言っても尺は40分です。

原作でも西洋妖怪軍団が初登場する回で、今作の序盤でのキャラクター紹介がスムーズで
>>続きを読む

蒸気船ウィリー(1928年製作の映画)

3.8

ディズニーアニメーションの第1作目。
ほぼセリフなく、キャラクターの動きで表現する構成。動きや表情もコミカルでかなりディフォルメが効いていてザ・アニメーションな表現ですよね。ディズニーアニメーションの
>>続きを読む

デビルシャーク(2015年製作の映画)

1.0

これまた悪魔的な映画を観てしまった。

CGは「フランケン・ジョーズ」に比べてマシだっだので大丈夫だろうと高を括ってたのが運の尽き。意味不明なシーンの乱れ打ちで、それに何かが起こるまでが異様に長い。緊
>>続きを読む

フランケンジョーズ(2016年製作の映画)

1.0

何を取っても良いところがないという映画に出会ってしまった…!
もちろんめちゃくちゃな展開で突っ込みどころだらけだけ。でも突っ込んだら負けです。

途中のポルノ女優のババアとフランケン・ジョーズの営みと
>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.0

タイトルからして「MIB」のパロディ感満載ですが、なんと監督一緒なんですね。
「MIB」エージェントJがMIBになる事で成長した様に、今回は猫になる事で成長するというね。それにバリー・ソネンフェルド監
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

5.0

ひらひらと舞う一枚の羽。フォレスト・ガンプの半生と共に近代アメリカ史を振り返るような構成。その当時の有名人とフォレスト・ガンプが共演するという画期的な作り。

賢くはないけれど、誰よりも優しく真っ直ぐ
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.8

‪「ジョーカー」からの流れで観賞。このシーンのオマージュを捧げてたのか!と1人で納得してました。

承認欲求の行き着く先みたいな話でしたね。コメディアンを主人公にした物語なのにも関わらず、笑いと怖さの
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.5

「オデッセイ」のドリュー・ゴダード監督のホラー映画。

夏休み、山奥のコテージにバカンスに来た若者5人を襲う恐怖。その裏では謎の組織が動いていた。
と言った内容です。

ホラー映画の構造をネタにした作
>>続きを読む

>|