GUMIさんの映画レビュー・感想・評価

GUMI

GUMI

映画(932)
ドラマ(0)

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

うわあああ見逃さなくて良かったああああ
今のところ2020年ベスト(まだ2月

なんて無駄が無い脚本
本気すぎるバンド楽曲
優しすぎる台詞たち
各才能が溢れまくりの大洪水

観ているこの時が終わらない
>>続きを読む

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年製作の映画)

3.7

ホンモノの力は自分の目で見なければ分からない


中国 油絵の街でゴッホの複製画を描いては売る生活を20年
客先からゴッホ美術館のあるアムステルダムに訪れることを薦められ、遂に原画と対面する。


>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

展開も映像も美術も全てが完璧
エンタメとしても問題提起としても傑作


暮らし向きの異なる人間同士がこんなにも密に交わると歪みが生まれる。
気の毒に思いつつも然るべき結果になった。混ぜるな危険と言うか
>>続きを読む

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

4.0

今にして考えれば小さな正義感での行為
責任を取るってこういうことを言うのか…


ベルリンの壁ができる5年前。ソ連影響下にあった東ドイツの進学クラスに通う高校生たちは各々の家庭事情を抱えながらも大学進
>>続きを読む

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

なんだかトンデモナイものを観た…
こんなの見たことない!!!!!


アート重視な映像かと受身で眺めているとすぐに置いていかれてしまう。とにかく情報量ギュウギュウ

この映像体験と執念深いストーリ
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

できないことを笑われると余計にできない。
底をついたプライドに更に追い討ちを掛けることはしないでほしい。
まずは笑わずに受け止めてほしい、それだけのことなのに。


ほぼほぼ自然光のみなのかしら。そし
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

正にそれは音楽シーンの主人公がいない世界といった感じで、それはそれは心に大穴が開く淋しさ。

改めてThe Beatlesがいる世界は最高だなと、作品とは別の軸で泣けてしまう。
「ビートルズへのラブレ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

あの"悪"は何故生まれたのか?
本当にこれは"悪"なのか?

これを観てしまうと"悪"を定義することは出来ない。
そして「自分は"悪"に堕ちることは無い」なんて自己暗示のような価値観では簡単に揺らぐ。
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「見た目はオトナ、中身はコドモ」という至高のギャップに大興奮。
ここまで最高だとは…頭の中で何度もawesome!!って感想が出てきちゃう幸せ。


みんなちゃんと"子供してる"のがシャザム!独特のポ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

IWと同様にIMAXを求めて退勤即プチ遠征

なんだかんだで「うおおおおおおアベンジャーズ最高おおおおおお!!!!!」ってカラっとした感想になるんじゃないかと願っていたけど、「みんな…大好き……」とい
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.2

トランスフォーマー、こんな作り方も出来るなんて…ズルい



トランスフォーマー、80's、ヘイリーちゃん、パパっ子設定の娘、ティーンネイジャー…私が好きになる要素しか無い。
Duran Duranや
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

3.5

キーキー喚く南果歩を見慣れていなくて苦しくなる…
私ならあんな天使みたいなおばさまに罵られたら泣いちゃうよ。


会社では年配の社員を見下し、ピチピチの姪っ子に女性として勝とうとしてみたり、自分のあり
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.7

人疲れしてる時に観るとより一層疲れる…いつもの人の醜さを抉るスタイルのヤツです。
ウディ・アレンは理性で動けない人間描くの上手すぎと改めて。


どうしようもないストーリーに相反してこの作品内はレトロ
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.7

遊びをやめたら老いる
本気で追い追われ走るおじさんたちの姿に満たされる映画


子どもの頃から30年、鬼ごっこを続けるおじさん10人の実話に基づく映画。
1年に1ヶ月間限定で鬼ごっこをする。その月の最
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

音楽への気合いはハンパない


ブラッドリー·クーパーって音楽もできるのね。まさか曲作りまで携わってるとは…(ただし、曲に売れ線感はないかも)
ガガさんはまあ、そりゃそうよねって仕上がり。


リメイ
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

4.0

ピュア!!!!!!!!!!



バトルシーンを愛しバトルシーンに愛された作品(もう古い表現

とにかく純粋にバトルシーンに懸けた作品だった。
言葉でなく拳で伝える彼らにしかできないやり方、その伊達さ
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.5

一緒にいてくれる家族や友達、恋人の存在の当たり前に感謝できるクリスマスムービー


グリンチのクリスマス嫌いのトラウマについては深堀りしなかったりそこまで凶悪でなかったり、サンタの存在についてネタバレ
>>続きを読む

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

4.5

う つ く し い も の を み た



稲葉友くんが見られるのでヴィジュアルに満足出来ればいいや〜くらいにしか思ってなかったのを全力で謝りたい。


ひょんなことから2、3軍の主人公が1軍イケメ
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.6

豪華絢爛。色彩美と造形美に創作意欲が湧く。ベッドタイムストーリーにピッタリの心地良い世界

ぶっ飛んだキーラ嬢が見られるだけで十分に価値あるだろうと適当に構えていたら、劇中のバレエが本格的で最早バレエ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

真のパフォーマーであり、世界一 孤独とコンプレックスと闘った人。


QUEENの音楽はもちろん大好き。
でも彼らの系譜については詳しく知らない。
音楽から受ける印象はクリエイティブだけどアート作品で
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

見応えはあるけど味がしない…


「誰も本当のことを言わない」
「誰が人を裁くんですか?」
「本当のことには興味がないかな?」

意味深なセリフの連続でドキッとさせられたが、ドキッとさせられただけで終
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

意味が深すぎてしんどい


モフモフもこもこの集団に癒されるつもりが、核心を突くセリフの応酬…マイルドながらもゆっくり深く刺されて最終的にめちゃくちゃツラい…!
終始「そりゃわかってるよ…わかってるけ
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

愛しかない。ハッピーミュージカルではなく、これは経年による"味"だ。


マンマミーアのその後…妊娠、そして亡き母の夢を継ぐソフィと母の過去の物語をABBAの楽曲で彩るミュージカル。


あれ、Dan
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

山本舞香ちゃん最高だな映画

ヴィジュアル的には眼福だったのと、中高生の頃の複雑な心境を想起させられたのでそこそこ満足。
あまり意識的に見てなかったエライザちゃんのカリスマ性にも惚れぼれ…三浦春馬との
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

実際は創業者ではないが、マクドナルドのファウンダーを名乗った男の話。
成功するための力は執念、である。


西海岸でマクドナルド兄弟により生まれたマクドナルドがとある冴えない営業マンの手でアメリカ全土
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.6

捻り無しの直球どストレートな生徒×先生のラブストーリー


まだ人を好きになることさえも知らない高校2年生の島田響が初めて恋したのは世界史の伊藤先生。
同じく先生に恋する友達らの姿を見ていた響は"両思
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

滑り込みムビチケ消化



大きな権力下で息苦しく不自由な底辺世界に生きていた少年ハン
並の人間であれば簡単に自分の境遇を悲観してしまいそうなところを、彼は確信を持って自分の未来に期待する…
「銀河を
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

恋とか愛とか友情とか、定義しやすいものとは違う…強大で壮大で温かい力



センセイ君主でまんまと浜辺美波ちゃんが大好きになってしまった。これ、日曜日に放送されるのは分かってたんだけど待てなくて。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「痛みを葬るな。感じた喜びを忘れるな。」
引き寄せられるような出逢い…
性別などで切り分けて語るのは野暮な恋愛映画。


まず、なんて爽やかな雰囲気なのか…
イタリアの風景が羨ましいほど美しくて、エリ
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.9

そうだ、すき家に行こう。



浜辺美波ちゃん、コメディ演技もイケるんかい…!

浜辺美波、川栄李奈、矢本悠馬(&水石亜飛夢)…とにかく逸材しかいない。
軽くやってのけてるけどスベりそうでスベらないラ
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.9

一瞬で命を落としかねない緊迫感と、彼らが地雷と向き合わなければならない理不尽さ…目を背けたくなる。


終戦後、デンマークの海岸線沿いにドイツ軍によって埋められたままの地雷を取り除いたのはドイツ人の少
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

全くのノーマークでしたが、オブリビオンの監督であれば観たいなと鑑賞。
よかった…劇場で見逃さなくて本当に本当によかった……


自然現象と闘う人たちがいることや闘い方などについては殆ど知らず、作品とし
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

またも人類はゴリラに泣かされる。
キングコング:髑髏島の巨神を思わせるクールなゴリラがここにも誕生。


「巨獣を暴れさせるならこんなシーンが見たい!」
そんな願望を全て叶えてくれるのがこの作品である
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.6

今回は橋幸夫の勝ち
肉まんとラーメンが食べたくなるやつ


敵を倒して街を平和にするために力を得るが、その力が予想以上に暴走して更にそれを止める…意外にも展開に厚みがあったけど、それが反ってダレる原因
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

モノ凄く湿度高めのねっとりスパイ映画
見応えしかないけど二度は観たくない。皮…


致命的な脚の怪我によりボリショイバレエ団のバレリーナ生命を断たれたドミニカ。体の弱った母との今後の生活に頭を抱えてい
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.6

守るものが出来たから頑張れる
誰だってマトモになれる


ドラッグ中毒から更生中の青年は親にも見放され路上暮らし。生活費は弾き語りで稼いだ小銭だけ。
そんな中、ソーシャルワーカーの計らいで質素ながらア
>>続きを読む

>|