GUMIさんの映画レビュー・感想・評価

GUMI

GUMI

現在WOWOW民
Netflixに乗り換え検討中
寒くてTSUTAYAに行けない勢

今年はマメに更新

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

美しい色白様たちしかいない美しい世界にbloodをプラス


ミア・ワシコウスカ、トム・ヒドルストン、ジェシカ・チャスティンが一堂に会するお屋敷って!(お屋敷って!!)


「クリムゾンピークに気を付
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

パフォーマンスとしては評価されやすい気がするんだけども全く自分の好みではない。


貧乏な家庭から愛とアイディアで成り上がったP.T.バーナム
彼に心を寄せたくなるような描かれ方なら感動も大きかったの
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.7

キャーキャーフーフー控えめな女子映画
「サオ地獄」に心当たり有りすぎて辛い…


本当の幸せを見つけたいけど誰のものにもなりたくないシングル女子たちのお話。
東京タラレバ娘ほど切羽詰まってはないけど、
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

大好物。この痛々しさがたまらない


1軍男子の兄に対する劣等感etcから卑屈に育ってしまった17才女子のネイディーンが恋と友人関係でグチャグチャになって更に拗らせるけど一皮剥けるお話。
青春映画好き
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

意外にも感動量産型映画の演技で残念


長澤まさみの顔が好きで 眼福じゃ〜!と思って観たのだけど、彼女には静の演技は難しいのかな…どんな絵も騒がしくなってしまって。
でぇっかい溜め息とか煩いヒールの足
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

今回も、ギャンワイイイイイ。゚(゚^ω^゚)゚。


ただの続編だと侮った…観終わった頃には疲れた心がパディントンのハッピーオーラで綺麗に浄化された。
おばさんとのロンドン旅の妄想の時点ですでにブ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

同じカントリーロードでもローガン·ラッキーの圧勝



やっとこさの映画館初め
うーんうーん…上っ面だけ整えられても楽しめない。
面白いと言う人の気持ちは分かるけども。

イタリア行く必要……?予算増
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.2

悔しいほどによく出来てるけど不快な題材なんだな〜


「桐島〜」が面白かったので映画化されると知ってすぐに原作を読む。朝井リョウと同じ年ゆえにこの年代のSNSとの距離感でこの時代に就活していなくちゃ分
>>続きを読む

屍者の帝国(2015年製作の映画)

3.6

これはよい憂鬱…万人に薦められないけど好きです、この世界。


死者蘇生技術を活用していた19世紀。
死者には意思はなく 生者の奴隷として働かせるための存在だが、意思を持つ死者を作る技術も存在し…
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

母親だって未熟な人間
いくつになっても完成することは無いから思い悩む。


少年を取り巻く女性たちの生き方を照らす。
派手な絵はなく日常を映した淡々とした作り。70年代の音楽が郷愁を誘い、時に本人の語
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

彼らの演技力のお蔭でコスプレにはならない


原作の世界観がガッチリ固まっているだけに、いかにそれを具現化できるかがこの実写化の鍵になるはずだけど それをしっかりクリアしている優秀作だった。実現度の高
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.3

おもしろくてつまらない


原作読んでません。アラサーの自分からしたら 10代なんだからもっと夢見ろよ!と熱くなってしまうくらいに冷めたティーンたちが出てきます。
ティーンなのに「この人がすべて」「こ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ペットセメタリーがこんな形で着目されるとは。


フラッシュ一強かと思いきや、アクアマンの肉体美と心意気にハートを奪われました。
これからもっと見られるのかしら…楽しみです。

正直、戦闘シーンは全
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

全体的にリアクション薄めで。だのにアホなタイミングで語気を強めてくるだとか、シュール要素でフッと笑ってしまう。
カリフラワーと消化器シュボッはやられた。


ツキのない兄弟とマヌケな前科者たちの企み
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.0

なぜか中日ドラゴンズへの評価が下がる映画


時系列シャッフル構成のため完成図が楽しみになってしまうけど、そこまでエモい繋がり方はしないのが残念。
でも蒼井優と高畑充希ちゃんの画力で観られる作品。
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

なんだろうなんだろう…どう言い表そうか。

アイツは軍神に違いない!と決め込んだり、工業的に発展しちゃおうぜな時代ではあるんだけども ガスマスク無効化しちゃうつお〜い毒ガスなんだぜ!とか…ディテールの
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

終始「動」の映画という印象で、おトム突っ走りまくってくれてるのですが総じてスべってる感じ。
今回のおトムのキャラ、行方不明。
王女によるおトム身体チェック入ったときに擽られてこしょばそうにしてるおトム
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

4.3

観てから数日経った今でも微笑ましさに思い出し笑いしてしまう。



転校生テオのバイクから出る音の面白さにがっしり心を掴まれ笑いのスイッチもオン。
一生懸命になるポイントの下らなさや、思春期の男の子ら
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

随時差し込まれるフラッシュバック
本人の口から直接的に語らない造りがとにかく好みでした。
だからこそ彼が唯一思いを吐露した場面に胸が締め付けられる。
「とても乗り越えられない」


公的に罰せられはし
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ほんまに湯沸かすんかい…!!


「この人と出逢えて人生得した気分」になれる。双葉さんに出逢えた人生を送れるこの作品の登場人物たちは幸せだ。この感覚は横道世之介にも通ずるものがある。


この人のため
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞中と直後は違和感ばかり残ったのですが、ジワジワと戦闘シーンが脳内にこびり付く。

長い、とにかく長い。
勝機の薄いハクソー·リッジを登り長い長い戦い。
日本軍の頭脳と粘りの戦法に翻弄され、いとも簡
>>続きを読む

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

3.7

ただただ胸がきゅるるるんしちゃうキュートなラブコメ


オランダ映画とはなかなか出逢ったことがないかも?設定の面白さに惹かれて鑑賞。
母上さまのポックリジョークに掴みはOK。そして死を望む男女のお話な
>>続きを読む

お父さんと伊藤さん(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

本当にリリー·フランキーって年の差カップルのオイシイ役多くてイヤラシイおっさんやな…と、思っていた私がまさか彼を素敵だと感じるなんて。

年の差カップルへの理解が深まる。確かに包容力に安心するし、そん
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

生きている中で美しくあり続ける一場面(夢)を切り取ったような映画。最近、自分もよく考えるテーマ。

どうにかなりたいと願ってしまうけど、夢は幸せだからこそ見られる。
世のルールが邪魔をして、夢を閉まっ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

文系のためのSF映画

もっと知りたいところもあるけど、自分の受け取り方の方が大切になってくるストーリーだとも感じたからこれでいいはず。


もう戻らないものに対して喪失感しか抱けない今の自分には重要
>>続きを読む

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

亡き妻が残したものを守ろうと頑張っちゃうモモタロー父ちゃんにファザコンのワイ、悶絶。
冷静に考えても娘に亡き妻の人となりを伝えるのにあんなメルヘンな童話作って聞かせるなんて…可愛すぎてどうにかなってし
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

心は不可侵。自分の中の神を守る方法とは。



「海と毒薬」で衝撃を受けた記憶があったのと、クリスチャンであるスコセッシ御大が映像化するということで原作を読んで臨みました。


ポルトガル人宣教師ロド
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「また会えるかな?」
「また会えるよ」
この台詞がこんなにも胸を締め付ける。

「あなたを好きなままで消えてゆく」の歌詞が染みます。



電車で一目惚れして声を掛けた彼女は普通の人間とは逆方向に流れ
>>続きを読む

行け!男子高校演劇部(2011年製作の映画)

3.6

「おっ空也じゃん!」
「畏れ多くて食えねえ…」

ハイスクール奇面組を見ているような楽しさ。
実写化を成功に導くのが上手い監督だなあ。



男子校に入学した主人公オガがモテたい一心で部活選びをしてい
>>続きを読む

99分,世界美味めぐり(2014年製作の映画)

2.3

本当の趣味?自己顕示の道具?

自分はどうしても日本食贔屓だから…
もしグローバルに影響力のある日本人美食ブロガーが現れたら、ここに出てくるブロガーみんな木っ端微塵なんじゃないだろうか。



世界の
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

普通の人を通して見るからこそ見えてくる。
戦争を見つめる新たな視点。

「死」のイメージがつきまとう時代背景なのに、力強い「生」を感じる作品。
阿鼻叫喚な表現だけが悲しみを表す方法じゃない。
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

外的要因によってねじ曲げられてしまった青年の顛末。
悲しい、あまりにも悲しい…

原作未読。これもヒミズも描いたとか稲中の作者スゲー!くらいの感性。


森田剛の"ヤバい人"演技は思わず眉をひそめてし
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

なんで妻夫木くんってノンケなんだ…ゲイの才能が溢れまくってたぞ……誰か優馬と直人の薄い本出してくれないかな。
この悲恋、クオリティがあまりに高すぎるからここだけで終わらせるの勿体なすぎる……
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

観た直後は神木きゅんの女子高生演技の可愛さにある程度 満足してたんだけど、今となっては音楽の騒がしさしか思い出せない。


シン・ゴジラ然り3.11後の日本人を癒すにはこんな手段もあるんだな〜とか、思
>>続きを読む

ニンジャ・アベンジャーズ(2013年製作の映画)

3.0

髭イン·コスギに惚れぼれ



日本で共に道場を営む妻を奪われた武道家(なのか?)がアベンジに燃え上がり敵を突き止めた先には…?
因縁の対決を演出したいがために昔話も絡めながら即席ライバルづくり頑張り
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

お姉ちゃんってば ぐう聖…(/_;)


見知らぬ土地で挫けそうになりながらも、勤勉な彼女の負けず嫌いな性格も助けとなって、新たな道を自力で切り拓いていく姿に励まされる。
彼女がブルックリンに馴染むま
>>続きを読む

>|