jamiさんの映画レビュー・感想・評価

jami

jami

この愛のために撃て(2010年製作の映画)

4.5

上質のサスペンス映画。
当時、これを見た時は、あまりの面白さに衝撃を受けた。フランス映画にも色々あるのだ。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.3

⭕️大統領命令「結婚しろ」
❌エド・ハリスの使い方!

牧歌的なファミリームービー。
勇者たちは勇敢に戦ったのだ。

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.5

🎥編集
「普通って
 たいへんだよ」
のあとの10秒以上はありそうな間が巧い。

🎥シナリオ、演者
会話劇が全編至高。
非常にノれた。
全員、自然。
主人公の性格の悪さが絶妙。

🎥衣装、ヘアスタイリ
>>続きを読む

ラブ&モンスターズ(2020年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

🚹「旅に出させてくれて
  ありがとう」
🚺「必ず見つける」

正しくジュブナイル。
これぞ「王道」ビルドゥングスロマン。
七転八倒の完成度。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

好きな俳優さんばかり。
脚本も完成度が高い。
趣向が凝らされている。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.3

🌟映画史に残る「頷き」
🌟ミュージカル映画と言えばSoMかLLLか。

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

なるほど夢オチか。

映画館で見てアマプラで部分的に見返した。この作品は過去の時系列を作品の最初の方で示唆する(閉鎖病棟で頭を打ち付ける主人公)。その過去の時系列で物語は終える。血の足跡は深刻な傷害事
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

エターナルズの予告編(ストーリーが垣間見える)が公開されたが、CGがCGに見えない(うまく言えないけど「美術的な何か」を体現してしまっている)レベルに圧倒された。これだけの魅力的なCGをこれでもかと予>>続きを読む

コロンビアーナ(2011年製作の映画)

4.5

朝ドラ風(?)のサスペンスアクション。
臨場感のあるアイデアが秀逸。

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

-

名作なのでは?
と思い始めた。

シャーロット・アヤナが美しい。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.5

三浦春馬さんと織田梨沙さんが白眉。
可愛くて楽しい映画。
古沢さんの見事な脚本。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

【寓話映画】
「悲恋の顛末を若者に見せる意味」を「恋愛の真実(そりゃうまくいかなくなるよね)をそうと分からぬよう散りばめる事」に見出す。諷喩としての白デニム、ポイント加算、鎹が如き性欲、立地無視、NO
>>続きを読む

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

3.3

1️⃣世にも奇妙なアクション映画。
2️⃣ジョン・ウー監督の代表作。

コン・エアー(1997年製作の映画)

3.3

1️⃣ある種のスパイ映画。
2️⃣マンガ的な雰囲気が肌に合う。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

イーストウッド映画は、「暴力の予感」とか「暴力」の描き方が本当に怖い。

まさか実話の本人たち主演とは思いもよらず。さすが監督。

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.3

ブラット・ピットが出色。
終末もの✖︎タイムトラベルもの。

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

-

これ以上のスペースオペラを知らない。
マンガ的なところが肌に合う。傑作。

マーキュリー・ライジング(1998年製作の映画)

3.3

数ある「陰謀もの」の中でも異色の秀作。
トムクルーズ映画で例えると『アウトロー』のシリーズ。

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

-

これ以上のアニメーションを見たければ、ジブリ美術館で『パン種とタマゴ姫』を見るしかない、というくらいの、アニメーション映画の傑作。

運び屋(2018年製作の映画)

-

いい映画。

みて良かったと思えた映画は少ない。大切なことが、たくさん詰まっている。

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.5

世にも奇妙なハートフルムービー💯
主演俳優さん可愛すぎる💯

ドラゴンハート(1996年製作の映画)

3.3

児童文学(的安心感)💯
中世風世界観のファンタジー💯

ボーン・コレクター(1999年製作の映画)

3.3

安楽椅子探偵もの💯
バディもの💯

Dワシントンは誰と組んでも、その存在感で相手を殺さない。それどころか誰と組んでも相手を引き立てる。なのに存在感がある。この人ほどW主演を安心して任せられる人が、古今
>>続きを読む

フライト(2012年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最後の「あのカット」は怖かったし、爆笑したし、見事で強烈なスローモーション。本質的には、この映画はコメディなのだと思う。かなり深刻な。スローモーションカットランキングとかあれば楽しそうだなぁ。

監督
>>続きを読む

>|