あちぴろさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • あちぴろさんの鑑賞したドラマ
あちぴろ

あちぴろ

寄生獣 -ザ・グレイ-(2022年製作のドラマ)

4.5

つい先日、賀来賢人と鈴木亮平が「だれかtoなかい」にゲストで出ているのを観た。
その中で鈴木亮平が「お隣韓国は20年先をいってる」と役者バカと呼ばれる鈴木亮平に言わしめるほど、韓国の作品が優れていると
>>続きを読む

4

予期せぬ相続者(2024年製作のドラマ)

3.6

「還魂」と「ムーブトゥヘブン」、「もうすぐ死にます」で観る機会が増えたイ・ジェウクと「モラルセンス」と同じ人とは最初気付かなかったイ・ジュニョン、お初にお目に掛かったけど、秒でインスタフォローしたホン>>続きを読む

2

GTOリバイバル(2024年製作のドラマ)

2.9

「湘南純愛組」から飛び出した「鬼塚英吉」のグレートなティーチャーを描いた漫画は当時でも無茶苦茶すぎる教師像ながら、どハマりした漫画。
それをドラマでどこまで再現出来るのかと思っていた当時、漫画ほどでは
>>続きを読む

2

智異山(2021年製作のドラマ)

4.0

標高1915mの韓国南部に位置する国内2番目の標高の高さを誇る山、智異山。
そこに存在する智異山国立公園のレンジャーたちを描いたドラマ。

このドラマのすごい所は常に山の中を舞台にしているため、走る、
>>続きを読む

4

不適切にもほどがある!(2024年製作のドラマ)

4.1

昭和64年間の比較的後半生まれの自分だが、昭和時代の描写はどれもど真ん中。
野球部の監督はケツバットとかあったし、職員室に入るともくもくと煙漂う空間だったし、地上波でおっぱいは当たり前の時代。
今思う
>>続きを読む

4

Eye Love You(2024年製作のドラマ)

3.6

「中川大志、なぜ君はこんなにフラれる二番手役が多いのか」笑😆

決してブサイクでもなきゃイケメンで高身長で主人公侑里(二階堂ふみ)とは学生時代からの付き合いで、仕事もできるのになぜに今回も二番手で、な
>>続きを読む

6

ドクタースランプ(2024年製作のドラマ)

3.7

パク・シネとパク・ヒョンシクのパクパク同士のラブコメ。

おそらく、日本人が「ドクタースランプ」って聞くとアラレちゃん想像しやすいんだけど、「ドクター(が)スランプ(に落ちいる)」と言うお話でした。
>>続きを読む

2

タッカンジョン(2024年製作のドラマ)

3.8

「恋愛体質」のアン・ジェホン、「エクストリームジョブ」のリュ・スンリョン、どちらの作品も監督をしたイ・ビョンホン(俳優の方とは違う)作品。
「変な機械に入ったら唐揚げになってしまった娘を救う為に奔走す
>>続きを読む

6

ラブソリューション 〜愛の解決策、教えます〜(2024年製作のドラマ)

3.3

原題から最悪のタイトルに改悪された本作。
ジャケット写真も緑か黄色からドギツいピンク色にされてしまうし、「最高の解決士」がなぜ「ラブソリューション」に変わるのか。
U-NEXTほんまもうそろそろネフリ
>>続きを読む

0

私の夫と結婚して(2024年製作のドラマ)

4.8

パク・ミニョンといえば今までは「"キム秘書はいったい、なぜ?"の人」というイメージだったと思うんだけど、僕がハマったのは「彼女の私生活」でして。
それ以降の作品は観ようという気にもならなかったんだけど
>>続きを読む

4

ムーブ・トゥ・ヘブン: 私は遺品整理士です(2021年製作のドラマ)

4.4

フォロワーのみなさんが高評価の本作。
「模範タクシー」を観てイ・ジェフンを知ったことと、2023年12月28日、イ・ソンギュンの葬儀の夜、SBS演技大賞のステージに「模範タクシー2」での受賞者として登
>>続きを読む

0

愛していると言ってくれ(2023年製作のドラマ)

3.9

北川悦吏子さんの原作(脚本)の1995年TBS系金10の大ヒットドラマの韓国リメイク。
このドラマの版権を10年以上前から俳優チョン・ウソンが押さえていたと記事で見る。

映画.comより引用
「日本
>>続きを読む

2

復讐代行人~模範タクシー~/模範タクシー(2021年製作のドラマ)

4.1

法で裁けない悪人を懲らしめる。
的なドラマはほんとによくあって、日本でも記憶にあるのは、古くは「ザ・ハングマン」とか「ジョーカー 許されざる捜査官(堺雅人主演)」とか江戸時代に設定変えたら「必殺仕事人
>>続きを読む

2

京城クリーチャー(2023年製作のドラマ)

3.5

「梨泰院クラス」のパク・ソジュン、「マイネーム」のハン・ソヒ主演となれば期待値上がるのは必定で。
ネフリだしと楽しみにしてたのだが、蓋を開ければ「反日」感漂う作品で、カタコトの日本語を話す韓国俳優さん
>>続きを読む

2

私の彼はキューピッド(2023年製作のドラマ)

3.4

これ、ほんまにナナたんでなかったら3話もたなかったレベル。
ハマった人には申し訳ないんだが。
前世から続く恋とかの話がここのところ多すぎる。
サスペンス寄りの話だったり、前世から続く恋だ殺人だと話を広
>>続きを読む

4

社長をスマホから救い出せ!~恋の力でロック解除~(2022年製作のドラマ)

3.6

2024年1月から始まるTBS系の新ドラマ「Eye Love You」に二階堂ふみと共演する、チェ・ジョンヒョプ主演のドラマ。
「魔女食堂へいらっしゃい」で初めてジョンヒョプを観た。

なんで本作を観
>>続きを読む

6

サムダルリへようこそ(2023年製作のドラマ)

4.7

娘の【せなお】ゴリ推しのチ・チャンウク。
「めちゃくちゃいいから観て!」と勧められて観始めたものの…
「ネムダルリ」からの、「ネルダルリ」へと…
1話から3話くらいまでなぜか毎回寝てしまう。
「もう観
>>続きを読む

4

ワンダフルデイズ(2023年製作のドラマ)

3.7

「顔面国宝」とまで呼ばれるチャ・ウヌと「セレブリティ」や「SweetHome」のパク・ギュヨン主演のラブコメ。

ウヌと呼ばせてもらうが、ほんとにどの場面を切り取ってもイケメン。
パク・ギュヨンはセレ
>>続きを読む

0

サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~(2017年製作のドラマ)

3.6

ドラマのクリップがどんどん増えていく。

観たいと思う新しいドラマが次々と増えていく中、かなり前にクリップしてた本作をようやく観始めて、完走。

そもそも、「恋愛体質」を観て好きになり、「マスクガール
>>続きを読む

0

もうすぐ死にます(2023年製作のドラマ)

4.9

ドラマの制作が決まった時から楽しみで仕方なかった本作。

有名大学在学中の大手企業の最終面接直前に目の前で人が死んだことをきっかけに、人生が狂ってしまい7年間フリーターをすることになったチェ・イジェ(
>>続きを読む

4

侵入者たちの晩餐(2024年製作のドラマ)

3.8

あー。うーん。うーん。。。
30分経過した時点では「観るのやめよかな」と言うのが素直な感想。
いや、バカなの?アホなん?
そもそもが合鍵を勝手に作ってる時点でアウトやろ。
とか、いろんな証拠残して何も
>>続きを読む

2

ヴィジランテ(2023年製作のドラマ)

4.1

全8話とかなり短めなアクション満載のドラマ。
今まで細めの印象だったナム・ジュヒョクがかなりカラダを作って挑んだバイオレンスアクション。

法で裁かれない悪人、法で裁かれても軽罪で済むどうしようもない
>>続きを読む

0

セクシー田中さん(2023年製作のドラマ)

3.9

一昔前、「勇者ヨシヒコと魔王の城」のムラサキ役
を観て、なんて可愛いんだとその頃から木南晴夏を密かに推してた。
関西出身というのも有るし、いろんな役をこなす女優さんなので、本作の主演作も開始前から楽し
>>続きを読む

0

コタツがない家(2023年製作のドラマ)

4.1

2023年10月〜12月クールの日テレ水10。

妻が観ると言うのに付き合って観始めたものの、「殺し」もなければ「裏切り」もなく、「人が死ぬ」訳でもないし、法廷に立つ訳でもない。恋もなければ淡々と家族
>>続きを読む

1

この恋は初めてだから(2017年製作のドラマ)

4.2

どうもイ・ミンギの顔は好きになれなかったのに、気がつけばイ・ミンギ主演ドラマをもう4本観てる。本作で5本目。好きなのか?笑
「還魂」で初めて観たチョン・ソミンも回を重ねるとどんどん可愛く見えてインスタ
>>続きを読む

0

いちばんすきな花(2023年製作のドラマ)

4.3

2023年10〜12月の木10ドラマ。
今クールで一番楽しみだったドラマだった。

主演の4人それぞれの持つ、他人との関わり方が独特なところや、小学生の頃に抱いた気持ちなんかもよく分かるところが多くて
>>続きを読む

0

Sweet Home -俺と世界の絶望- シーズン2(2023年製作のドラマ)

3.8

待ちに待ったと言ってもいい、ハマり度合いがえげつなかったドラマの続編。

シーズン1のラスト、ヒョンス(ソン・ガン)と共に車で逃げるサンウク(イ・ジヌク)。
グリーンホームでは撃ち殺されなかった生き残
>>続きを読む

0

力の強い女 カン・ナムスン(2023年製作のドラマ)

3.5

主人公のカン・ナムスンを演じるのは、「イカゲーム」、「今、私たちの学校は…」でインパクトのある役を演じたイ・ユミ。
イ・ユミが可愛い。
前2作では異彩なキャラクターだったけど、今回は根っからこういう人
>>続きを読む

2

イチケイのカラス スペシャル(2023年製作のドラマ)

3.7

U-NEXTのポイント使って映画を観ようと、2023年1月に放映されていたドラマスペシャルを久しぶりにHDDレコーダーにて。
ドラマの告知に「罠の戦争」とかしてる。
北川景子なんて出てた?と観てると、
>>続きを読む

1

ヒップタッチの女王(2023年製作のドラマ)

3.4

ハン・ジミンもう40歳をお迎えになったはずなのに、女子高生役をしてもそんなに違和感がないのは謎。

隕石の落下が牛に直撃し、その際に足を触っていた飼い主お尻を触っていた獣医のポン・イェブン(ハン・ジミ
>>続きを読む

0

SPEC〜零〜(2013年製作のドラマ)

4.2

ドラマ版「SPEC」の前日譚。
左手を失ったキッカケとなったニノマエ(神木隆之介)との対決、瀬文(加瀬亮)のSITで起こった事件などを描く。
当時も放送された日に録画しながらテレビの前で楽しみに観てい
>>続きを読む

1

SPEC〜翔〜(2012年製作のドラマ)

4.9

連続ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」のその後を描いた「起承転結」の「承(翔)」にあたるスペシャルドラマ。
地居との教会での戦いの約1年後を描く。

新たに未詳へ新
>>続きを読む

2

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(2010年製作のドラマ)

4.9

2010年秋クール(10〜12月)のTBS金10ドラマ。
約10年の時を経て「ケイゾク」の設定を一部残して全く別物のドラマとして放送された本作。世界観は似てるものの、コメディ感が増しながら、同じように
>>続きを読む

2

転職の魔王様(2023年製作のドラマ)

3.6

「あなたの人生それでいいんですか?」

2023夏(6〜9月)クールの月10枠。
この時間帯のドラマずっと観てる。(ネフリで)
関西テレビ制作というのもあるかも(関西在住だけに)だけど、ここのところ良
>>続きを読む

1

ケイゾク/特別篇 ~死を契約する呪いの樹(1999年製作のドラマ)

3.6

1999年の連ドラ終了後すぐに放送されてたらしい、その後と新たな事件を描く2時間ドラマ。

連ドラ最終話、朝倉に乗り移られた早乙女(野口五郎)に撃たれた柴田純(中谷美紀)が昏睡状態から目覚めるが、二係
>>続きを読む

0

ムービング(2023年製作のドラマ)

4.5

リュ・スンリョンより、ハン・ヒョジュより、高校三年生のキム・ボンソク(イ・ジョンハ)とチャン・ヒス(コ・ユンジョン)が主役なのでは?と思うほど。
てか、ヒョジュ様の母親役にはかなり無理があるのでは?ま
>>続きを読む

0
>|