ピエロさんの映画レビュー・感想・評価

ピエロ

ピエロ

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.9

ニーナはどんな人間だったんだろう。
最近こんな映画ばっかり観てるなぁ
告発の行方、ラストナイトインソーホーとか
上の2つの作品よりかスカッと要素が少なめ。

皮肉をたっぷり効かせた演出は好みというか、
>>続きを読む

ポーラー・エクスプレス(2004年製作の映画)

3.6

トムハンクスが出てるのも知らなかったし、五役もこなしてるなんて気づかなかったわ!!
ココアとサンタクロース

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.9

ある日突然妻を亡くした男は哀しみも寂しさも湧かずただ気持ちをどう整理したらいいいか考えていた。
ふと周りを見ると何もかもが象徴して見える。あれやこれやを分解したくなって、壊したくなるだけ
それはもうフ
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

3.4

音量でかくて耳割れるかと思った。
また親子ゲンカ?
なんかイチャイチャしてた

トゥルーノース(2020年製作の映画)

4.2

あまりに酷すぎる
何よりこれが事実ならば、大変恐ろしく許されない行為を国全体でしていることになる。
脱北者の勇気ある告発と行動に拍手を、そしてとてつもない時間と労力とお金をこの作品に懸けた製作者陣を讃
>>続きを読む

誰も守ってくれない(2008年製作の映画)

3.5

とある平凡な家族から殺人犯の家族に。
この手の犯罪映画では、殺人事件の被害者側を描いた作品が多い中、本作は加害者家族にフォーカスされている。
まさに天国から地獄、マスコミからの迫害。世間からの批判、ネ
>>続きを読む

告発の行方(1988年製作の映画)

3.7

アメリカならず日本でも社会問題になっている性犯罪の発生率。
アメリカでのレイプ事件は6分に1件発生、4件のうち1件は複数犯による犯行だそう。
完全に異常である。
1988年の作品で34年も前だが変化し
>>続きを読む

生きてるものはいないのか(2011年製作の映画)

2.8

とにかく染谷将太が輝いている。
ファンタジーでフィクションでカオスでシュールな世界。
謎の不審死…end
特に受け取ったものはないけどたまにふと思い出すようなそんなどこにもないどこにでもあるような作品
>>続きを読む

クラッシュ 4K無修正版(1996年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

興奮よりも心配が勝つ。
女優がみんな美人で妖艶だから官能的な魅力はありつつも、その性癖はちょっと理解できなかった。
みんな揃って性に貪欲なのはまぁいいとして、そんな所でしちゃって大丈夫?と毎回思っちゃ
>>続きを読む

ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ(2022年製作の映画)

4.8

不朽の名作『ハリー・ポッター』シリーズ。と共に成長した全大人が喜ぶであろう「賢者の石」公開20周年記念映像!!!

改めて原作者のJKローリングの凄さに気付かされる。
そして製作チームの熱量や信念的な
>>続きを読む

Delivery Health(2019年製作の映画)

4.5

どっちもすきすぎる!!
最高!!ドアを開けたら別れた彼女てなんか歌にあったよな…
終始ジャスティンのLoveYourSelfのMVが頭によぎる。

エッシャー通りの赤いポスト(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2年間の公開延期。実際にあった園子温監督のワークショップに参加した51人の無名俳優全員が主役だと謳うこの映画。
携わった人間達の熱意しか感じませんでした。
前半は結構、結構観るのがしんどかった。という
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.6

『お母さん、麦茶持ってきて』
ラストのこの一言で連続殺人鬼森田の本来の姿が想像できる。森田剛の言い方も絶妙で切なささえ感じた。
ラブコメ⇨サイコスリラー⇨?
なかなかサイコな映画だった。
ストーカーを
>>続きを読む

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

3.9

"決して間違いなんかじゃない"
誰が誰を好きでいてもいいっていう事が少しずつ受け入れられてきた時に
こんな作品が出来たことがなんだか嬉しい。

日本でLGBTQを題材にする作品が増えてきて、セクシュア
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

まじ怖かった(発狂)☆5
からの面白い!!!伏線回収がお見事だし最高だった。なるほどね、ぁあ。あそこの違和感はこれかってちゃんと納得できた。
映画館で観たら絶対息止まってた(語彙力0)
真っ暗な部屋で
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.4

なるほど…。
異様に予告が面白すぎたっていうレビューがあると思ったら、、確かにそうかもしれん。
難しいな、予告の印象が強すぎてもダメだもんなぁ…ラスト15分、全員嘘をついている()うーん
自らの手札を
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

5.0

確実に今年の私的ニャカデミー賞受賞作品はコレ。
私この作品大好きです。
圧倒的画力。共感度100%。
もうダイレクトに私に刺さって感情が追いつかない!涙腺崩壊!!
観終わって誰かに薦めたくなるのなんて
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.0

前作「ベイビードライバー」と聞いて納得。色の遣いかたが素晴らしい。
窓から差し込む赤と青の光が強く印象に残っている。
ホラーというよりはサスペンス寄りで
よく作り込まれてるな〜って感じ。
2、3箇所音
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.8

男の子が尊すぎてほか普通じゃん、なんなら中盤まで退屈ぐらいに思ってたのに…。
やっぱりクリスマスって魔法があるんかな??てな感じで見事に罠にハマりました!!

所々ぶっ飛んでて現実味ゼロだったけど、や
>>続きを読む

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

3.7

まあまあ好き
完全にイカれ狂い常軌を逸した女の末路って大体こんな感じよね。
ベンとメルセデス、獣医の女、警官って4人殺しちゃったね。でもサイコパスとはちょっと違うような…?ただただ頭のおかしい女って感
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.2

劇団ひとり監督に拍手!!!
だからか青天の霹靂と雰囲気が似てる部分があった。
エレベーターボーイのタケちゃんからツービートのタケシになってビートたけしが出来上がるまで。
深見師匠あってのたけしさんなん
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.7

寒い冬空の下捨てられた赤子を拾ったホームレス達がその子の親を探して奮闘するお話。
とっても観やすい!テンポ良く進んでいくので単調でも飽きずに観られる。
クスッともできるし、ハラハラもするし
パプリカの
>>続きを読む

評決のとき(1996年製作の映画)

3.6

根深い人種差別問題を含んだ法廷サスペンス。ミッキーマウスは誰なの??
最終弁論ありきのお話ではあるけど、なかなか見応えはあった。
KKKの存在に疎いので調べてみようと思う。あの不気味な軍団。
考えてみ
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

え、まってまって妻夫木なん?凄っ!!!
今まで気づかんかった。。
内容はほぼセブン、後半やや失速気味、新米刑事死にがち、最後のあれなに?
こういうサスペンス好きだからもっとやってほしい。

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

2.5

てちことと平手友梨奈が番宣で北川景子と絡んでるの見てどんな役で出てくるかと思いきや…いや登場して早々に死ぬんかい!!どう言う役割??
ビジュアル重視なのが開始してすぐ分かる。話が破茶滅茶でその上説明不
>>続きを読む

はるヲうるひと(2020年製作の映画)

3.6

佐藤二朗恐ろしき人…。
孤島の売春宿で働く女性たち実際に見たことはないのに、リアルだと感じてしまうことに恐怖を感じた。
まじでこれあの佐藤二朗が書いた本とは思えん、、絶対コメディ役で売れて正解だった。
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

観客に与えられた情報は音だけ
言葉の二面性について考えさせられた。
耳から入ってくる情報しかないから頭で必死に考えて、想像力を働かせるしかない。
緊急ダイヤルの仕事も大変だわ。
一瞬で判断を迫られる。
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.6

お見事ポップコーン映画!
意外と好きだった。こんなこと言うと全国民から非難されると思うのですが、岡田くんの色々なところがタイプじゃなくて…って理由で敬遠してたのですが、、
シンプルに楽しめた!
アクシ
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.9

ーある人にはなんでもない一夜でも、ある人には特別な一夜…ー

家庭内暴力で苦しむ家族、母は子供達を救おうと父親を殺してしまう。
15年後、母は約束通り家族の元へ戻ってくる。親子の絆をもう一度取り戻すこ
>>続きを読む

Blue/Orange(2020年製作の映画)

1.0

世界一長い4分間だった。
火と水の対比がうまく出来ていなかったのでは?いくつかのカットを繋げているけど時間はバラバラで差があるし、はじまった瞬間画質!!?!ってなった。あれなら誰でも撮れる…

個人的
>>続きを読む

飛んだ視線(2020年製作の映画)

2.7

話の内容よりも2人の関係性や背景が気になる。
日常の不思議の提案というかそんな話だと思った。
初っ端から不自然な画角とカメラのブレが気になってしまってもったいなかった。学生制作だと知って納得。
プロの
>>続きを読む

(2005年製作の映画)

3.1

なんか綺麗な感じにまとめてはいるけどね、これ犯罪映画。
用は老人が7歳の少女を拉致して船に監禁。17歳の誕生日を迎えたら少女の意思関係なく結婚しようとしてたってことでしょう?シンプルに気持ち悪!!
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

3.8

現状に満足できない大人になりきれなかった大人達が今日も渋谷で溢れかえってる。

普通が嫌だと言っていたあの子も今は普通の幸せな家庭を築いているし、僕たちは何もないまま歳を取った。
馬鹿やったあの時も、
>>続きを読む

HITOMA(2020年製作の映画)

3.7

新鮮で観てて面白い。この長さだから見られるのかもだけど、しっかり心を掴まれたのでそれだけでも○

何処かの国の街のHITOMAで今日もこんな日常が起きているのかなと少しだけ想像して楽しくなった。
一間
>>続きを読む

デリカテッセン(1991年製作の映画)

3.6

期待してたものとは少し違うけど
まあこんなんもんかという具合。

あの「アメリ」の監督ということだが
色使いや雰囲気がなんとなくそんな感じ。
独特だよね、ほんと。
食糧危機という設定なのがすぐに理解で
>>続きを読む

>|