ピエロさんの映画レビュー・感想・評価

ピエロ

ピエロ

"ある監督は、人生の断面を映画に撮る。

私はケーキの断面を映画に撮るのだ。"

映画(216)
ドラマ(1)

ミックス。(2017年製作の映画)

3.7

絶対映画館で見ないタイプの作品だったからめちゃくちゃなめてた笑
ハードル下げまくってたからか普通に楽しめた!

まあ、卓球映画だったら圧倒的「ピンポン」派だけどね

瑛太が最高ね、普通にいたら好きにな
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.3

映画館で見る作品だとは思わなかったけど、まあアリかな

これ原作アニメ短いから好きなんだよな~
97分間、この顔ぶれでなんとかもったって感じ。


橋本環奈と吉沢亮と加来賢人が良き

ゲーム(1997年製作の映画)

3.7

マイケル・ダグラスとショーンペン+デヴィッド・フィンチャー監督という超豪華作品


本当に天才だと思うよ、
いくら脳みそが柔らかくても最後まで展開が読めないだろうなって

わかる、けど「え?!そっから
>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.9

エイブリー役のロバート・ダウニー・Jr.
お顔の主張が強い、てかアベンジャーズのイメージが強すぎるのかな?

未解決のまま唯一の容疑者が亡くなった実際の事件、を元にした映画ということで
まぁ、オチ的に
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

間違いなく、何度見ても色褪せない不朽の名作、そして至高のロマンスラブストーリー。
これ以上の恋愛映画はきっとこれから先もう現れないだろうなぁ

レオナルド・ディカプリオが非常に若く魅力が溢れだしている
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

4.3

木村多江さん、リリーフランキーさんの演技が素晴らしい
柄本明さんの演技も味があって良い

一つの夫婦の、いくつもの家族の愛のお話。
何がいいってこの夫婦の関係
時にふざけ時に真剣に、相手を理解できなく
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.6

映画に求めるものってほんと人それぞれだと思う
それ以前に映像があきらか3D用に作られていてぁあとなった。派手な演出しようとしなくても、いいものは作れると思うから次回作に期待
内容にうまく入り込めなかっ
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.3

映画を見終えてイヤホンで『1/5000』を聞きながら歩く渋谷の街並み、
めちゃくちゃ綺麗で最高に気持ちよかったです

伏せ目×横顔の美しさがえげつない菅田将暉と全裸で踊る姿がえげつなく魅力的な趣里
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.2

見終わった今でも分からないことだらけだ


神はただ見てるだけ、か

キチジローみたいな人間がたくさんいるよ
でもそれでいいと思うんだよね
行動で示せよ!みたいなのいらんよね
周りがどう思うとか、さほ
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

3.9

どこかの怖いって詠ってるホラー映画なんかよりもずっと怖かった
しかも60年も前の映画なのに古さを感じさせないところ、
恐るべしヒッチコック氏

背筋の凍るような緊迫感
予想外の展開、不気味な音楽とカメ
>>続きを読む

クリスマス・クロニクル(2018年製作の映画)

4.0

クリスマスのハプニング最高!

サンタさんわりとイメージ通りだったな~
夢があってほっこりする魔法みたいなクリスマス映画いいですね🎄🎅

いい子にはプレゼントが…
っていうからもちろんサンタさんだって
>>続きを読む

スピーシーズ/種の起源(1995年製作の映画)

3.0

小学生だったかな?
午後ローで見た記憶がある…

おこちゃまには刺激が強すぎました笑

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.8

駐車場で勝負を挑むシーン
あれ前はもっとワクワクしたはずなのにな(違う映画だったかな?)

車特別好きじゃないし見る気がないと見られんけどそろそろワイスピの季節かなと思って見返してみた
中学の頃、男子
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.3

かなり重い題材ではあるけども、東野圭吾×堤幸彦がタッグを組んだ作品なら見ないわけにもいきません。
篠原涼子さん母親役上手いなぁアンフェア見ていても感じたけど、母親だからこそできる演技なのかな
歳を重ね
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.0

実写としてはかなり良い出来だと思う
やっぱり前編・後編に別れるとなるとどこをどう切り取って違和感なく結ぶかだけど役者達の熱演もあって、ちょうどいいバランスで成り立っている感じ。

川本家との出会いによ
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.8

はー好きすぎる笑

原作好きでどうかなって見てから何回見ても好き。
恋愛の素晴しさとか馬鹿馬鹿しさとか楽しさや羨ましさ?全部詰まってる


『いろんなことひっくるめて、俺を愛してろ!』
からのぐたりは
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.7

不思議で不気味で序盤軽くいらいらするけどその結末が悪くなくてホッとした

1時間見終えて半分くらいきたかと思えばあと2時間続くと知ってうっかり笑った
この作品は、綺麗だけど真っ白じゃなく暗くて少し霞ん
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

最高だ、すごいよ本当に

語彙力がないのは分かってるけどもうそういう問題じゃない!
余韻がすげぇんだ

ぶっちゃけQueenの曲の数曲どっかで聞いたことある程度だったし、バンド自体あまりよく知らずに薦
>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.7

結果的にハッピーエンドなのかそうじゃないかと聞かれたら正直よくわからないけど良かった

パステルのパープルが印象的な空間の中で"奇形"というコンプレックスから生まれる日常の不条理
奇形ではない身体を持
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.0

なんちゅう後味の悪い

ストーリー自体は面白そうなのに急展開で意外性を持たせようとしすぎてラスト微妙…驚愕の“き”の字もないですわね、はい。

明らかに小説感あるし、演出が良くなかったのかどんなに言葉
>>続きを読む

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

3.2

今では主役級若手俳優とモテはやされるイケ3がイケてない男子校生の日常を演じているだけの話

特別おもしろいかと言われれば別にそんなことはないしたいしたネタもないけれど、つまらないというほどの要素もない
>>続きを読む

教誨師(2018年製作の映画)

4.0

ある拘置所の面談室、
そこに1人の牧師(教誨師)と死刑囚6人のお話
音もない部屋で聞こえるのは1対1の会話のみ、その魂の対話から逆に目が離せなくなる

「生きることに、意味などない。生きてるから、生き
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.1

PC画面上で繰り広げられる追跡劇が斬新で新鮮

単純にストーリーとしておもしろいよね
今や世界中でインターネットやSNSが普及し、必要不可欠になった世の中だからこそこんなひらめきがあったのだと思う
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.6

音楽って最高!

みんなが踊り出しちゃうシーンとか親子のベースのセッション心もおどるおどる

やっぱそう上手くはいかないよなと思いながらも無理にくっつけない感じすごく良かった
キャラクターみんな好きだ
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.6

投稿し忘れてた笑

スクリーンで見ることに意味があるような作品でした

『残るものがあるから散れる』
というような台詞素敵。
オールロケということで作り物ではない町の景色や風景が美しかったです
まさに
>>続きを読む

ブレイブ ストーリー(2006年製作の映画)

3.6

私が小1の時とかの映画だけど今見ると子どもの頃に見た方がしっくりきたのかも…小学校高学年男子が好きそう

好きなストーリーではあるけど今じゃない感

というか声優が豪華すぎるでしょ!
松たか子違和感な
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

3.0

んーどうしたものか…苦笑

笑いどころがわからないし、サムい
もともとあまり期待せずあいみょんの歌と阿部サダヲの演技目当てで見に行ったのはあるけど
でも、カメラワークが独特すぎて最初っから最後までつい
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

5.0

どんな見方もできる映画
好きにも嫌いにもなれるし、悲観的にも楽観的にとれる
ぜひとも感情移入してこの不思議な映画を全神経を研ぎ澄まして体感してほしい!

独特のカメラワークなのに不快にならないところ、
>>続きを読む

デトロイト・メタル・シティ(2008年製作の映画)

4.0

もう最高!!傑作DEATH!!!

コメディ映画No.1なのです
松山ケンイチにしかできない役
ギャップが素晴らしい✨
キャラクターで言ったらデスノートのリュウザキも好きだけど、個性的な役柄を繊細かつ
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.2

映画が教えてくれる幸せがあるように
お茶が教えてくれる幸せがここにあった

中学の頃茶道をやっていた頃分からなかったお茶の魅力に、この作品と出会えたことで気づけた気がする
少しでも知識があればなおさら
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

観賞前は1度でも宇宙へ行けるならそこで死んでもいいかもな~とか思ってたけど
観賞後は1度も宇宙へ行けなくてもいいから1分1秒でも長く生きたいと思う

愛は観測可能な力でした。
\\人類最強説誕生//

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.1

予想外の結末に心をえぐられた

松坂桃李似で一件優しくて色気のあるクズ
竹野内豊似で大人で安心感のあるクズ
阿部サダヲ似で見た目も汚ならしくて中身もどんくさく、でも一途なクズ

登場人物みんなクズで、
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

4.3

『”Welcome back Mr.McDonald”』

なんてハチャメチャな展開!!
素人新人作家の書いた物語が、わがままな役者の気分やご機嫌とりプロデューサーに流され振り回されてコロコロ変わって
>>続きを読む

>|