ゆさんの映画レビュー・感想・評価

ゆ

ビバリウム(2019年製作の映画)

-

vivarium : (自然の生息状態をまねて作った)動物施設
もっともっと不快でも良かったかも (👦🏻の不快さは最高) 途中から飽きちゃった カッコウの生き様は怖いな 、

トゥ・ザ・ワンダー(2012年製作の映画)

-

ようやくテレンスマリックデビューした〜〜〜嬉しい

1組の男女の惜しみなく注ぎ合った愛。お互いがお互いの存在を全身で求め合って、最愛の人だと強く思い合うセリフたち。でも、「強すぎる愛は人を不安にする」
>>続きを読む

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

4.3

素晴らしい!!(;;) ショートフィルムをみていて終わらないでほしいと思ったのは、大好きな「紙ひこうき」とこれだけです。昨日と今日で5回くらいみた。ノリノリなオープニングから全部すき!あの頃の活気を取>>続きを読む

眠れぬ夜のカルテ(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

自分が犯した罪は、自分が自分を許して初めて許される。私はあまり考えて映画を観ていないからなのか(自分ではきちんと観ているつもりなんだけど)、こういった類の映画は驚きが止まらない。オカルト路線で走るのか>>続きを読む

レモネード・マウス(2011年製作の映画)

-

妹とみて、映画の半分私は爆睡し、再鑑賞する気が起きず、今に至る。ザ・DCOM青春映画。キラキラしていて眩しい。圧倒的無敵感!こんな高校生活羨ましいな。それと、アメリカのレモネード飲んでみたい。死ぬまで>>続きを読む

リロ&スティッチ(2002年製作の映画)

-

小さい頃大好きだった〜超久々に観た。舞台のハワイに合わせた音楽が最高に好き。ランドに行きたくなる。これは前から思ってるんだけど、スティッチってよく見るとそこまでかわいくないのに、なぜだかすんごくかわい>>続きを読む

僕と頭の中の落書きたち(2020年製作の映画)

3.8

ジャケットに惹かれた上に、wavesで好きになったテイラーちゃんが出てることを知って、ウキウキで鑑賞した。

本人が誰よりも辛いはもちろんだけど、その人に関わる人たちもどうしようもなくしんどい。辛さを
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

-

友だち、食堂、図書室、月日が経ったら忘れてしまうくらいに何も変わらない日々の生活。あっという間に崩れ去った。こんなに簡単で脆いんだな、、淡々とした描写とベートーヴェンの旋律(中学生の時に誉田哲也さんの>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

その場にいる訳でもないのに、開幕からずっと不快な気分になるのすごい。下手なホラー映画より怖かった。私はあの、トラウマに苛まれた気持ちの悪い夢のシーンが好き。頭上からたくさん降ってくるの。最初の、夢の中>>続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

-

主人公が妻を愛する頑固な爺さんとかずるすぎるなという印象を持っていて(良い意味で)、公開当時からずっと興味あったー!今回初鑑賞♡̢

溢れんばかりの風船でたくさんの思い出が詰まった家を飛ばす、夫婦が夢
>>続きを読む

明日への地図を探して(2020年製作の映画)

3.7

今日に取り残された2人🗺👨🏻‍🚀

"私ね、こうなる前から世の中ヘンだと思ってた。完全に壊れてて、修復できないって。でも、誰も気付かないから、何でもないフリしてた。"

"確かに最期の時に向かって時間
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.5

私は、というか、大体の人がこの作品は何を観客に言いたいんだろうって考えると思うんだけど(たぶん)、全体的に中途半端というか… 主題がしっかりしている映画の方が私は好きだから、なんだかな〜という感じ。細>>続きを読む

アップサイドダウン 重力の恋人(2012年製作の映画)

-

二重引力が存在する世界で惹かれ合う2人
世界観・映像共にとても綺麗なんだけど、 大きな捻りもない可もなく不可もないど真ん中ラブストーリーだった。重力に逆らった序盤のキスシーンが素敵。私は、この時代の
>>続きを読む

五日物語 3つの王国と3人の女(2015年製作の映画)

-

女性の果てしない欲求と救いのない物語。ディズニーの夢に溢れた綺麗すぎるくらいのお話が大好きだけど、おとぎ話って本来こういうものだよね… 昔は童話をよく読んでいたんだけど、結末大体悲しいから、寝る前に半>>続きを読む

COMET コメット(2014年製作の映画)

-

時の制約がない絵画 今を生きる君と5分後を生きる僕 愛を信じる君と愛を信じない僕 2人の恋はお互いにとって確実に必要だったけど、ずっと一緒にいられるかは素直な気持ちとタイミング次第 "永遠は怖い">>続きを読む

スピリッツ・オブ・ジ・エア(1988年製作の映画)

-

"ぼくは子どもの頃、 人が死ぬと雲になると思ってたんだ。" 飛行に取り憑かれた男、どこまでも広がるターコイズブルーの大空。唯一無二の世界だったなぁ。夢と僅かな希望すべてを彼に託すシーンが良かった。

千年女優(2001年製作の映画)

-

今敏監督3本目👘🌖
勝手に、輪廻転生を繰り返しながらも同じ人を愛し続ける話かと思ってたけど、違った。(いや合ってるのかな?)天才的な映画(回想)と現実の混合描写で、初恋の相手を生涯追い続けた話にも、演
>>続きを読む

ザカリーに捧ぐ(2008年製作の映画)

-

今現在はどうなっているのか分からないけど、この事件当時の欠陥だらけの司法に怒りが湧く。罪を犯した人をのうのうと野放しにするなんて理解ができない。アンドリューは誰からも愛される男性だった、そう一切彼を知>>続きを読む

サマーキャンプ(2021年製作の映画)

-

配信前から配信楽しみにしてたんだけど、期待しすぎてしまった〜😖💦もうひと踏ん張りほしい。ヒロインがマイアミッチェル激似、主人公の男の子が若い頃のザックエフロン激似+浅めのストーリー+爽やかミュージカル>>続きを読む

ケミカル・ハーツ(2020年製作の映画)

3.6

これずっと観たかったんだ〜;_;心がズタボロになるくらいに痛みを伴う経験が人を成長させてくれる。この映画は主に失恋・死別だけど、それに限らず誰でも持つであろう傷は、その分だけ自分の強みになって、これか>>続きを読む

ロスト・チルドレン(1995年製作の映画)

-

あまりの癖の強さで、開始3秒で視聴やめようかと思った(ほんとに) けど、これもほんとずっとみたくて、ずっとclipしてたから頑張って観た。一つ目族に夢を見れず子どもの夢を盗む男、身体を持たず喋る脳、音>>続きを読む

ペネロピ(2006年製作の映画)

3.5

"呪いは自分の心" 3年前くらいからずっとみたかった映画。超キュートだった、、色合いもかわいい🐷🟢誰でも持っている自分のコンプレックス、それを愛することができれば、きっと人生は素敵なものに。当たり前だ>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

4.2

「死ぬほどの恋に落ちたんだ。 」

こういう、映画だから受け入れられる恋愛ものすき。"お願い、僕の方を向いて"の一心で、周りが一切見えなくなって、堕ちるレベルで恋に落ちまくるの、正直ちょっと羨ましいと
>>続きを読む

ブリス ~たどり着く世界~(2021年製作の映画)

-

マイク監督最新作!それだけで期待値大!(鬼高ハードル)あまりにも観たすぎてアマプラカムバックしちゃった。

ディストピアがあれば、ユートピアも存在する。相も変わらず実験的な作品で、現実では体験できない
>>続きを読む

ライムライト(1952年製作の映画)

-

All it needs is courage, imagination and a little dough.
"人生で必要なものは、勇気と、想像力、そして少しばかりのお金なんだよ"

初チャップリ
>>続きを読む

ルクソーJr.(1986年製作の映画)

-

なんだか昔観たことある気がしたんだけど、記憶が定かじゃない。こんなに前の作品なの、、すごい、、電気なんて無機質の極みみたいなもんなのに、ここまで命を吹き込めるってどういうこと、、pixarってこの世の>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

この映画目当てで久々にhulu契約した。デルトロ監督って、世界観の作り込み方がやっぱりすごいな~と。気持ち悪いクリーチャーと美しい世界観に惹き込まれる… 決して全てを美化しない世界。空想って自分に都合>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.3

不条理映画。死が連想された時の人間が1番怖いよ的なね。CUBE内のデザインと、地上の世界を皮肉り出す感じはそこそこ好き。だけど、解の算出方法の説明分かるようで全然よく分からんから「💡❕」‬みたいな爽快>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.4

岩井俊二が全面に出てた。彼の作品が好きかを聞かれたら正直あんまりだけど(理由が小中学生みたいなんだけど、「眠いから」っていう)、"あの頃"を目に見える形で表現する天才だと思う。淡い恋心も友情も、絶対に>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

4.0

この2018年振りに観た🇺🇸😭💙この時は公開順で観たから、今回は時系列順で。今はスターロードとアントマンとハッピー(笑)推しだけど、前はキャップ,ワンダ,ブラックウィドウの3人を激推ししてて、また戻り>>続きを読む

モンスターズ・パーティ(2014年製作の映画)

-

モンスターズユニバーシティの番外編。ピクサー作品は、もうピクサーって時点で何も文句ない。(最近観たフォーキーの短編シリーズもかわいすぎて頭抱えてた、本当にかわいい) OKのメンバーをはじめ、モンスター>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.6

Redで邦画熱復活した🏋🏻㊗️
この2人だからこそ出せた空気感なんだろうけれど、優しくて清々しくてちょっと切なくなる感じ。心地好くてとてもよかったなぁ。出会いのシーンあたりなんかにやにやしちゃった。こ
>>続きを読む

Red(2020年製作の映画)

4.2

事を穏便に運ぶために自分の意思を押し殺す結婚生活、再会した心の底から愛した昔の恋人。自分が本当に生きていると実感できるもの、彼女にはそれが彼だった。人生を語る映画の観すぎなのか、抗えない運命って多分あ>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.2

絶対要らんだろってところでエロいシーン入れてくるB級ホラーお得意のやつがあんまり好きじゃないことに気が付いちゃった😅笑 まあいいんだよそんなこと。クリヘムいるのに全く安心感ないのが逆に新鮮。超悪趣味人>>続きを読む

>|