Ayakaさんの映画レビュー・感想・評価

Ayaka

Ayaka

2017.02.20登録👌
基本映画は一人で鑑賞し、後に色んな人と感想言い合うのが好きです。
レビューが追い付いていないですが、時間を見つけてコツコツ書きます!

⭐︎1.0〜2.9 ハマらなかった
⭐︎3.0〜3.4 好きだけどDVDでも良いかな
⭐︎3.5〜3.9 映画館に行く
⭐4.0〜4.4 素晴らしい一本
⭐︎4.5〜5.0 私の人生の一本

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.9

あけましておめでとうございます!
ご無沙汰レビュー、インスタ中心に感想あげていました..
ノクターナル・アニマルズ、昨年映画館納めした作品です。

ファッション界、いや、世界的に有名なトムフォードの2
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.8

結末から遡る逆再生ムービーでありながら、映画終盤で全てが繋がるという斬新な作品!
妻が“殺された”事件がきっかけで記憶を保持出来なくなった主人公は、出来事を忘れないようにメモを取る生活を送る...
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.7

回想×サスペンス×王道
アカデミー賞脚本賞受賞作品!
本編105分と短いけど、見応えアリ、時系列に注意。

密輸船爆発事件の容疑者として浮上した5人の男。
いずれも皆「常連」の容疑者。(ユージュアル・
>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

3.6

原題:Easy A
邦題:小悪魔はなぜモテる?!
/ナンデコウナッタ\
ネットで、“この邦題考えたやつ出てこい”とか“逆にこのクソッタレな邦題にダマされろ!”とかで話題。笑

本当に邦題ブスだけど、内
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

音楽×カーチェイス
「ベイビードライバー」のパンフレットは公開1週間足らずでどこの映画館でも手に入らない状態。
車のエンジン音やブレーキ音と音楽をマッチさせた演出は爽☆快!
ど頭からクライマックス!の
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.7

アカデミー賞脚本賞受賞作品であり、最近タチの悪いセクハラで映画界から追放されたプロデューサーワインスタイン初のブロックバスター映画でもある...
今やワインスタイン氏、デスプルーフ状態。(フルボッコ)
>>続きを読む

キス&キル(2010年製作の映画)

2.8

つまんな!|゚Д゚)))
と、心で叫んでしまった....
早送りで鑑賞。

アシュトン・カッチャー目当てで鑑賞したんだけど、ストーリーが合いませんでした。

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.7

Netflixオリジナルって出てしまうので勘違いしそうになるけど、今年アメリカで公開された映画。
日本は未上陸で、Netflix限定配信。
1992公開「ボディガード」のパロディ宣伝で話題。

主演は
>>続きを読む

ファースト・タイム(2012年製作の映画)

-

青春恋愛映画です!

うーん、私は合わなかったみたい.....。
途中早送りしながら鑑賞した為点数無し!笑

テンポも人物もあまり魅力的に感じられなかったなあ

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.0

トリック、メンタリスト、アクション、金庫破り、エンターテインメントと私の好きな要素が詰まっているんだけど、そんなにハマらなかった...

選ばれし4人のマジシャン。
彼らは“アイ”の意思に従って、大衆
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.9

とても観たかった映画。
アウシュヴィッツ(強制収容所)では毎日虐殺が行われ死体の処理が追いつかない。
その為、囚人の中で選別されたゾンダーコマンド(特別部隊)がその処理の仕事に就かされる。

これ、映
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.5

若きロバートデニーロを堪能出来る1976年公開のアメリカ映画。
犠牲が多かったベトナム戦争、アメリカに残ったのは忘れ去りたい記憶と不安定な情勢。

帰還兵である元海兵隊トラヴィスは不眠症を患い定職に就
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.0

天才ハッカーであるリスベット役のルーニーマーラが凄い!
体重を40キロまで落としたというガリガリの体は小柄でミステリアスな女を表現するには最高の仕上がり。

更には鼻、口、耳に無数のピアスと奇抜な髪型
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.8

記憶に新しいイラク戦争において米国史上最多の160人を射殺した実在のスナイパーをブラッドリークーパーが演じる。

4度イラクへ派遣された狙撃手クリスカイル(ブラッドリークーパー)。
守るべき家族もあり
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.6

最初から最後まで飽きること無く楽しめるバトルロワイヤル!
スーツの光沢が眩しい、カッコイイ〜!

元殺し屋ジョン・ウィック(キアヌリーヴス)、大切なわんちゃん殺されて激おこ!キレたら手がつけられない感
>>続きを読む

美女と野獣(2014年製作の映画)

2.5

原作寄りに製作された実写。
歌は勿論一切ないです。(ディズニーじゃないからね)
圧倒的にストーリー展開が自分に合わず。
(面白いと思う部分はあったけど。。)
まあ、原作読んでないからストーリーの感想に
>>続きを読む

TAP THE LAST SHOW(2017年製作の映画)

3.0

タップダンスがお腹いっぱいに観られるshowムービーではありますが、好きな舞台ジャンルだけに思うことも色々。

水谷豊さん演じる渡新は不運の事故でタップの道を閉ざされお酒に溺れる毎日。
そんな時、かつ
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.5

カトリーヌドヌーヴが美しすぎる話はもうお腹いっぱいですか?笑

全編フランス語歌唱のミュージカル映画。
ミュージカル映画は大好きですが、フランス語というのもあり鑑賞後は少し疲れました。
上映時間短い割
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.6

\お洒落な娯楽映画!!/
全編を通してジャズが流れるおしゃんな作品でした、面白かったです。
テンポも良いし、上映時間も長くないので最後まで退屈しませんでした。

私は、未だにアニーホールアレルギーが効
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

3.6

2017年5月1日からのメットガラ、今年のテーマは川久保玲さんが手掛ける“コム デ ギャルソン”でしたね!
現存するデザイナー起用は2人目ですってよ!

そんな、nyメトロポリタンミュージアムで毎年行
>>続きを読む

脳男(2013年製作の映画)

2.7

私が元々好まないっていうジャンルで、個人の好き嫌いが入ってしまっています..

サスペンス類ですが、特に謎解きがある訳では無いです。
精神科医である鷲谷真梨子(松雪泰子)と脳男(生田斗真)、爆弾犯の緑
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

ディズニー色満載、期待を裏切らないエンターテイメントムービーでした。
どうやらディズニー映画実写での配給がウォルトディズニーピクチャーズなのは初めてだそう。
※因みに私はディズニープリンセス実写版シリ
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.7

ハマった、私の何かにハマって謎に3回鑑賞しました。

「インセプション」はあまりハマりませんでしたが(笑)、クリストファーノーラン監督が描くSFに魅了されています。
音楽はハンスジマー(レインマン、ラ
>>続きを読む

天井桟敷の人々 第一部:犯罪大通り 第二部:白い男(1945年製作の映画)

3.7

TSUTAYAへ返却するのが今日迄ではなかったかな..と震えながら帰宅中。(笑)
舞台人には“知らない”なんて言わなせない、名画中の名画です。

製作期間約3年3ヶ月。
ナチスドイツ占領下時代にフラン
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.9

特に前半は丁寧に作られていて、良い作品です。

大好きな兄と逸れ迷子になった少年サルー。
少年と言うにも、まだ幼すぎる5歳という年齢。
人身売買が行われる危険で恐ろしい世界を体感し、そして直感で逃げ続
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.6

普通に面白かった、よ!
攻殻機動隊アニメ観てました、好きです。
主人公がゴリゴリの日本人の名前なので、ハリウッド版ではどう描くのかなって思ってたら、あーなるほどそういう回収ね。

特に気になる点は3つ
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.7

両親に勧められ鑑賞。
アランドロン..カッコいい..拝める。
けれど、役はそういう“カッコイイ”男では無いです。
(個人的にはセクシーでカッコいいを追求する役のアランドロンが観たい笑)

かなり映画や
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

-

ピンクレディと呼ばれファッションアイコンとして有名であり才色兼備なケネディ夫人が題材。

映画館に行ったは良いものの...なんと...まさかの...朝から晩までの連勤で疲れていたせいか合間合間で寝てし
>>続きを読む

信長協奏曲(2015年製作の映画)

3.0

原作未読。
ドラマが私的にツボで、最高に好きでした。
主人公サブローは高校の修学旅行中、頭を打って意識を失います。
眼が覚めるとそこは戦国時代。
その場にたまたま居合わせた織田信長は、驚く事にサブロー
>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.2

えーと、続けて失礼します。
今作は志々雄真実編の後編。

るろうに剣心、魅力的なキャラクターが多いだけに時間の制約がある映画ではどうしても辛い部分が多くなります。

やはり原作知っている身としては、心
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.3

私の原作への想いは前記事で述べた通りです。
今作は、原作でも最大の人気を誇る“志々雄真実編”。
神木龍之介さんや、土屋太鳳さんもしっかりとキャラクターにハマり、とても良かったです。
土屋太鳳さんの蹴り
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.6

原作の大ファンです!
完全版の漫画まで読破しております!

実写化を知った時は、やはり胸に何かつっかえたのですが、主人公剣心役の佐藤健さんの実写化への想いを綴ったブログを拝見して、これは観ずしてあーだ
>>続きを読む

キャリー(1976年製作の映画)

3.0

ん〜〜!!特に点数はお気になさらず。
CGも使わずただ、ただ、役者の演技力に度肝を抜かれる。
ジャンルはホラーだけど、いわゆる幽霊系ではありません。

狂信的なクリスチャンである母に育てられたキャリー
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.0

私の“後味悪い映画ベスト3”に入ります。笑
サイコサスペンス映画です。
まず脚本がかなり面白い、そしてフィンチャー監督の暗い画面が更に緊張感を与える。
最低最悪な気分になるので万人ウケではないです。
>>続きを読む

ウィンチェスター銃'73(1950年製作の映画)

3.7

西部劇初心者向けかも!
面白かった〜そして、めっちゃくちゃかっこいい。

主人公リン(ジェームズスチュアート)は父の仇を討つ為ドッジシティへ向かう。
更には彼が射撃コンテストで獲得したウィンチェスター
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

2.7

私の“後味悪い映画ベスト3”に入ります。笑
霧から出てくるエイリアン?は、皆さんも書いている通りでチープでB級感MAX。
恐らく途中でやめてしまう人もいるでしょうね。

私はもっのすごく昔に観たので最
>>続きを読む

>|