ことぶきさんの映画レビュー・感想・評価

ことぶき

ことぶき

映画(207)
ドラマ(43)

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

1917を観ました。

意図的にこちらとスクリーンとの境界線を削り取ってきた映画だと思いました。正直、BGMがなかったら映画だと認識できなくなっていたかもしれない。
しかも音楽も、ティンパニかな、大き
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

フランス映画ということで、普段耳馴染みのない言語を爽やかに聴き続けられて良かったです。

無理な展開が少しだけ目立った気がするのですが、それ以外はずっと、父娘の関係の温かさをひたすら丁寧に描いてくれて
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ジョジョ・ラビット

1/26初鑑賞
2/2二回目

ずっと感想がうまく纏まらなくて、先延ばし先延ばしにしていました。ただ、誠心誠意、心を込めて真摯に書きました。
以下、感想です。


こんな言い方だ
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

正直、私は好きだったというのがいちばんの感想です。CGの描写が合わないのは人それぞれでしょうし、ネズミや虫のシーンも好みは分かれるでしょうが人それぞれだなあと。
私は全く大丈夫だったという、あくまでも
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

2019/12/15鑑賞

家族の温かさっていうものと、愛しているからこその悲痛さのようなものがひしひし伝わってくる映画だったなと感じました。

アナとエルサは別な場所で、それぞれが強く輝ける場所でお
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2019/12/14鑑賞


やっとこさla merの向こう側の住人になれました。

なんて泥臭くてみっともなくてぐちゃぐちゃなスパイ映画なんだろうと、感動で打ち震えました。なんて心の柔いところを抉っ
>>続きを読む

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005年製作の映画)

3.7

So long,and thanks for all the fish!

ブラックジョークと良い意味でバカバカしいくらいの可笑しさのオンパレードで終始にやにやしてしまった。
溢れ出るイギリス
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なんだろう。
話がどうとかいうよりも、自分が生まれるずっと前からあった映画が終息の形に向かっていく切なさと、自分が必要とされないことの寂しさがすごかった。

誰もが居場所を探す物語だった気がしました。
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ホラーというか、こう、人のなかの闇を増幅させて爆発させたみたいな、そういうヤバさのある感じの怖さだった気がする。

ウェンディ役の女優さん見てると、こっちまで心拍数上がったし本当に命の危機を共有した気
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.2


愛の過剰摂取で、気がおかしくなりそう。大好き。
微笑ましさも切なさも、温かさも冷たさも、すべてひっくるめたみたいなこのでかい感情どうすればいいんだろう。
わけわからずに笑いながら泣いてた。

大好き
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.5

常にスタイリッシュでかっこよくて、音楽との演出もすごくマッチしてる。ひたすらに彼ら彼女らに惚れる二時間弱。

ファッションの可愛さもそうだけど、出演者に合ったコーディネートが効いててステキ。

ブラッ
>>続きを読む

I Just Want to Kiss You(原題)(1998年製作の映画)

4.0

若いマーティンのあどけなさに癒され、滑稽さを演じる力の高さにすごく驚いた。
白黒だからこその画面の温かさは、古さではなく味なのかなと。懐かしさすら感じる。

いいもの見れました。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

映像美って感じでした。そして重くて辛い。

節々にキリスト教めいたものを感じたのは、私だけでしょうか。
同じアイテムを持ってジョーカーを崇拝するというのがロザリオに近しいものを感じて。
テレビのシーン
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

午前十時の映画祭にて鑑賞。

作品中、ずっともやもやして、苦しくて、必死に笑っても吹き飛ばせなかった何かから、あの最後のシーンで2人は逃げ切ったんだなと感じた。

とてもつらい。

本当に辛いのは、こ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.1

一緒に暮らしていた犬という家族を失ってしばらく経ちますが、この映画を観て改めて「もう一度会いたい」と思った。
生まれ変わって会いに来てくれないかな…

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

3.5

ノンフィクションということもあって記録映画のようなリアルさがあって良かったと思う。
ただ、勝利までの道筋があまりにもあっさりしていたから「あ、もう優勝!?」ってなってしまった。ラグビーがメインというよ
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.7

冒頭のダンスシーンから世界観に飲まれて、そこからは圧倒されっぱなし。
何度も音楽と出演者の演技に泣かされました。
エルトンの曲をさまざまな人が歌っていくのも、新鮮さがあってよかった!
他の人が歌うから
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

なんだろうこの鑑賞後の脱力感。
切ないし苦しいし涙止まらなくなる。
アカデミー賞主演男優賞有力と言われていただけあって、演技力で作品に惹きつけられ続けました。

前情報なにも無しで見た方がより感情を
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.5

イギリス旅行に行くので、見ておこうかと思い鑑賞。
原作も知らないままで見たけど、全編ひたすら可愛いくまのパディントンに癒され続けました!
ママレード食べたくなる。

アラジン(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最寄りの映画館の初回で鑑賞。

鑑賞前からウィル・スミスがすごく取り上げられてたから、そっちに意識が行き過ぎたらどうしようかと思ったけど、全然そんなことない!

自由になったジーニーが語り手となって、
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

3.4

銃撃戦とかがあるわけではないけど、戦争映画ではあるのだと思った。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.3

グリーンブック鑑賞を機に、人種差別などに関する映画に触れてみようと録画してあった本作品を視聴。
自分がまだ小学生の時の映画ということもあって、古い作品なのだとばかり思っていましたが、2014年という…
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

4/28。重低音ウーハー上映で鑑賞。
父が若い頃に親しんだ作品を、こういう形でまた、映画館で楽しめる奇跡!
内容、映像、音…全てに関して想像を超えてきてた……すごい……
漫画も読み返したい。

>|