tamagoさんの映画レビュー・感想・評価

tamago

tamago

映画(85)
ドラマ(0)

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

2,3はミッション・インポッシブルとしては少しテイストが合っていないと感じたけど、今作は良かったですね〜

キャストも豪華で、特にポーラ・パットンとレア・セドゥの二人体制?が魅力的でした。
サイモン・
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

4.0

公開当時めちゃくちゃ面白そうと思ってたけど、観ておらず、たまたま配信で見つけて観賞。

やっぱり勘は当たってて、予想通り面白かった〜
荒唐無稽な設定だけど、タイムリープする設定にさえ納得すれば、あとは
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

あまり邦画は観ませんが、カンヌでパルムドールを獲ったので見逃せないなと思いました。
さすが受賞しただけあって、海外でも通用する普遍的なテーマが感じられる良い映画で、今観る価値がある映画だなぁと思いまし
>>続きを読む

マッドマックス(1979年製作の映画)

4.0

たぶん4回目くらいの観賞。
怒りのデスロードに感激し過ぎて、マッドマックス2から遡っての観賞です。(3作目は公開当時映画館で観ましたがあまり好みではなかったので、とりあえず一旦スルー)

やはり独特の
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.5

アンブレイカブル、スプリットに続く三部作の最終作を観賞。
アンブレイカブルの親子がそのままのキャスティングだったので、感慨深いものがありました。
親子の絆の物語は、アンブレイカブルと同様に本作でも重要
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

4.5

昔観て面白かったアンブレイカブルの続編のスプリットを観て面白かったので、三部作最後のミスター・ガラスを観る気満々になってました。
けど、はて、アンブレイカブルってどんなオチだったのかさっぱり思い出せず
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

4.0

昔観たアンブレイカブルが面白かったので、関連した作品ということで久しぶりのシャマラン監督作観賞。

監禁された女子高生のケイシーを演じるアニャ・テイラー=ジョイの存在感のある演技と魅力に圧倒されました
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.5

とんでもない設定だけど、面白かった〜
サイモン・ペッグって、こういう役がほんとハマってて、いい味出してる。
観てて楽しくなる映画はやっぱりいいですね〜

他愛もない話といえばそうだけど、全能になっても
>>続きを読む

フリークス・シティ(2015年製作の映画)

3.0

ターミネーター ニューフェイトのマッケンジー・デイヴィスがめっちゃ格好良くて、なんか見たことあるなぁと思ったら、ブレードランナー 2049、オデッセイでも気になってた人とわかったので、鑑賞。

ゾンビ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

ミュージカルはあまり好みではないのもあり、なかなか観る気になれず。
一度観始めたのですが、オープニングでいきなりの群舞だったので、『やっぱり、こりゃあかんわ…』となり、一度は観るのを断念しましたが、エ
>>続きを読む

エボリューション(2001年製作の映画)

3.5

ずっと気になっていたのですが、かなりおバカなテイストのコメディSFで、何も考えずに楽しんで観れて面白かったです。

ちょっとドジな科学者役でジュリアン・ムーアがキュートでいい味出してます。
ハンニバル
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.5

公開当時、予告を観て、怪物に追われてうわ~ってなっている娘の表情を見て、『これ絶対面白いわ、観たい~』と思ったまま観ていませんでした。(そういうの多いな...)

なので、期待値が大きすぎたのもあり、
>>続きを読む

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー(2008年製作の映画)

3.5

面白かったけど、1作目の方が良かったかな。
ヘルボーイのキャラの新鮮さはさすがに薄れてしまってましたが、恋人との喧嘩とか、面白かった。

半魚人?の恋物語とかも挟みながら、飽きさせないようにストーリー
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.0

公開当時、めちゃくちゃ話題になってたけど、観てませんでした。
さすがに映像が古臭く感じたのと、2時間に話を詰め込み過ぎた感があり、忙しないなぁという感想です。

でも、バイクのシーンとか、破壊しまくる
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.8

アームストロング船長の話だと知って観たし、予告編などの事前情報でも、割と内向的な話だとは予想していましたが、それを上回るヘビーな内容でした。
ラ・ラ・ランドがすごく良かったので、期待しすぎたのか、ちょ
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.7

観たら元気が出る映画です。

ベタやけどこういうのは、やっぱりハリウッドじゃないとなかなか作れないんやろなぁと思います。
なんといっても、主演のジョン・ブラックの芸達者さが際立っていますが、ギリギリウ
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

4.0

冒頭で、割とじっくりとお父さんのビミョーな立場を描写して、感情移入させておいてからの怒涛の追跡劇は、なかなかの演出でした。

元秘密工作員のお父さんなので、犯人追跡の手掛かりの見つけ方が、かなりリアル
>>続きを読む

ダークシティ(1998年製作の映画)

3.0

設定は面白いので、工夫次第でもう少し面白いストーリーにできそうなのですが、途中から尻すぼみになったのが残念。

後半は、ちょっとついて行けない感じでしたが、街の造形など世界観は独特で、楽しめました。
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.5

オリジナルは大好きですが、このシリーズもかなりいい感じです。

今作では、知能を獲得した猿たちが、知能を持ったが故に人間がたどった道を歩んでいくのかどうかに主眼が置かれており、どうなるのかドキドキする
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

ガンフーが新鮮で、思い出のために殺しまくるキャラは面白い設定で楽しめました。

ウィレム・デフォー様の使い方もばっちり決まってて渋すぎるでしょ。

ただ、あまりにもたくさん人が死ぬので、観終わった後、
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.5

お盆休みが、ジョン・ウィック祭りになってしまいました😃
上部組織?との駆け引きがメインストーリーで、どうなるかハラハラして、今回もなかなか楽しませてもらえました。

馬のアクションは、斬新で、毎回新し
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

1よりも面白かった。
流石にアクションシーンは、もうあまり驚くような場面もなかったが、強敵二人との決着は、かっこいい!
女殺し屋のルビー・ローズがカッコよすぎる!
脇役も、ピーター・ストーメアが出てき
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.7

予想以上に良かった、すごく良かった。

冒頭から、ビートルズの歌とともにこれから何が始まるんだろうというワクワク感に溢れて、素晴らしい!

笑える場面も多いけど、喜劇ベースなのは、ワイティティ監督のテ
>>続きを読む

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

3.8

グランド・ブダペスト・ホテルがすごく面白かったので、監督つながりで鑑賞。
2002年公開当時、そういえばかなり話題になっていて、気になっていたけど、あまり映画を観ることができていない時期だったので、ス
>>続きを読む

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

4.0

過去鑑賞

メロドラマですが、砂漠の景色と音楽と美男美女で、いい雰囲気を醸し出していたよーな。

レイフ・ファインズがめちゃくちゃかっこよかったはずですが、こないだ観たグランドブダペストホテルの怪しげ
>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

2.5

2010年代に観た。
観てる途中にかなり画面揺れにより酔ってしまいましたが、なんとか最後まで頑張って観ました。

当時は新鮮なカメラワークだったのですが、ストーリーは普通。
でも、終わり方もある意味斬
>>続きを読む

ミュンヘン(2005年製作の映画)

3.5

知っておくべき大事な話だと思いますから、観る価値は大いにあると思いますし、いい映画だと思います。
が、エンターテイメントとして観るのは僕にはちょっと辛かったです。

リアリズム寄りというか、これでもか
>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

4.0

当時、初の3DかつSFということで、大好物のはずが、アバターのデザインにどうしても馴染めず、鑑賞していませんでした。
が、ここに来て、2〜5まで一気に続編が製作されることもあり、遅ればせながら鑑賞。
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

4.3

2からの正統な続編という売り込み方の割には、導入部分は少し端折り過ぎて不親切な感じがしました。
が、その後の展開は、まさに怒涛の畳みかけ方で、どんどん引き込まれていきました。
アクションシーンは、さす
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.5

始まってすぐに、クレイアニメのような独特の景色の描き方に引き込まれていきました。
ミステリーとのことだったので、敢えてほとんどストーリーの予備知識なしで観たので、最初は一体何の話なんやろ??ミステリー
>>続きを読む

ラッキーナンバー7(2006年製作の映画)

4.0

公開時に予告編を見て、めちゃくちゃ面白そう〜と思ったきり、結局観てませんでした…
今となってはかなり古い映画ですが、ひねりのあるクライムストーリーで、新鮮。

最初は、話の先がなかなか見えてこないけど
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

文句なしに100点満点!
昔はリアルタイムで、クイーンのファンだったので、この映画が企画されているのを知った時は、『そっくりさんが、フレディのまねしてもなぁ...』と思い、いまいち観に行こうという気に
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

5.0

観たことのある映画も、そうでないのも含めて、その音楽に関わった全ての人達に賛辞を送りたくなる、まさに“すばらしき”映画でした。

映画は、やはり良き音楽があって名作まで昇華されることを改めて認識させて
>>続きを読む

時代屋の女房(1983年製作の映画)

3.0

夏目雅子は、はまり役で、なんとも言えない魅力が溢れ出てましたね。
ただ、テンポとストーリーが僕にはあまり合っていなかったことを覚えています。

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

3.5

大林監督の追悼記事で、この映画のことを思い出したので鑑賞。
公開当時、小学生だったのですが、今でいうメディアミックス的な宣伝を展開していて、めちゃくちゃ怖そ~と思って観ていませんでしたが、面白そうだと
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.9

前半の半地下と豪邸の対比の描写、パラサイトしていく過程の盛り上がりはめちゃくちゃ面白いし、この後どう展開するのかとドキドキしました。
が、ある出来事を境にして作品のトーンの変化が激しくて、自分の好みと
>>続きを読む

>|