hrmさんの映画レビュー・感想・評価

hrm

hrm

映画(774)
ドラマ(0)

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.8

もう死後になりつつある言葉だけど、A24絡みの映画を観ると「『エモい』ってこういう感じだよな〜」と思います。
音楽も映像もセンスよく仕上げられているけど決して最新のもので固められているわけではなく懐
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.8

「なんだ、私たちのはなしじゃん」て思った序盤。

友だちとふたり、ドライブに行きたくなった。
昭和歌謡カラオケにも行きたくなった。
納豆ごはんも食べたくなった。

「新聞記者」とは全く違う
>>続きを読む

イメージの本(2018年製作の映画)

3.5

88歳のゴダールの新作を、リアルタイムで観れるというだけで充分な価値があると思い劇場に足を運びました。

ドラマなのかドキュメンタリーなのか、ジャンルさえもわからない作品。
断片、スクラップブッ
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.5

最近熱いA24関連の映画で、ビジュアルデザインも雰囲気あったのでずっと楽しみにしてました。

青春モラトリアムもの ボーイミーツガール系かな?と思っていたけど、違法なお薬とか予想していなかったアイ
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.0

あのホテルのことがこんなに好きだったなんて!って再確認させてくれた映画。
クライマックス、スクリーンの中はたいへんなことになっているのに笑顔がとまらなかったので「自分完全におたくだな」って、こちらに
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.8

日本の社会派サスペンスを好んで観ていた時期があったけど、それは企業や殺人事件が題材で政治ではなかったなと思い、だからつまり、邦画で政治をテーマに扱ったドラマってたぶんめずらしい。

劇中で起こる政
>>続きを読む

ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん(2015年製作の映画)

4.0

シンプルな線と、控えめながらも温度や空気の匂いまで伝わってくるような巧みな色遣い、描写にすっかり魅了されたと思ったら、今度はテンポの良さにぐいぐいと惹き込まれて物語はあっという間にクライマックスへ。>>続きを読む

ジョアン・ジルベルトを探して(2018年製作の映画)

3.8

この作品のチケットを購入したら一作品無料鑑賞できるだけのポイントが貯まったので、次の回に控えている細野晴臣のドキュメンタリー映画も続けて観ちゃおうかな?と思ったものの。
観終わった頃の私の気分はすっ
>>続きを読む

今さら言えない小さな秘密(2018年製作の映画)

3.5

絵本みたいなかわいいおはなし。
と思ったら、原作は絵本だったようで、大いに納得。

間延びした感じも詰め込まれている感じもなくて、このシンプルなテーマでよく90分の映画をつくったなぁと不思議な気分に。
>>続きを読む

おいしい家族(2019年製作の映画)

4.0

ちょっとだけ奇妙で、果てしなくやさしい世界。
終わって外に出たら、映画とおんなじやわらかい空の色。
満足。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

最近重たい映画続きだったのでやさしさが沁みました。
リアル世代ではなくても自分の中にこんなにビートルズ愛があったんだなって発見して驚いたりもしました。
ヒロイン役の女優さん、若い頃のデミ・ムーアっぽく
>>続きを読む

マイ・エンジェル(2018年製作の映画)

3.5

現実を生きられず娘を愛しきれない美しい母と、母の愛を求めてどんどん荒んでいく8歳の娘のおはなし。

ポスタービジュアルがきらきらした感じだったので、テーマがテーマでももう少し軽いだろうと思っていた
>>続きを読む

>|