Carrollさんの映画レビュー・感想・評価

Carroll

Carroll

備忘録として活用中
最近は記録してるだけなんです
主に自宅鑑賞

映画(160)
ドラマ(2)

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.8

おそらく皆さんが期待した通りのストーリーに満足する事間違い無し!この映画が気になったあなた!観たいものがここにあります!

ぶっ飛びクズ野郎に浮気され、傷心の女の子マーサ。突如目の前に現れたのは理想的
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.5

名前を知っただけで死ぬ怪物のお話。
本当にこの一言を生地のように薄く広く伸ばした様な映画でした。いい意味で凄い。それでいて飽きさせない作り。ストーリーも何もその怪物の設定一本で勝負してきた感が強すぎて
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.0

夜の匂いがする作品でした。夜風と煙草とベランダって感じの。

ベテランカメラマンと新人記者のお話

登場人物それぞれがすごく素敵なキャラクターで飽きさせません。ストーリーも少しのコミカルさやシリアス感
>>続きを読む

虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜(2012年製作の映画)

4.0

何だか優しいタイトルと絵柄に惹かれて鑑賞。思った通り優しい映画でした。そして監督はワンピースの映画も手掛けているんですね。

夏、お父さんとの思い出の場所に虫捕りに来た少年の身に起こる不思議な体験のお
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.5

無茶苦茶なミステリー映画でした。終始ハラハラしっぱなしでもう誰も信じられなくなる。

有数の投資家ニコラス君が弟君からの勧めにより謎の会社CRSのサービスを受けることに。それは単なるゲーム、のはずだっ
>>続きを読む

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

5.0

この映画を観ることができて本当に幸せです。ガチグロシラットマシマシアクションシーンは垂涎モノですよ!最高に楽しい120分です。

あらすじ
東南アジアの闇を牛耳る巨大麻薬組織「トライアッド」その組織を
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

4.0

もはやサイコパスの代名詞とも言えるレクター博士。そんなヤバイ人が登場するシリーズ2作目です。小さい頃にこの映画を自宅で観ていて、ラストシーンがとにかく異常に印象に残っていました。鮮明に焼きつく程の衝撃>>続きを読む

エレメンタリ ~鍛冶屋と悪魔と少女~(2018年製作の映画)

3.5

弩級の渋め映画です。ホラーなのかと思いきや、シックな仕上がりの寓話的ストーリー。派手さはないけど、キラリと光るいぶし銀の様な映画でした。

鍛冶屋パチ。戦争から帰ってきた彼は人との関わりを避けるように
>>続きを読む

呪われた死霊館(2018年製作の映画)

3.8

心霊解決屋として荒稼ぎする大学生4人組。行く先々で仕掛けを作り、霊障を解決したかのように見せかけ、依頼者を安心させる詐欺集団。そんな彼らに舞い降りてきた次の依頼は凶悪な殺人事件が起きたことで有名な館。>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

5.0

突如として現れる身元不明の美女の死体。タイトルにもあるジェーン・ドゥとはいわゆる「名無しの権兵衛」の女性名詞。
挑むは古くから検死解剖を営むティルデン家の親子。解剖を進める度に謎が謎を呼ぶこの不可思議
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

4.4

小さい頃に観たこの作品なんだか妙に印象に残ってまして、懐かしくなり再度鑑賞。当時はその設定と、何だかよくわからない男女のいざこざに怖さとドキドキ感を覚えたのを記憶してます。色褪せない面白さでしたね。>>続きを読む

動物世界(2018年製作の映画)

3.5

中国版実写版カイジ!アニマルワールド!その意味は!?

寝たきりの母を看病するカイジはどうも頭にピエロを飼っているらしい。すごく獰猛なそいつはカイジの感情が高ぶった時に現れ、めちゃくちゃに大暴れしてし
>>続きを読む

パパと娘のハネムーン(2018年製作の映画)

2.5

クルーズ旅に行ってみたいなぁ、なんてほんのりと思う映画でした。美しい海、空。豪華な客船。所々寄港する場所は美しいところばかり。いいですね。

仕事人間のレイチェルと26年間音沙汰なしだった父親のハリー
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

5.0

裏切られた男の復讐劇!執念に燃える人間の怖さたるや!ああ恐ろしい!

開拓時代のアメリカ。白人達は資源を求め、ガイドを連れて各地を回っていた。厳しいのは自然だけではない、先住民たちは自らの土地を奪われ
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.2

いやはや。サスペンススリラー恐るべし。レオ様カッコよし。

捜査のため訪れた病院。そこは島の中にある唯一の建物にして、精神病患者を収容する施設だった。極度に閉鎖的な空間の中、無事真実にたどり着けるのか
>>続きを読む

パッケージ: オレたちの"珍"騒動(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なかなかハードなストーリーでした。
何せチンが珍なことにドタバタハラハラするんですから。
ハメを外す為のキャンプパーティーへ出発した仲良し5人組。しかし彼らには恐怖のハプニングが待っていた。無事にこの
>>続きを読む

セットアップ: ウソつきは恋のはじまり(2018年製作の映画)

3.8

あらすじで惹かれる映画っていいですよね。この映画も私にとってそんな作品でした。ポップなストーリーに弱いんですよねー。

ハラスメントなんて関係ねー!なブラック上司の下で働く部下たち。自分の時間を作るに
>>続きを読む

アレックス・ストレンジラブ(2018年製作の映画)

3.8

ティーンの恋愛を描きます。自分の性的嗜好について自問自答し続ける。

今何かと話題ですが、そういうメッセージ性だけじゃなくて、もう映像がポップでキュートなのでよいです。
アメリカのティーンを描く映画は
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

5.0

思い立ったが吉日。ふらりと映画館へ足を運び鑑賞。ハラハラドキドキ興奮度マックス!これぞ!観たかったジュラシックワールド!な映画でした。

前作の事故後、恐竜たちの楽園は危機に瀕していた。『島の噴火』人
>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.9

近未来。男は悪夢にうなされていた。何者かによって空から侵略される悪夢。そしてそれは現実になっていく。

彗星の如く現れたSFモノ!映像よりも、ストーリーで心を揺さぶっていく!なかなかハラハラさせられま
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

4.4

ご存知ゴーストバスターズのリブートです!え?原作を知らない?結構!そのまま鑑賞しましょう!
という感じで、知ってる人も、知らない人も楽しめるポップな作品となっておりました。

科学者がメンバー集めて幽
>>続きを読む

カーゴ(2017年製作の映画)

3.0

小さな赤ん坊を連れて、安住の地を求め彷徨う男性。彼に残された時間はごく僅か、、、

ゾンビ映画です。元々短編だったものを長編映画としてリニューアルしたようです。元は観てないからわかりません。
この映画
>>続きを読む

Darc/ダーク(2018年製作の映画)

4.5

少年は復讐心を胸に行先知れずの闇の世界へ足を踏み入れて行く。果たしてその結末は闇か、光か。


わかりやすくて好きです。海外進出でエグいほどのさばるジャパニーズヤクザ!そこに切り込む孤高の戦士!の構図
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

4.0

思い出のビーチに突如として現れるサメ!そして取り残された美女!果たして勝者はどちらなのか!

美しい景色と美しい女性が画面いっぱい大暴れする傑作モンスターパニック映画!
ちゃんとスリラーしてるし、ハラ
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

5.0

ゲイカップルと放置子のお話。

今ほど世間が寛容でない頃(今も十分に寛容的ではないけれども)ショーパブで働くルディとそこに客として現れた検察局のポール。彼らの交際は勿論世間的に認められるはずもなく、決
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

2.8

クローバーフィールドはあまり好きな作品ではなかったですが、POVではないとのことで鑑賞。

すごくこじんまりしたSF密室ものといった感じ。
スペースホラーだったり、サスペンスにはありがちなマシントラブ
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.0

あらすじに惹かれて観たかった作品でした。はたして犯人は誰なのか!?そんなワクワク。

殺人事件のあと、全く素性の知れない3人の男が現れる、はたして彼らは何者なのか。そして犯人は誰なのか?
的なミステリ
>>続きを読む

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

3.0

その老婆は病気なのか、それともはたして、、、?

アルツハイマー研究リポートの為、ある高齢のご婦人に取材を申し込むクルー。時折見せる奇怪な行動に慌てながら家族を交えて映像を取り続けると、そこには説明で
>>続きを読む

1303号室(2007年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

生死を超えてお送りする、究極の親子愛!そこに理由など無い、ただ繋がりがあればそれでいい、、、

海辺のマンションの1303号室には曰くがあった。「部屋を借りる女性は皆死ぬ」

妹がその部屋で投身自殺を
>>続きを読む

オープンハウスへようこそ(2018年製作の映画)

2.0

オープンハウスを題材にしたホラー。
正直住んでる家を見学で解放するなんてムリです。

3人家族の主人公はある悲劇に見舞われてしまう。失意の中親戚から田舎の別荘を借りる事になる。売却中のその家には「オー
>>続きを読む

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015年製作の映画)

2.8

コミカルなキャラクターについついほっこりしてしまう可愛い映画でした。

美術商で貴族なモルデカイは財政難に陥っていました。そんな中、あるモネの絵が盗まれた!彼の情報網を駆使して取り返してほしいと指令が
>>続きを読む

ゾンビ・ガール(2014年製作の映画)

4.5

ポップでキュートな三角関係。ホラー好きのオタクの元カノはメンヘラゾンビ!?っていうモテない男たちの夢を詰めた様な映画。

全然趣味の合わないカップルがいました。彼はホラーオタク。彼女はエコオタク。そん
>>続きを読む

スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町(2014年製作の映画)

3.6

POVだけど酔わない、観やすい!不思議!おまけにちょー怖い!

映画サークルの面々は撮影のためある町を訪れる。しかしなんだか様子が変だ。人々は後ろを向いて動かない。なんだなんだ?この町で何が起きてると
>>続きを読む

1408号室(2007年製作の映画)

3.8

なかなかにスティーヴンキングぽさが薫り漂ういい映画でした。

心霊ルポライターの主人公は、私書箱に届いた手紙からあるホテルの一室、1408号室に目をつける。中々幽霊といった超常現象に懐疑的な彼であった
>>続きを読む

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.0

一作目が面白かったので続けて鑑賞。

前作から一年ほどたち、主人公龍彦は社長の命により難攻不落の街、横浜へと繰り出されることになる。

前作があるからキャラクターの性格はわかっているし、前作にて手ごわ
>>続きを読む

新宿スワン(2015年製作の映画)

3.5

原作未読が功を奏しましたね。好きな俳優さんがたくさん出てきていい感じ。特に綾野剛と山田孝之はやっぱりかっこいいです。最高かよ。

何も持たずにたどり着いた新宿。龍彦はさまよっていた。そんなところを真虎
>>続きを読む