まるまるさんの映画レビュー・感想・評価

まるまる

まるまる

自分の気持ちをもっと相手に伝えるかも

「メッセージ」
イアン・ドネリー

映画(339)
ドラマ(15)

白い馬(1952年製作の映画)

3.9

「赤い風船」のアルベール・ラモリス監督。
同じく「赤い風船」の主人公、パスカル・ラモリス主演。
男の僕が見ても、ハッとするような美少年になってました、パスカル少年w
これまで美少年なんて、パタリロとか
>>続きを読む

赤い風船(1956年製作の映画)

3.8

ナレーションは一切なし。
セリフも少な目だからなのか、
ヨーロッパの街並み。
画面の中に赤い風船が一つあるだけで
なんだか絵本を見てる趣き。

少年と風船の友情物語。

この映画の主人公は、
少年と赤
>>続きを読む

ドレスデン、運命の日(2006年製作の映画)

3.3

ちょっと前に見たゲイリー・オールドマンの「ウィンストン・チャーチル」の流れで観た。

うん。
なんだかこの通りだったw

ドイツ版パールハーバーのような映画
http://wolf.adolf45d
>>続きを読む

ホネツギマン(1998年製作の映画)

3.8

イーサン・コーエン
幻の脚本
ついに映画化!!
だそうです。


男の名はホネツギマン(英名 The Naked Man)。
無類の強さを誇り、ベイビーフェイスの裏に抑えの利かない怒りを隠し持つ男。
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.1

生きねば?
この唐突感はなんだろう。
自分を励ましてるのかな?
人の声、息を吐きだす音がはいった効果音や、
自らの過去作を誇張してるような癖のあるアニメーションとあいまって
映画そのものが、個人的にほ
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.3

空海の痛快ファンタジーかと思っていたら
楊貴妃の幻想ミステリーだったでござる。


原作、夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」


脚本が中国の人だからなのか
なんだか話の繋がりがわかりにくいです。
>>続きを読む

リマスター: マイアミ・ショウバンド(2019年製作の映画)

3.5

北アイルランドでは30年紛争が続いた。
その間3700人が亡くなった。
そして約4万人が負傷。(映画より引用)

マイアミショウバンドはアイルランド1の人気バンド。
紛争の重苦しい空気のなか
アイルラ
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

4.2

わー
すっごいもんみたー(∩´∀`)∩
と思ったら、ここでの評価低いでやんのorz

なんだかもう、想像できるかぎりの超人対超人のバトル描写
詰め込めるだけ詰め込んじゃってるんじゃないのw
空中でドカ
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

3.9

やっぱミュージカルはいい!

主人公アリ(クリスティーナ・アギレラ)が、オラこんな村いやだーつて、出ていくからよ!な序盤。
ああ、あるね、あるね。
よくあるパターンだね、ハナホジーとか見てたら、
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.5

メンドクサイおっさんヒーロー大集合。

10円でレンタルできるとお聞きしまして。
今時10円で何買える?
と思ったら、何かちょっとした感動を味わえるのではないかと思い、早速借りてきました(^^)/
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

破竹の勢いでヨーロッパを席捲するナチスドイツ。
マジノ要塞を誇るフランスは陥落寸前。
アメリカは静観の構え。
フランスが落ちるということは、イギリス本土にドイツの爆撃機が届くようになるということ。
>>続きを読む

眠りの森~新参者・加賀恭一郎~(2014年製作の映画)

3.6

東野圭吾原作、加賀恭一郎シリーズ。
「祈りの幕が下りるとき」を観てからどうにも止まらなくなりまして、テレビシリーズ、特別編「赤い指」、映画「麒麟の翼」そして、これ。
一気に観ました。

冒頭、阿部寛、
>>続きを読む

白夜行(2010年製作の映画)

2.8

うーん。

東野圭吾原作。

うーん。

同じく東野圭吾原作
「祈りの幕が下りるとき」
映画チョー面白かった。
「白夜行」
これも原作チョー面白いという話じゃないですか。
映画観てるだけで原作は面白そ
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.1

「ちょっと待てよ。
 彼女は俺に会いに来たのか?」


東野圭吾原作。
加賀恭一郎シリーズ。
テレビ「新参者」観てました。
刑事ものと見せかけて、日本橋住民のトラブル解消お助けマンと見せかけて、やっぱ
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星篇<最終章>(2019年製作の映画)

3.3

風呂敷を広げるだけ広げてたあたりは面白かったんですけどねー。
7章で畳む段になってから、なんか変にのりが効いちゃって、パリパリと板のようになってしまっちゃったかなぁな印象。
なんでもかんでも語らせよう
>>続きを読む

カメラを止めるな!スピンオフ「ハリウッド大作戦!」(2019年製作の映画)

3.3

「カメラを止めるな」スピンオフ。
というか続編。
というか、おまけw

ワンカットオブザデッドが好評だったのを受けて
おかっぱプロデューサーが次にしかけた企画
ワンカット オブ ザ デッド イン ハリ
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.5

戦士にも休息は必要だ。
ましてや、ひ弱な僕にはもっと必要だ。
稲豊中、田中の
「送れええええええええ!」
https://www.suruga-ya.jp/kaitori_detail/6080568
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.9

人生初ジム・ジャームッシュ。
この映画が1991年制作。
ジムジャームッシュが1953年生まれということで、38歳で制作したそうです。
ずいぶん老成した人だなぁ。
エンドロールでかかる、トム・ウェイツ
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

4.1

あービックリした。
フォローさせてもらってるレビュアーさんのレビュー読んで、続編っぽくない続編ってことは覚悟してたのですが、ここまでぶっ飛んでるとは思わなかったですw
クローバーフィールドHAKAIS
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.9

卵が先か!鶏が先か!


お世話になってるフォローの方のこの映画のレビューのコメント欄で(長いw)
ロバート・A・ハインラインの短編小説「輪廻の蛇」が原作と聞いて鑑賞。
タイムパラドクスもの。SF映画
>>続きを読む

私たちの愛は誰にも負けない(2018年製作の映画)

3.8

このままデジタルカメラのCMにしていいほど画面が綺麗。
あー、これも手元に置いときたいなぁ。

秀逸すぎるオープニング。
そんなとこにいたのか!な主人公の一人、少年ノアム。
結末はわかってたんだろうな
>>続きを読む

7つめの大陸(2018年製作の映画)

2.8

名探偵エミール。
スナック菓子食ってます。
暇つぶしにどうぞ。
画面はキレイです。

…ポポポポールだか
ペペペペール並みに
なんか罪悪感が止まらない。
ほんとタイムライン汚してすいません。

Myf
>>続きを読む

夜明け(2018年製作の映画)

3.4

あらすじ
高校の卒業試験が終わり、若者たちは浜辺で祝宴をひらいていた。そこでゴムボートを見つけた三人は、真夜中の舟旅に漕ぎ出す。しかし目を覚ませばすでに翌朝。水も食料も屋根もない吹きさらしのボートは、
>>続きを読む

一人の男、私の息子(2017年製作の映画)

3.8

皆さんのタイムライン圧迫することになると思います。
すいませんm(_ _)m
今日はマイフレンチフィルムフェスティバル最終日。
今年はどうしても短編だけでも全部観ておきたいし、
ここに記録として残して
>>続きを読む

青い犬(2018年製作の映画)

3.8

優しい映画。


荒井由実「メッセージ」
♪やさしさに包まれたなら、きっと
 目に映る全ての事はメッセージ

って歌詞。
わかった気になってたけど、これを観て、ああ、こういう感じの事かと腑に落ちた。
>>続きを読む

野獣(2018年製作の映画)

3.8

だから、危ない所には行くなっつってるべ、このクソガキャア!
とゲンコ一発くらわしてやらずにおれない短編映画。

けっこう危険な境界線スレスレだったことあったよなぁ。
なんて、子供時代を振り返って、
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.2

薄暗く狭いコクピット。
作業員によってハッチが閉じられ
ボルトで固定される。
切り取られた窓の風景。
鳥の飛ぶ外の風景のなんと自由なこと。
乗員はベルトやらチューブやらでがんじがらめ。
動くとグググと
>>続きを読む

コレクション(2018年製作の映画)

3.9

この男の悪の匂い。

舞台がナチス占領下のパリというのを、ここのあらすじで知って、やっと合点がいった。
同時に、時代の重苦しさも知った。

エリーズ…

ラストの驚きと、こみ上げてくる切なさ。
ちょっ
>>続きを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

3.5

宮部みゆき原作。
ミステリー+ジュブナイルもの。
良作。
腰痛で仕事休んで
横になりながら前後編一気に観た。
ちょっと罪悪感w
合わせて5時間くらいでしょうか。
けっこうグイグイ前のめりで観てました。
>>続きを読む

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

3.4

面白かった(^^)/
としか言えないw

青いペンを食って見せたり、しょーもない賭けにこだわって見せたり、最後まで何かに対してマウントを取り続けようとしてた男と、
誰か知り合いがいるでもなしに、自分を
>>続きを読む

手紙(2006年製作の映画)

3.9

せっかくの三連休だというのに、腰をヤッてしまいまして。
本当ならば今頃「ファースト・マン」観てディナーとしゃれこんでたはずなのに、ずっとお家で映画観たり、本読んだり、奇声あげたりorz
たまたま松任谷
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.2

なぜ白黒にしたし?
砂漠でないメキシコの空と海と山を感じたかったのにさー

は、おいといて。

「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン監督の自伝的映画だそうです。
と言うことで、なおさら味わい
>>続きを読む

裸の銃を持つ男(1988年製作の映画)

3.7

くっだらなーいw
ワロタw
最高(^^)/


どこかで見た顔だなぁと思ってたら
やっぱOJシンプソンでした。
カプリコン1にも出てました。
どっちの映画でも酷い目にあってたのは
何かの啓示か?

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.7

「新感染 ファイナル・エクスプレス」公開時、
ここでも燎原の火のごとく大絶賛の炎が渦巻いてましたが、
僕も観たいなぁとか思いつつ怖いのが苦手なので、ツタヤで手を伸ばしては引っこめ、手を伸ばしては引っこ
>>続きを読む

小さな手(2017年製作の映画)

3.8

閉鎖の危機を迎えた化学工場。ディレクターには一歳半になるレオという小さな子どもがいる。工場では閉鎖に反対する従業員たちが激しく抵抗していた。中でも最も過激な一人ブリュノは、要求を通させるために、小さな>>続きを読む

花々(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

マイフレンチフィルムフェスティバル。
20分。
フランスのお墓参りは、意外にも日本のそれと似ているなと。

「まだ私の息子よ(ニッコリ)」
グレートマザー
http://www5f.biglobe.n
>>続きを読む

>|