karmapoliceさんの映画レビュー・感想・評価

karmapolice

karmapolice

時代やジャンルに関係なくいいものを楽しみたいです。レビューは上げたり下げたり偏ったりとけっこう好き勝手に書いております(笑)そして沢山読ませてもらって楽しんでいます。また音楽も好きでロック、ジャズ、クラシック、サントラなど色々聴いてます。

週末に数本ずつのスローペースです。よろしくお願いします。

映画(585)
ドラマ(0)

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

これは衝撃だ!全編ゴッホタッチの動く油絵!正確には回想シーンにモノクロの水彩画が入るので全編絵画の構成。しかも内容がゴッホの死の本当の原因を巡ったサスペンスで大人のエンタメしている。衝撃と感動を味わい>>続きを読む

イル・ポスティーノ(1994年製作の映画)

3.8

久しぶりの再鑑賞。マイケル・ラドフォード監督1994年作品。マッシモ・トロイージ主演。1950年代のイタリアのカプリ島が舞台。祖国のチリを追われた実在の詩人パブロ・ネルーダが夫婦で各国を転々と亡命して>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.5

ダン・ギルロイ監督2015年作品。ジェイク・ギレンホール主演。イカレテる!狂気が上手く描かれていると言ったらいいだろうか。

報道スクープ専門の映像パパラッチの仕事で成り上がっていく男のストーリー。事
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.0

けっこう残念!と言うのは、作品の評価ではなくストップモーションアニメの良さが正直自分には殆ど分からなかった事。

三味線に合わせて折り紙が動き出すアイデアや映像世界はかなり素敵だと感じたし、観応えもけ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.1

クリストファー・マッカリー監督2018年作品。劇場で観て良かった。もうアクションが凄過ぎて圧倒的。ロケも豪華だし、ドラマも前作の続編としてしっかりしていて大満足。

クリストファー・マッカリー監督は前
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.3

久しぶりの再鑑賞。クリストファー・マッカリー監督2015年作品。劇場以来の2度目の鑑賞。2度目の方がさらに楽しめたので嬉しい気分。

劇場で観た迫力のアクションなどいいイメージをそのままに、今回は更に
>>続きを読む

フェンス(2016年製作の映画)

3.5

デンゼル・ワシントン監督主演2016年作品。1950年代のピッツバーグを舞台に、とある黒人一家の人間ドラマを描いている。

地味ながら黒人社会を風刺しながら深みのあるストーリーだと思う。しかしセリフが
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

3.5

フィル・ロード&クリス・ミラー監督2014年作品。1934年にデンマークで産まれた玩具で最初は木製のものが、何度もモデルチェンジを繰り返して、1963年より安定したABS樹脂に変更されたものが現在のも>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.8

マイケル・ベイ監督2007年作品。日本のタカラの変形玩具が元ネタで、アメリカに渡り「TRANSFORMERS」という玩具になり北米で大ヒットしアニメ化もされているらしい。スティーヴン・スピルバーグ制作>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.2

久しぶりの再鑑賞。3度目位だろうか。ジョン・カーペンター監督1982年作品。カート・ラッセル主演。SFホラーの金字塔。やや幼き学生の頃に「メッチャ怖過ぎる映画だ」と評判だったのに観てしまい、そのグロさ>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

2.5

スティーヴン・キングの長編小説を「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本で知られるニコライ・アーセルが監督を務めた2017年作品。

マシュー・マコノヒーがけっこう主要な役を好演している。主演のイ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.8

ポール・キング監督2018年作品。ストーリーは1作目の方が好みではあるけど、この2作目の方が楽しさはパワーアップしていると思う。

骨董品店の珍しい絵本を巡って泥棒扱いされてしまい刑務所暮らしをするパ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

軽いタッチのエイリアンかな・・・と思って観ていると、ゼロ・グラビディの影響か若干の浮遊感を観せて、ラストは70年代後半か80年代のSFのようなちょっと古臭いオチだったという感じだろうか。

SFとして
>>続きを読む

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

3.0

ジェーン・カンピオン監督1993年作品。ホリー・ハンター主演。アカデミー賞の3部門やカンヌのパルム・ドールなど賞を受賞しまくった作品。文学的で芸術性が高いのはいいがエロスがメインで、このエロスの入れ方>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督2017年作品。ライアン・ゴズリング主演。原作はフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」


前作1982年作品のブレードランナーは別格に好きな作品。よ
>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 後編 自由の翼(2015年製作の映画)

3.8


2015年6月27日に第14話から第25話までの総集編で製作された劇場版。前編に続いて鑑賞。

そうだなぁ、高い壁をモチーフにしたメイズ・ランナーとは全然違う(笑)わりと自然に日本的な美意識が散りば
>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

3.5

2014年11月22日に第1話から第13話までの総集編で製作された劇場版。原作は諫山創のコミック。コミックもテレビアニメーションも知らないので、何の予備知識もなく鑑賞。最初はイラストに馴染めないものの>>続きを読む

ショーガール(1995年製作の映画)

3.8

ポール・バーホーベン監督1995年作品。1995年のゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の6部門制覇で、後に2000年の特別賞である1990年代最悪作品賞も受賞した作品。そこまで歴史的に最低と呼ばれただ>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

ようやくの鑑賞。マイケル・グレイシー初監督2017年作品。想像していた以上にかなり良かった。これなら劇場で観たかった気がした。映像に構成に超快適で凄く楽しい作品だ。この優れた演出にこの監督は才能に溢れ>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

X-メンのキャラクター「ウルヴァリン」を主人公とした映画作品スピンオフシリーズの第3弾。この作品はマーベルのヒーローものとは思えないほど人間味溢れる演出。

設定的には2029年テキサス州を舞台に25
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.3

シリーズ初鑑賞。このシリーズはスパイアクションにエクストリームスポーツの要素を盛り込んだ事が特徴らしいけど、何となく007シーリーズで観たようなシーンもあると思う。そういう意味では意外と新鮮味は少ない>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.8

オリバー・ストーン監督2016年作品。久しぶりにオリバー・ストーン作品を観たけど、時代を象徴する難しいテーマを観易くて楽しめる作品になっている。

米軍・NSA・CIAでの勤務時代から暴露までをじっく
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.8

1930年代スウェーデン北部のラップランドで暮らす先住民族、サーミ人は差別的な扱いを受けていた。サーミ語を禁じられた寄宿学校に通う主人公の少女エレ・マリャは成績も良く進学を望んだが、教師に「あなたたち>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.8

ケネス・ブラナー監督・主演2017年作品。原作はアガサ・クリスティ1934年作品。製作にはリドリー・スコットのクレジットも・・・・しかしこれはけっこう残念な作品だ!

何でだろう?!ケネス・ブラナーは
>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

3.7

フランソワ・オゾン監督2012年作品。けっこう捻りが効いていて楽しい。教師が生徒の作文に惹かれすぎて現実を見失っていく様子をサスペンス的に淡々と綴られている。

観ているとこちらも彼の作文の中のフィク
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

4.3

久しぶりの再鑑賞。シリーズでもこの1作目が一番好きだと思う。ダグ・リーマン監督2002年作品。原作はロバート・ラドラムの「暗殺者」。

海から船に拾われる冒頭から得体の知れない自分探し。マリー・クルー
>>続きを読む

アウトバーン(2016年製作の映画)

1.7

アウトバーンの絶景をバックに高級車の派手なカーアクションを期待したがかなり違った。

ファーゴ(1996年製作の映画)

2.7

コーエン兄弟1996年作品。アカデミー脚本賞など沢山賞を取りまくった作品だけど合わなかった。惹かれるのはただ1点だけ。どう転ぶか全く先が読めないストーリーだけのような気がしてしまった。

悲劇と喜劇の
>>続きを読む

いとこ同志(1959年製作の映画)

3.8

1959年のフランス映画でクロード・シャブロル監督作品。撮影監督は「死刑台のエレベーター」や「太陽がいっぱい」等を撮ったアンリ・ドカエ。

同じ志の対照的なふたりの青年シャルルとポールを主人公に、不条
>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.3

久しぶりの再鑑賞。スティーヴン・スピルバーグ監督1997年作品『ジュラシック・パーク』の続編。これも劇場鑑賞以来だと思う。けっこう残念なイメージが強かった作品で、TV放送をチラリと観かけてもスルーして>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.3

夫婦生活40年。住み慣れた最上階の部屋の唯一の欠点は、エレベーターがないこと。 売るべきか?売らざるべきか?・・・・。モーガン・フリーマンとダイアン・キートン演技と眺めのいいアトリエと屋上菜園もある部>>続きを読む

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

3.8

久しぶりの再鑑賞。メチャ素晴らしいサハラ砂漠映像が堪能できる。映像だけなら満点かも知れない。何となくシェルタリングスカイの二番煎じのような舞台設定にプラス不倫のイメージだったが、そのままかな(笑)しか>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

是枝裕和監督2017年作品。勝利にこだわる弁護士の重盛(福山雅治)はやむを得ず、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を担当することになる。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑>>続きを読む

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.8

かなり久しぶりの再鑑賞。エイドリアン・ライン監督1983年作品。プロデューサーは後に「ビバリーヒルズ・コップ」や「トップガン」などのメジャー・ヒットを連発するドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマー>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

太平洋戦争の沖縄戦で衛生兵として従軍したデズモンド・T・ドスの実体験を描いた戦争映画。戦場に於けるリアリティや迫力はあるものの、中盤まではストーリーとしてリアリティを全く感じる事が出来なかった。

>>続きを読む

死刑台のエレベーター(1957年製作の映画)

2.5

フランスの名匠ルイ・マル監督25歳のデビュー作1958年作品。正直詰まらなかった。主演のジャンヌ・モローはじめ女性は美人ばかりで髪型も整っていて皆姿勢もよくどんなポーズも様になる。終始一貫してそのよう>>続きを読む

>|