karmapoliceさんの映画レビュー・感想・評価

karmapolice

karmapolice

時代やジャンルに関係なくいいものを楽しみたいです。レビューは上げたり下げたり偏ったりとけっこう好き勝手に書いております(笑)そして沢山読ませてもらって楽しんでいます。また音楽も好きでロック、ジャズ、クラシック、サントラなど色々聴いてます。

週末に数本ずつのスローペースです。よろしくお願いします。

映画(634)
ドラマ(0)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.7

なるほど凄く楽しい作品。主役は実はサノス?!サノスという圧倒的な存在感の悪役を置くことによって、キャラの多い複雑になりそうな物語を観易くまとめている感じだろうか。ヒーロー大集合のお祭り映画はあまり好き>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.3

武内英樹監督、綾瀬はるか、坂口健太郎主演2018年作品。良質な邦画発見!これは素敵過ぎる!メッチャ上質なラブコメ(ファンタジー)と言ったらいいだろうか。

序盤こそダメダメな臭いヤツ(作品)かと思った
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

2.5

ウィル・グラック監督2018年作品。原作はビアトリクス・ポターの児童書。1893年9月4日にビアトリクス・ポターが友人の息子に宛てた絵手紙が原型で、1902年には初の本「The Tale of Pet>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

スティーヴン・スピルバーグ監督2017年作品。脚本は「スポットライト 世紀のスクープ 」と同じくジョシュ・シンガー。報道を取り上げたテーマも共通項があるけど、中盤まではそれほどいかにもスピルバーグとい>>続きを読む

ニューヨーク東8番街の奇跡(1987年製作の映画)

3.5

久しぶりの再鑑賞。マシュー・ロビンス監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、ブラッド・バード脚本、ジェシカ・タンディ主演1987年作品。おそらく2度目の鑑賞で殆ど覚えていなかったが、可愛らしさのあ>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

ジャウム・コレット=セラ監督、リーアム・ニーソン主演2018年作品。この監督と主演のタッグは4作目らしいけど、その中の3作目の鑑賞。

ジャウム・コレット=セラ作品はロストバケーションも含めて4作目な
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

4.0

ジャック・ドゥミ監督、ミシェル・ルグラン音楽、カトリーヌ・ドヌーヴ主演1963年作品。テーマ曲が切なくとても印象的。テーマ曲が物語を全て表しているかのような感じさえある。

正直言ってセリフが全て歌の
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.5

ジェームズ・L・ブルックス監督ジャック・ニコルソン主演1997年作品。 

偏屈で潔癖症の小説家メルヴィンは、周囲から奇矯な人物と見られることにいつのまにか居直ってしまい、投薬によって強迫性障害を治す
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

2.8

ジョン・ワッツ監督トム・ホランド主演2017年作品。変わりゆくスパイディ。

サム・ライミ監督とトビー・マグワイアの時代からアメージングそして本作と観ているけど、随分変わってきたと思う。

明るくてメ
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.5

久しぶりの再鑑賞。ティム・バートン監督2003年作品。ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー主演。

身重の妻ジョセフィーンと暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父が語る「人生のストーリー」
>>続きを読む

冒険者たち(1967年製作の映画)

3.0

ロベール・アンリコ監督。アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ主演1967年作品。ジョゼ・ジョヴァンニの同名小説の映画化。それぞれの夢に破れた男2人・女1人の3人組が、共に宝探しの冒険へ旅立ち、財宝を得よ>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

3.5

グレッグ・モットーラ監督サイモン・ペッグ、ニック・フロスト脚本主演2010年作品。サイモン・ペグとニック・フロストのコンビが旅行でアメリカにやって来たという設定。

SFコメディという事で色々パロディ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ監督2018年作品。いやぁ感動した!!これは凄いクオリティが高い!世界中の老若男女誰が観ても楽しめるように練りに練り上げてあるのだろうな。

映像は豪華さもい
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

3.3

エドガー・ライト監督・脚本、ライトとサイモン・ペグ脚本・主演2013年作品。スリー・フレーバー・コルネット3部作のラストを飾る作品。中年でアルコール中毒のゲイリーは、社会的に成功した4人の幼馴染たちと>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

M・ナイト・シャマラン監督2016年作品。シャマラン監督のヴィジットに全然ハマれなかった事もあり期待が低かったが、けっこう楽しめた。

ジェームズ・マカヴォイの多重人格の怪演が観応えもあるが、ホラーで
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

2.0

破壊と再生。理解は出来なくもないけど・・・・ハマれない作品だった。Demolitionがなぜ「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」なんて詩的なタイトルになったのだろう?ジェイクギレンホールが途中ナイ>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

2.5

ロドリゴ・ガルシア監督アン・ハサウェイ主演2008年作品。飛行機事故で奇跡的に生き残った人達をセラピストとしてカウンセリングするアン・ハサウェイ演ずる主人公クレアは、カウンセリングを通じて事故の真相を>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.7

エドガー・ライト監督・脚本、サイモン・ペグ脚本・主演2007年作品。ロンドンの首都警察に勤めるニコラス・エンジェルはその有能さ故に田舎町サンドフォードに左遷させられてしまう。一見平穏な村に潜む何かに気>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

4.0

エドガー・ライト監督・脚本、サイモン・ペグ脚本・主演2004年作品。ゾンビ映画の金字塔「ゾンビ」(原題: Dawn of the Dead)をパロディにした作品。

ホラーと言うよりは殆どグロテスクと
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

ライアン・クーグラー監督2018年作品。チャドウィック・ボーズマン主演。黒人の監督による黒人を主人公にした作品でキャストや制作スタッフも大半が黒人らしい。

これは格好いいな!そしてお洒落!映像や音楽
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

アキ・カウリスマキ監督・製作・脚本2017年作品。内戦が激化する故郷・シリアを逃れた主人公カーリドは、妹を捜してフィンランドのヘルシンキに流れ着く。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、カーリドもまた>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督2015年作品。エル・ファニング、アレックス・シャープ主演。イギリスの作家ニール・ゲイマンの短編集『壊れやすいもの』に収められたSF短編「パーティで女の子に話しかける>>続きを読む

劇場版 進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮(2018年製作の映画)

3.8

TVアニメシーズン2の総集編。ストーリーはさらに壮大になっていく。立体起動装置で空を飛び巨人と闘うアクションシーンの迫力には圧倒される。詳細に描かれる架空の世界も臨場感がありクオリティが高い。本来は総>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

4.3

久しぶりの再鑑賞。マシュー・ヴォーン監督2011年作品。ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー主演。主人公はマグニートーとプロフェッサーX。物語は1962年のキューバ危機を背景として後のプロ>>続きを読む

X-メン(2000年製作の映画)

3.2

久しぶりの再鑑賞。ブライアン・シンガー監督2000年作品。ヒュー・ジャックマン主演。X-MENは全作観ているけどハマったものがあまりない。しかし気になる・・・・。そんな訳で1作目を再鑑賞。2000年の>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

1.8

ツレって友人の事じゃなかったのか(笑)この映画で鬱に関しての知識はあまり得られないと思う。全編薄めで甘めのヒューマンドラマ。ただ特に前半の堺雅人のダメ人間の演技が面白くて、それにつられて何となく観てし>>続きを読む

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

4.2

最近私的にはその映画の殆どを室内での会話で進行する作品が続いてしまって、どれも全く違うタイプだがこれが一番面白かった。緊張感と意外性と部屋の使い方(若しくは撮り方)がけっこうポイントになっているように>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.2

これが2作目だとは知らなかったので、先に観てしまったがそれでも充分に楽しめた。ダークで幻想的だが何処か神秘的でもある映像はなかなか観応えがある。歪んだ家族関係ながらギリギリのところでバランスを保ってい>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

3.8

なかなか面白かった。いい意味でグロテスクなシーンのない良質なホラー。ホラーに全然詳しくない自分のような人間でも分かり易い王道のストーリー。古臭く雰囲気のある小道具や室内の臨場感など演出が優れていて、テ>>続きを読む

お早よう(1959年製作の映画)

3.5

思わず、いやぁ下らねぇっ!と思うほどに他愛無いお話。全然盛り上がりがないし・・・・。しかしこの時代のテレビ1台の価値は現在とは違うのだろう。

今でも一応通じるユーモアがあるが吸引力は弱め。あとはやは
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.8

アトム・エゴヤン監督2015年作品。クリストファー・プラマー主演。アウシュヴィッツ収容所の生存者で、認知症90歳の老人のセヴの復讐の旅というサスペンス。クリストファー・プラマー89歳の演技も素晴らしい>>続きを読む

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009年製作の映画)

4.2

久々の再鑑賞。もう他のアーティストでは絶対にここまでの映画にはならない。

頂点に立つ完璧主義者の完璧でない姿、未完成のステージの舞台裏がドラマになる。そこに少しだけ切なさを感じつつもサラリと上質な音
>>続きを読む

おとなのけんか(2011年製作の映画)

2.0

つまらない。途中からかなり疲れた。最後まで観るとなるほどと構成の上手さを感じたがテーマがあまりにも良くない気がする。
話が盛り上がったり長引く事に緊張感が無さ過ぎるように思う。

ポランスキー作品は劇
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

4.0

3部作見応えたっぷりだった。やや戦闘シーンがパターン化してきた感があり疲れたが、特にレゴラスの戦いぶりは美しく格好いい。フロド以上にサムの健闘ぶりが素晴らしくて拍手を送りたくなった。彼にとってもハッピ>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

4.2

1部と変わらないクオリティと濃い内容。予想以上のスペクタクル映像が堪能出来た。馬の乗り方とか細かいところまで凝っていて凄い。アラゴルンが死んだかと思ったが救われ、ガンダルフが白ガンダルフとして再生。皆>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

4.2

昔劇場でけっこう居眠りしてしまって以来のリベンジ。全く眠る暇なんてない濃い内容だった。エルフ、ホビット、ドワーフ、魔法使い、人間と多種族が絡みあって展開していくストーリーが楽しい。指輪ひとつで人は人格>>続きを読む

>|