咲さんの映画レビュー・感想・評価

咲

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.9

認知症を患った父親と、彼の家族の話。

先日見たfartherとは真逆ともいえる。切ないシーンもあったけど微笑ましくて胸が暖かくなる場面も多かった。画面が基本明るいのも影響してるかもね!あと料理や食材
>>続きを読む

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

3.8

少し変わった家族が、AIロボットに占領されつつある世界を救おうとする話。

コメディのテンポ良くて面白いな〜と思ったらスパイダーバースの制作陣か。さすが。
犬とブタで混乱して食パンって結論出すの何度見
>>続きを読む

Shall we ダンス?(1996年製作の映画)

3.8

サラリーマンが女性講師に惹かれ社交ダンス教室に通い始める話。

ちょいレトロな質感も好きだけど、どんどんダンスにハマって目の輝きが変わってくのがよかった。周りの生徒さんも探偵の人もいい味出してたな〜。
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

3.9

認知症を患う男性と、彼を支える娘の話。

認知症患者の視点からの世界が見える、といった感じ。感動する展開!というよりは、彼の戸惑い・不安・恐怖を思うと胸が苦しくなって、涙が出た。
名前と顔が一致せず、
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.4

地球の危機を救う五大要素を探す話。

ついていけんかった部分も多かったけど、「最後に愛は勝つ」みたいなことか。
コミカルな部分がちょこちょこ挟まれてて、アクションもあり近未来的な街の姿も見れて、退屈は
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

3.6

工場で働き詰めだった主人公が、あれやこれやで色んな状況をくぐり抜けて行く話。

アニメーションの様にコミカルな動きと、感情が分かりやすい表情。チャップリン節炸裂。
後は最新技術に踊らされる人間を風刺し
>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

-

「何を…カヲル君…君が何を言ってるかわかんないよ!カヲル君…」、何度聞いても笑っちゃうな。14歳ぽさ出てて。

アニメシリーズも漫画もどっちも見てるから、随所随所のシーンがアニメでも描写されたのかどう
>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

-

先に漫画を読んでたから流れについていけた。てか漫画読んでなかったらほぼ分かんなかったと思う。
開始数分で「おい!シンジくん!笑」となり、レイの顔がついたエヴァシリーズ、緊張感なくてギャグかと思った。
>>続きを読む

学校(1993年製作の映画)

3.8

夜間中学の先生と、そこに通う様々な境遇の生徒たちの話。

西田敏行にぴったりの役。熱くて、優しくて、ちょっと抜けてる感じ。こんな風に一人一人に向き合う先生いたらそりゃ懐くわ。
イノさんが焼肉屋で「何が
>>続きを読む

Be With You 〜いま、会いにゆきます(2018年製作の映画)

3.7

梅雨の季節に、亡くなった妻が帰ってくる話。韓国リメイク版。

日本版観てたから内容は知ってるけど、それでもほろりときた。2人の愛もだけど息子の成長に。
どの役の人も日本版原作と同じ雰囲気で、変に脚色を
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

3.5

ユダヤ人迫害を推し進める独裁者そっくりな顔をした男の話。

チャップリンだ!って感じのちょび髭とポンポン出てくる軽いコメディ。見応えがあるとは言えないけど見やすかった。
ふんわり見てたけど、最後のスピ
>>続きを読む

詩人の恋(2017年製作の映画)

3.6

妻と二人暮しをする詩人の中年男性が、美しい青年のことが気になり出す話。

切ないな〜。主人公にとっても戸惑いだっただろうし、どう昇華させて良いか悩んだと思う。ぶつける愛じゃなくて、与えて施す愛だったな
>>続きを読む

ブラザー(2017年製作の映画)

2.8

父親の葬儀のために田舎の山奥へ駆けつける兄弟と、彼らが出会った不思議な女性の話。

流し見しちゃってあまり頭に入ってこなかった。マドンソク出てれば全部面白いんじゃないかと思ったけど流石に限度があった。
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.5

ウォール街の証券会社で働き始め、金と権力と女とドラッグを思いのままにしていく男の話。

3時間あるのに長さを感じさせなかった脚本はすごい。彼の人生と同じで勢いがある。最初は純粋な気持ちでも、裏を知り得
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

天才的な頭脳を持つ学生が、頼まれて多くの生徒にカンニングをさせる話。

裕福勢の、「お金を払えばどうにでも解決できる」と当然のように思ってる様子がちょっと不気味なくらいだった。うまく逃げ切って欲しい気
>>続きを読む

フック(1991年製作の映画)

3.0

飛び方を忘れ大人になったピーターパンが、もう一度ネバーランドを訪れる話。

紆余曲折がない展開なのでちょっと物足りなかったけど、ファンタジーな世界観は良かった。ロビンウィリアムズにピッタリな役柄。

コンジアム(2018年製作の映画)

3.5

いわく付きの廃病院に、肝試しに来た7人の男女の話。

ホラー慣れしてない自分が程よくハラハラできる作品。取り憑かれてる一瞬のシーンが心臓に悪かったな。
軽い気持ちでそういう場所訪れちゃいかんよと思いつ
>>続きを読む

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

3.8

母と共にカリフォルニアに引っ越してきた少年が、近所に住む不思議な日系アメリカ人に空手を習う話。

師匠が弟子に「一見修行と関係なさそうなことをひたすらさせる」ってのは定番だよね〜。ミヤギも嬉しかったん
>>続きを読む

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.0

周りに何となく合わせて生きていた未亡人が、近所の小さな家で自給自足で生きる男と出会う話。

シンプルにロンドンの街並みを眺めたくて鑑賞。ストーリーに心は動かされなかったけど、明るい日差しの下のロンドン
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

3.5

母の葬儀で地元に帰った主人公が兄と幼なじみと向かった渓谷で幼なじみが橋から落ちて死に、その真相をめぐる話。

「どっちが真実か」は最終的に観てる人に委ねられるんだろうけど、もし最後のがほんとなら「猛な
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.8

元は一つだった龍の国の中の、尾の国の姫が、バラバラになった国々を統一して石になった人々を取り戻そうとする話。

大自然の景色、特徴あるそれぞれの国の姿が本当に綺麗で見てるだけでワクワクした。挿入歌なし
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.7

ある男が、隣の豪邸に住む、謎多き男の生涯を語る話。

アメリカ文学の授業で聞いたときは「金持ちの男が女のせいで落ち目になる」みたいな印象受けてたんだけど、イメージしてたよりギャッツビーが真っ直ぐで純愛
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.4

ジュゴンに育てられた双子に出会った、女の子の話。

色使いと音が綺麗で、夏の空気を感じる作品だった。話の展開にはちょっと置いてかれた。最後の方特に。原作映画化作品あるあるだけど、尺のせいか全然説明がな
>>続きを読む

ライムライト(1952年製作の映画)

3.8

歩けなくなって絶望するバレリーナに、人生を諦めないことを説く道化師の話。

カルヴェロの話し方が上から押し付けるのではなく優しく諭す感じで、惹かれちゃうのもわかるな〜。あと舞台に上がるもの同士だからこ
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.7

現実世界では存在感のない、ハッカーが得意な青年が、仲間たちと共に色々な組織に攻撃を仕掛けようとする話。

「ユージュアルサスペクツ」や「ファイトクラブ」、「真実の行方」を思い浮かべながら観てたから、あ
>>続きを読む

弱くて強い女たち(2020年製作の映画)

3.6

20年間、家族の元に帰らなかった父親の死をきっかけに、母と娘たちが集まる話。

なんかお母さん切なかったなぁ。そりゃ許せないよ、大した説明もなく家庭を出て娘にはいい顔見せて。故人になれば全部水に流せる
>>続きを読む

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

3.2

チェスにハマっていく純粋な少年と、それを見守る親の話。

チェスの天才が題材なだけあって、クイーンズギャンビットを思い出した。努力以上に圧倒的な才能と執念が逸材を産むんだなと感じた。そしてその時周りが
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

ブルックリンに住む少年が、ある日怪しい蜘蛛に刺され、スパイダーマンに出会う話。

カラフルな画面も、程よいアメコミ要素も、コメディの量もちょうど良くて面白かった!各監督のスパイダーマン観てた人にはたま
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.1

パイロットの中でもエリートのみが集うトップの学校へ行くことになった男の話。

トム・クルーズの美しさや空中戦の描写はすごかったけど、話が面白いとはあまり感じなかった…。眠くなった。

キャスパー(1995年製作の映画)

3.5

古い屋敷に住む子供のお化けと、そこに移り住む事になった父娘の話。

90年代アメリカものの良さが出てる奇抜な設定と軽いコメディ。見応えがある!とは言えないけど平和に見れていいね。
幽霊組の奮闘でキャッ
>>続きを読む

ウソから始まる恋と仕事の成功術(2009年製作の映画)

3.2

嘘がない世界で、初めて嘘をつくことを思いついた男の話。

斬新なテーマで途中までは良かったんだけどラスト30分の低速が否めないな。終わり方は可愛らしい。
ほとんどがwhite lieだから良かったもの
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.7

スターウォーズ最終章。SW9作目。

やっと終わった…!スピンオフ含め11作品、ようやく全てを見届けた。
やっぱり登場人物の多さが気になるけど大作なので仕方ないのかな。初期メン(4出てた人)は死んでほ
>>続きを読む

>|