たたさんの映画レビュー・感想・評価

たた

たた

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.8

なんだ小栗旬はわざわざハリウッドまで白目剥きに行ったのか…

・・・

おもしろかったなー、怪獣バトルの決定版!シリーズ無視してこれだけ観ても十分楽しめます。いやむしろ、これだけを観ることをオススメし
>>続きを読む

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

4.0

廃部寸前、主将一人だけの相撲部に、個性豊かな寄せ集めの部員達が快進撃の奇跡をもたらす!
この概要だけならこの作品の数年前に少年サンデーで連載された傑作相撲まんが「うっちゃれ五所瓦」とまったく同じ。
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

3.3

地上波放送だからカットされてるのかも?
娘とのことも、練習生の少年のエピソードも、トレーナーとの絆も、全然描き切れてない気がする。もっとグッとくる感じに出来た気がする。

ボクシングあまり観ないから素
>>続きを読む

アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン(2018年製作の映画)

3.5

人類の最も偉大な発明とは何か?
という問いに挙がる答えとして、音楽と信仰は外せないと思う。

僕はミュージックシーンの、特に洋楽に関しては全くの無知なので、アレサ・フランクリンの名前すら知らなかった。
>>続きを読む

born、bone、墓音。(2016年製作の映画)

3.8

亡くなった兄が、照屋監督と同い年で、顔付きに共通点もあるんで、見るたびに思い出してしまってしんみり。

沖縄(本島)生まれの僕ですが風葬は、むかーしそんな風習があったよ~って親から聞いた程度。
そんな
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.1

劇場に入ると、予約してあった僕の席に、見知らぬお兄さんが座っていた。
チケットを確認させてもらうと、確かに同じ席番、同じ映画、同じ上映時間。
…?
どういうことだ。
もしや彼は平行世界から紛れ込んでき
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

報われた。救われた。満たされました。全てのエヴァンゲリオンにありがとう。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.9

映画作品としてより、テレビドラマ的な面白さを感じる。
ムショ世界のヒューマンドラマ&サクセスストーリー。

無実の罪で囚われた不屈のインテリと仲間達、辛いながらも希望を忘れず耐える日々、更正を願う若者
>>続きを読む

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(1999年製作の映画)

4.0

地球の生命エネルギーマナとか
先祖代々邪神の封印を守ってきた家系とか、神話とか…

ファンタジー色は強くなってるけど、ファンタジーな部分に踏み込み過ぎないことで、これまで通りリアル路線は踏み外してませ
>>続きを読む

ガメラ2 レギオン襲来(1996年製作の映画)

4.0

前作と似た感想になりますけど、とにかくリアリティの追求がすばらしい!
本当の本当に大怪獣が現れたら?やっぱり頑張るのは自衛隊。民間企業も政治家も、現実世界でお馴染みのアナウンサーも。
そういうシミュレ
>>続きを読む

ダイ・ハード2(1990年製作の映画)

4.0

もう何回も観てるやつ。

野沢那智さんの吹替が大好きなので、DVDがあるのにテレビ朝日版で録画してある方を観てしまいます。
DVD版の樋浦さんには申し訳ないなあ。

アクション娯楽大作として一級品で、
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.9

一番怖いホラー映画は何か?
と聞かれたら、実際に決めることは出来ないけど、
間違いなくこれが筆頭候補ですね。

不穏で不条理で、ざらざらと乾いていながら不快に湿ったような独特な空気。
気狂い家族、現実
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

年末の大掃除で脚立から落ちまして、背骨を圧迫骨折しました。

重力の恐ろしさよ(;´_ゝ`)イテテ

【無重力とは究極の自由である】

なーんにもなくて、どこまでも続く。そんな宇宙空間が、満ちている。
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.2

短い間だったけど幸せに満ちた暮らしと、立ちはだかる現実や差別の壁。
大きな愛と、その愛が報われない世界。
甘さと苦さが同居したチョコレートドーナツのようなお話でした。

普通ってなんだろう。
普通の人
>>続きを読む

たまの映画(2010年製作の映画)

-

たまというバンドは唯一無二の、奇跡の天才集団です。断言します!
音楽にはまるっきり疎い僕ですが断言します。異論は認めません( ・ε・)

四人それぞれが作詞作曲+メインボーカルを務めるシンガーソングラ
>>続きを読む

ディープ・インパクト(1998年製作の映画)

3.4

「悪くないわ。小学校に自分の名前が付くもの」
大切な何かのために命を投げ出す人間はやっぱ美しいですね。

ディザスタームービーかディザスター回避ミッションムービーかと思ったら結構なヒューマンドラマであ
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.8

「人生は過酷である。故に美しい」
って全然関係ない映画のコピーを思い出しました。
重たくてしんど過ぎる映画。

全体的にきれいな絵なのに、ショッキングな展開や痛々しいリアリティに何だか背筋がぴりぴりす
>>続きを読む

フィツカラルド(1982年製作の映画)

3.9

船頭多くして船山に登る。

…いや船頭1人でも山に登りましたよ!すごいよ!
船つってもカヌーや小さな漁船じゃないですよ、何百㌧もの蒸気船ですよ!これが人力で山を登りきる!

あらすじ
てっきりオペラハ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

いい映画を観たとか、面白い映画を観たとか。
ではなく、どえらい映画を観た!という感想。

ストーリーは僕の頭ではあんまり理解出来なかったのでちょっと置いといて。

あの映像を原則CGを使わずに、いや仮
>>続きを読む

奇跡の人(1962年製作の映画)

4.4

これは!「ガラスの仮面」の奇跡の人篇も併せて読むととんでもなさが分かるのではないでしょうか。

すげー。

ガラスの仮面っていうレジェンド演劇マンガの中でさえ、なおレジェンド女優として実名で語られたヘ
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

4.3

いろんな意味で痛い痛い!な映画。
そしてなぜか美しい映画。

プロレスラーのランディは全盛期をとうに過ぎた今も、過去の栄光のおかげで細々と食いつないでる。
スーパーの店員として働きながら週末は本業で肉
>>続きを読む

ガメラ 大怪獣空中決戦(1995年製作の映画)

4.0

リアリティをきちんと追及した怪獣映画の傑作ですね!
現実的でありながら怪獣映画の在り方はけして忘れない、この平成ガメラシリーズを超える大怪獣ものはこの先現れないのでは…

ガメラは古代人が生み出した地
>>続きを読む

トライアングル(2009年製作の映画)

4.2

「永劫回帰とはかくも恐ろしきものなり」

嵐でヨットが転覆、漂流しまして。
通りかかった客船に助けを求めようと乗り込んでみると、おや?
何かしらの気配はするものの誰もおりません。

実は覆面の殺人鬼が
>>続きを読む

恐怖の報酬(1953年製作の映画)

4.0

「俺、この仕事が終わったら故郷で嫁さん貰ってニワトリ飼うんだ!」

・・・

あらすじ。
ニトロをトラックに載せて500㎞先の油田に運びます。
以上。

…たったこれだけのことが。
こんなにもスリリン
>>続きを読む

ウエスト・サイド物語(1961年製作の映画)

-

何というか…イキがってるだけの不良少年達のドラマに、まったくのめり込むことが出来ませんでした。

絵面や色使いは全体的にしゃれておりますし、
冒頭の、街を闊歩する少年達のダンスがスタイリッシュで、
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.5

元いじめっこの贖罪がテーマ。
…って言い切っちゃうと多分浅いんだろうなあ

感情移入できる人物や、共感できる要素があんまりなかったので、
深く心に刺さるようなものではなかったんだけど、
それでも、罪悪
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.9

実写版も、
その元になったというドラマも、
原作も、
知らない状態で観ました。

ラストが思わせ振りで???なので、
実写や原作を踏まえて観なきゃいかんやつかな、
そんな前提があるんだとしたら不親切な
>>続きを読む

ピカドン(1979年製作の映画)

5.0

ピカドンとは原爆のこと。
検索すれば観られるショートムービーです。
ぜひ観てみて下さい。

8時15分に何が起こるかを知っているのは観てる側だけ。
時計が秒を刻む音が胸に突き刺さります。

戦時下と言
>>続きを読む

デイ・アフター・トゥモロー(2004年製作の映画)

3.5

インデペンデンス・デイ、2012、あとGODZILLAもそうだったかな?
エメリッヒ監督はアメリカの街を壊滅させたくてしょうがないんじゃないかと(゜ロ゜;

(アメリカに恨みでもあるんじゃないかと疑っ
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

2.4

バタフライエフェクトの小規模版?
とでも言いたくなるような。
タイムリープによって過去と現在を行き来しながら、事件を解決して大切な人を守りたい!と奮闘する青年(少年)の物語。

原作は知らないので、原
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

2.9

〝意識〟を搭載されたロボットがギャングにさらわれて、学習と交流と葛藤を繰り返しながら、わずか数日の寿命と知り自分の生について考える。

テーマもストーリー展開もテンポも、ギャングのママ&パパも、特撮技
>>続きを読む

宇宙戦争(2005年製作の映画)

3.8

「21世紀の初頭、我々は」のナレーションで始まる。
モーガン・フリーマンの声がどんなに良かろうが!
僕は必ず日本語版の津嘉山正種さんの声を聞きます!
何度聞いてもしびれます!(DVD持ってる)

感情
>>続きを読む

ミラーズ(2008年製作の映画)

3.4

ある登場人物の死が(死に方が)、忘れられない。
あんな悲惨で残酷で、やりきれない死に方は絶対したくない。

オバケの仕業なので現実にはあり得ないとは言え、あんな最悪な悲しい死に方は、my映画史上ワース
>>続きを読む

拳精(1978年製作の映画)

3.0

妖精さんと戯れるジャッキー…

???

ジャッキーのカンフー時代劇、多くは知らないですけど、それにしてもこんなヘンテコなのは他にないんじゃないかなあ

あらすじ
失われた少林寺の秘伝「五獣の拳」の教
>>続きを読む

赤ちゃん泥棒(1987年製作の映画)

3.4

ニコラス・ケイジのショボくれたキモさが炸裂するへんてこコメディ。
と思わせといて最後は感動的な感じに持ってくのが何かずるい。

出てくる人、大体みんな頭おかしい。

ニコラス夫妻、子供が欲しいけど子供
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.9

追い詰める銭形警部と、華麗に出し抜くルパン三世!
ルパンをもし実写化したなら(もうしたっけ?)こんな感じになって欲しい。

抜群の機転でトム・ハンクスの追及を切り抜けるディカプリオ。
ピンチをチャンス
>>続きを読む