yaaaさんの映画レビュー・感想・評価

yaaa

yaaa

コカイン・ベア(2023年製作の映画)

4.0

熊がひたすら襲ってくるというホラー映画な展開より、森林公園で熊に出会って大騒ぎなパニック映画に振ってるのが登場人物多くてそれなりに楽しい。
だからと言ってドラマパートに特化してなくてゴア描写もなかなか
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

4.0

80年代初頭のアメリカの麻薬の蔓延や小国への介入など闇の黒歴史をピリッと毒づいた映画なんであろうが、トム・クルーズ主演なので彼のスターとしての陽性がキラキラ輝きすぎて、犯罪ものが大企業を辞めたベンチャ>>続きを読む

DAGON(2001年製作の映画)

4.0

ホラー映画を突き詰めていくとホラー映画基礎知識のようにハワード・フィリップス・ラヴクラフト原作というのに出会う。
不勉強でよくわからないがタコみたいな化物が出てくる宇宙的恐怖?みたいな知ったかぶりなイ
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.0

邦画のわかりやすいディザスタームービーでも観たいなあと思い、「劇場版」のタイトルも付いてるしなぁと観てみる。
これまたビックリなのが、画面、演出、芝居…がもう紛れもない「ドラマ」!
2時間拡大の最終回
>>続きを読む

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003年製作の映画)

4.0

兵器としてのメカゴジラをメインに巨大ロボットものの印象。ゴジラはそれなり恐い・格好いい感じで着ぐるみ全開でも悪くない。でも熊みたいにしつこく襲ってくるだけなのはそれはそれでありか。
全体的にあっさりと
>>続きを読む

フォーエバー・パージ(2021年製作の映画)

4.0

決められた時間内だけ犯罪が許されるというこのシリーズの強みが曖昧になっても許される気持ちがあればそこそこ楽しめる。最初と最後で立場が入れ替わる的なオチは皮肉いっぱいで嫌いにはなれない。
主人公を差別し
>>続きを読む

ロスト・フライト(2022年製作の映画)

4.0

「飛行機が墜落した。墜落した所はどんな所が最悪か?」みたいな大喜利の答えみたいな内容だが、もうシンプルにアクション映画。
よくある奮闘する父と娘の交流とか、救助に来た民間軍人会社のでしゃばりとか、航空
>>続きを読む

笑いのカイブツ(2023年製作の映画)

4.0

汗と涙の青春ものでなくて、「お笑い」を愛するのに「お笑い」の世界からそっぽ向かれる狂人ものとしてるのが良かった。
それ以前に俳優・岡山天音さんのあの近くいたら嫌になる負の人物の芝居が嫌と言うほど味わえ
>>続きを読む

遠い夜明け(1987年製作の映画)

4.0

南アフリカのアパルトヘイト問題と闘うとなれば、暗い重い静かな映画かなと思ったが、そうでもなく軽やか。それに謎でもないが、この人が偉大な活動家ビコ編と彼の友人の新聞記者がユルユルに南アフリカから脱出しま>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

4.0

なんか元ネタにもなる事件あるんかいな?と思ってしまう程、シリアルキラーの怖さを感じられる。非常に魅力的な人物が…というのは実例でもあるし恐い恐い。
それを単に事件の顛末でなく、水門を開け花びらをまくよ
>>続きを読む

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

4.0

どうせ失敗した作品なんだろうなと、思いつつもしかしたら!の期待もあって。
監督が映画「万力」が不条理を振り切りすぎてある種潔かったので、その延長での期待で任命されたのかなと邪推したが、出来上がりはこう
>>続きを読む

フォーガットン(2004年製作の映画)

4.0

作り手も受け手も意図せず、「プププッ」となるのを面白さと捉えたらそこそこ楽しいし、「駄目だこりゃ」となればおしまいだし、なんとも珍品。
画面には写らないジュリアン・ムーアさんの茶目っ気を感じる。
演技
>>続きを読む

MEN 同じ顔の男たち(2022年製作の映画)

4.0

「シビル・ウォー」が早く観たくてしかないので、そのつなぎとして。
アレックス・ガーランドってホラーやSFのジャンルムービーをちょっとエエ感じに外してくるところがなかなか好感もてるなの印象。
で、田舎ホ
>>続きを読む

執炎(1964年製作の映画)

4.0

浅丘ルリ子さん出演100本記念の作品なんて、とにかく浅丘さん映画出過ぎ。
話は日本海に面した村で戦争で引き裂かれる夫婦を描いたものであるが、画面がとても面白い。勿論、浅丘ルリ子さんの可愛さ、美しさはき
>>続きを読む

MANRIKI(2019年製作の映画)

4.0

変な映画なんだろうなの印象どおり変な映画ではある。猛毒コントにとらえたらよいか。
お洒落な映像にクスクスしたら笑いもありの結局何んなのコレ?の「ツインピークスリターンズ」みたい。
モデルの人達嫌いとい
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

4.0

もっとベタな潰れそうな卓球クラブ復興の為にがむしゃらに大会に挑む!みたいなので十分良いのに、恋愛要素も入れ込んでみたいなサービス展開はいらんかったなぁと。
最後に抱き合ってキスするぐらいでいいじゃんと
>>続きを読む

ディア・ドクター(2009年製作の映画)

4.0

無医村の村で医者に成りすまして人々を救ったという単純な美談にしてないところがいい。主要な人物皆が嘘をつく、嘘を受け入れると何が事実なのかわからなくなるが、皆が当人にとっての事実を作り上げていく。
笑福
>>続きを読む

刑事物語(1982年製作の映画)

4.0

古くさー。
がゆえに面白い。
王道の感じが時間を置いたらそれなりに面白さに加担してる。
それにこの映画には、カンフー・おっぱい・吉田拓郎の「唇をかみして」の必殺技アイテムが用意してある。
終盤のそれら
>>続きを読む

この子の七つのお祝に(1982年製作の映画)

4.0

因襲にとらわれた人々が巻き起こすドロドロした物語かと思ったら、占い師に頼る政治家、誘拐・洗脳と都市伝説のネタみたいなので溢れている。しかし、大映ドラマの始祖が撮るだけあってドロドロの人間関係は濃厚過ぎ>>続きを読む

旅のおわり世界のはじまり(2019年製作の映画)

4.0

ロケ番組のリポーターのあっちゃんが冒頭から異国で置いてけぼりをくらい不穏な感じでスタートする。
やりたくない仕事してます充満の雰囲気から「新たな自分を発見する」みたいな映画なんだろうなと観始めるが、ロ
>>続きを読む

地球最終戦争ロボット・ウォーズ(1994年製作の映画)

4.0

70分と短い割に話が面白くなくて、久しぶりに長く感じる。バーバラ・クランプトンさんがヒロインなのに普通にヒロインやってるのがとっても腹立たしい。
そんな退屈な映画だが、見所・見せ場だけはある。
デヴィ
>>続きを読む

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

4.0

マイケル・ファスベンダーさんの
凄い表情コレクション。
役者であってもあんなとんでもない顔をカメラを前に出来るなんて感服しかない。
SEX依存症を描くにしてもSEX出来る相手がいるだけ幸せじゃないかと
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

4.0

電車の車窓から見える家に思いを馳せるというのは、実際やってしまうし、どんな展開になるのかなとドーンと広がりも期待する。
映画自体は「えっ!あなたってそんなに人気なの?」とギューンと縮まる感じはある。ま
>>続きを読む

Seventh Code(2013年製作の映画)

4.0

60分という短さがいいなぁと思い観始める。が、終盤になりコレならもっと長く観ていたいとなる不思議。
アイドル×ウラジオストクがどんな化学変化起こすのかなと思ったら、一途な女の子の話に落ちると見せ掛けて
>>続きを読む

曖昧な未来、黒沢清(2002年製作の映画)

4.0

映画「アカルイミライ」(面白い映画です)のメイキングというより黒沢清の創る映画全般に黒沢清は何を想いながら演出してるのかがうかがえる。
「ジャンル映画は分かりやすくて好き。」
「心理よりも肉体がどう動
>>続きを読む

パンツの穴(1984年製作の映画)

4.0

昭和のトチ狂った感覚、コンプライアンス無視な映画を観たいなぁと思い鑑賞。
今までは撮られないアウトな箇所が在るにはあるが、かなり大振りな失恋の映画で、若い頃は…みたいになぜか爽やかに。
けど、大きいエ
>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

4.0

隕石ってよく降ってきますねえ。
ジェラルド・バトラーが大災害からサバイブするというより、作劇的に仕方ないがジェラルド・バトラーがいると半径数メートルから大惨事が巻き起こるみたいな。
ご時世的にも隕石は
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.0

いつもの矢口作品とは何やら雰囲気が違う感じ。
パニック映画のパロディやコメディ映画なのかと思ってたら、電気がなくなったらどうなるか?のシュミレーション感が色濃い。
大枠コメディ映画なのだが、いつもの馬
>>続きを読む

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

4.0

泣ける怪談。
が、結構色んな感情ぎゅうぎゅうに詰め込まれていて何を軸として観たらいいのか贅沢な悩み。
前半の大人の恋が、結構エロい。
からの昭和ノスタルジーがそれをうわまって良い。
エロと懐かしさの揺
>>続きを読む

セーラー服と機関銃(1981年製作の映画)

4.0

アイドル映画の金字塔と思ってたら、そうじゃない。
かなり異様な映画。その異様さがおもろい成分にも侵食してて奇跡的に面白い映画になっている。
骨格のストーリー自体攻めてるのに、薬師丸ひろ子さんを中心に渡
>>続きを読む

スマイル(2022年製作の映画)

4.0

画面を漂う雰囲気が寒々としていてホラー映画としては良い感じ。
画面を埋めるというより間引いていくような画作りが上品でもあり恐い。
話は伝播していく恐怖だが「悪魔を憐れむ歌」を思い出したりして。
こうゆ
>>続きを読む

バーバリアン(2022年製作の映画)

4.0

なかなか構成、脚本が面白い。
空き家に民泊するというAirbnbが今的なんだと思う(終わらない終末もそうか)がそこからダブルブッキングのプチ恐から、怪しきあいつにソワソワしてからの地下室が…とネタのち
>>続きを読む

死霊のはらわた ライジング(2023年製作の映画)

4.0

森の中でこそ「死霊のはらわた」でないの?しかもアパートで!
の危惧も冒頭から吹き飛ぶ。
おなじみシェイキーカムで突き進むと思わせてからのドローン映像。
骨骨装丁の「死者の書」。 
オープンリールでなく
>>続きを読む

カオス・ウォーキング(2021年製作の映画)

4.0

SF映画でもありながら西部劇にも見える。大掛かりにみえて案外こじんまり?
心で思ったことが聞こえり、見えたりするというこの映画「ならでは」があるが、果たしてそれが面白さに加担してるかどうかは不明。
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

4.0

ハリウッド映画でよく聞こえる男性の情けない「ウァ~~ア」って叫び声が「ウィルヘルムの叫び」という音ネタを使い回してるのは有名でそれも一つの音響効果。
映画って平面だけだが、映像と音が相まって素晴らしい
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.0

目が覚めたら奴隷だった!とトライワイトゾーンみたいな話だなと思ったら実話なのが驚く。
しかめっ面が強要されるぐらい迫った映像が展開されて疲れる。が空想絵空事でないことの恐怖。人類はまだまだ未熟です。
>>続きを読む

>|