yaaaさんの映画レビュー・感想・評価

yaaa

yaaa

映画(695)
ドラマ(0)

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

ハン・ソロの活躍を見たいということは、ハン・ソロ=ハリソン・フォードのことなんで企画的にどうなのよと思うが、映画的にはこれいいよ!(SW感少な目ですが)だった。
ロン・ハワード監督ってのも結果良くて、
>>続きを読む

五日物語 3つの王国と3人の女(2015年製作の映画)

4.0

どぎついブラックな内容なのに、映像は「一度は行ってみたい世界の絶景」みたいに美しい。
性格の悪い美女みたいな映画。

美女を見たらやりたくてしょうがない指ぺろぺろしちゃう国王にAV男優みたいなヴァンサ
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

4.0

始まっていきなりの宇宙空間みたいな水中の海底油田。早朝寝起きのファックのおねだり。コーラの吹きこぼれ。バイクでニケツ…
まあ、なんとアメリカンな映画だこと。
それから畳み掛けるような不吉なネクタイの色
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.0

どーせ「エイリアン」やろ
と言われるなら正々堂々と勝負してやると気概が感じられる作品。
最初の360°ぐるんぐるん動き回りながらのガラスの映り込みもある長回し、そして国際宇宙船のクルー日本代表といえば
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

各駅停車並にゆっくりと丁寧につむぐ冒頭。
パパと娘の涙のホームドラマかよっと思うほどウエットに開始するが、高速鉄道に乗ってからはもうほんとにノンストップ。
「おもしろい」のスピードがどんどん上がる。
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

4.3

おそらく一般的にはふざけすぎて意味不明でクソみたいな映画なんだろうが、そこんところが最高!!!
泣ける予定調和の物語を楽しむだけが映画のおもしろさじゃありません。
石井岳龍、宮藤官九郎、町田康の掛け算
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

4.0

必要以上に批判されがちな三池監督×木村拓哉で負の要素倍々かと思ったが、原作未読の一見さんであるからかもしれないがなかなか良かった。
メジャー映画でこれだけ血しぶき、手首が吹き飛ぶのはなかなか無いし、有
>>続きを読む

彷徨える河(2015年製作の映画)

4.0

部族映画。

人を食べたり、舟が転覆したり、肌の色がナス色になったりせず、地味に淡々と幻の植物を求めてカヌーでゆっくり川を下るだけ。
これが深夜に流れる環境映像みたいにボーっと観られる。
文明の侵略と
>>続きを読む

RE:BORN(2015年製作の映画)

4.0

わぉ!単純にアクションシーンがおもしろい。
この幼稚な感想文に時代性をとりいれるなら
「坂口さん、半端ないって!!!!」
お話は「心に闇を持つ主人公と謎の少女、二人を追う武装集団」と試合放棄したみたい
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

4.0

開始そうそうから緊張感ありゾンビわらわらやってくるまで、どうなる?どうなる?の興味も手伝って一気に観れる。
その後、あえて都市部に移動したりして画的にもおもしろい。朽ち果てたメルセデスベンツのビルが印
>>続きを読む

危険な戯れ(1975年製作の映画)

4.0

娘が好きすぎて淫らな欲望を持つ父親が、謎の組織から娘を誘拐したと脅迫される。が、娘はまだ誘拐されていない。危機回避の為父親は謎の館に娘を匿う。
「去年マリエンバードで」の脚本アラン・ロブ=グリエの監督
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

有終の美を飾る、大団円、ハッピーエンド等からほど遠い爽快感欠く内容で、思ってたのと違う感ありありだがそんなの吹き飛ばすぐらいスゴイ映画である。
「ダーク・ナイト」や「シビルウォー」なんか甘ちょろすぎる
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

4.0

チャン・イーモウがハリウッドに毒されて「やらかした」珍品として期待したが、予想を裏切られた。
あくまで個人的趣向だがなかなか良かった。
歴史のロマンを探求するミステリーでなくて、どストレートなモンスタ
>>続きを読む

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

4.0

おおきいもじで、ぜんぶひらがなでかいてあるほんをよむような。
要するにアホっぽい。
話も神さまは昔アホだったみたいな感じだし、出てくる美女はもれなく巨乳系の素直なアホっぽさ。神と人間が共存してる世界が
>>続きを読む

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

4.0

「思い出」とはそれを経験した当人の主観的な記憶であるのだろう。
フェリーニにとっての美女はおばはんのことだったり、グラマーとはデブことだったり、皆で見た客船はパースの歪んだ書き割りみたいなものだったり
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

4.0

ロサンゼルスの小高い丘をモノレールで上がるとそこにあらわれるゲティ美術館(ゲティセンター)。膨大なコレクションはとても一日では見て回ることが出来ない量。
ラグジュアリーな空間は美術品見なくてもカフェで
>>続きを読む

シルバー・グローブ/銀の惑星(1987年製作の映画)

4.0

国家に盾突いてまで製作される唯一無二のパワー溢れる見たことの無い世界が展開されるのかと期待したが、結果は「へんな」映画を観てしまったという感じ。
「へん」を受け入れるなら楽しめると思う。

3パートに
>>続きを読む

五条霊戦記//GOJOE(2000年製作の映画)

4.0

「パンク侍、斬られて候」に期待して再見。
石井聰亙監督はざっくり言うと観客には忖度しない作りなんで、親切丁寧な娯楽作品が好きな人には面白くないかもしれない。
が、私は「ア゛ァァあぁぁ――――!」って叫
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

正直、観る前は70年代やくざ映画のオマージュだけではちょっと弱いんでないのと危惧したが、実際観てみると白石監督の持ち味!?である「警察幹部はだいたいクソ野郎ムービー」に見事に、鮮やかに、爽快に決まって>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

原色ギットギットの配色で悪ふざけ大盛りのスター・ウォーズみたいで面白い。
マーベルの売り・登場人物みんな知り合いの広大なようで狭い世界観にあんまり組み入れられてない感じが新鮮で観やすい。
VFXも正統
>>続きを読む

カエル少年失踪殺人事件(2011年製作の映画)

4.0

韓国三大未解決事件の一つを映画化した作品。
このジャンル?にはポン・ジュノの「殺人の追憶」という傑作があるが、それに追いつけ追い越せの緊張感あふれるドラマを展開するのかと思ったが違う切り口で。
とにか
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

あ~、なるほど!なるほど!!感強い。
久しぶりに「オチ」のある映画を観たという気分も強い。

文字で読むからこそわかる話を脚本にする力も凄いが、その文字から映像に起こす監督も凄い。まあ、UFOと異星人
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

VRという最先端のネタに、各種有名キャラが入り乱れ、ライド感あふれるこれまで見たことないVFXシーンが延々続き、「宝探し」という冒険物語に格闘、銃撃、カーレースのアクションの味付け多彩で現時点の娯楽映>>続きを読む

暗黒街(2015年製作の映画)

4.0

顔が濃いい2大おっさんムービー「ボーダーライン」が好きなので早く続編観たい。
ということで続編の監督・ステファノ・ソッリマの作品を観てみる。

ベルルスコーニ伊首相が退陣するまでの一週間。
土地開発が
>>続きを読む

女ざかり(1994年製作の映画)

4.0

邦画界の正統派・吉永小百合さん主演。
正統派というか面白みがないというかそれでこそ王道なんだがA MOVIEの大林監督にかかると見事に、期待を裏切らず「へんな映画」の住人。
誰が観ても安心できるまとも
>>続きを読む

真夏のオリオン(2009年製作の映画)

4.0

映画を内容的に「しりとり」のように観ていった。
「ジョーズ」でロバート・ショウの語るインディアナポリス号沈没の恐怖。
インディアナポリス号沈没を描いたニコラス・ケイジの「パシフィック・ウォー」。
そし
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

4.0

リアリティが無いのが持ち味!?の東出昌大さんが羽生さんに見事にみえるように、旬の役者さんが結構出てて静かな味わいある芝居で丁寧に紡いでいく淡々としたまあまあ良作であった。
個人的趣向からは「将棋」に選
>>続きを読む

クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)(2013年製作の映画)

4.0

強敵に負けると分かっていても挑む映画。
ストーリーが、リンダマンが、とではなくて映画自体が。
そう思えば結構楽しめました。

前作は戦国武将みたな高校生が在学中に「てっぺん獲るたるでぇー!」と喧嘩で権
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.1

ざっくり言うとおっさんらとおばちゃんが、打ち合わせして議論して会議して個別に根回して打ち合わせして議論して…の映画なんだが途切れることなくスピーディーで動的でスゥーと観れる。しかもおもしろい。
スピル
>>続きを読む

キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!(1999年製作の映画)

4.0

ニクソン大統領辞任の要因となったウォーターゲート事件。
告発するワシントンポスト社に情報提供する謎の人物ディープ・スロート。
その正体はJKだった!という映画の根本のネタは現在からするとその鮮度は腐り
>>続きを読む

空海(1984年製作の映画)

4.0

ツトム・ヤマシタさん(知らなかったぁ、地球に落ちてきた男の音楽とは)のアンビエントな音楽の中次々と曼荼羅が映し出される冒頭がなんか気持ちよい。
と束の間。
前半はとっても「東映」らしい名シーンの連続で
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.0

宇宙船で航行中に起こるアクシデントの対応を描くというより、極端な状況に登場人物を放り込む為にたまたまSFだったという印象。
孤独との戦い、仕組まれた恋愛は成立するのか、愛した人を赦せるのか…色々なテー
>>続きを読む

パシフィック・ウォー(2016年製作の映画)

4.0

スピルバーグの「ジョーズ」の芝居部分で一番おもしろい強烈なシーンは漁師クイントが語る「第二次大戦中乗っている軍艦が沈められて鮫のいる海に放り出された」というところ。
このシーン、インディアナポリススピ
>>続きを読む

団地妻 隣りのあえぎ(2001年製作の映画)

4.0

冒頭、タイトル通りの展開に笑う。
そして突然謎の男がやってくる流れはトリッキーなだけの掴みでなくてちゃんとした理由があるところが上手いと思う。流石ですね今岡さんと思ってしまう。
簡単に言うとあっちの夫
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

4.0

登場人物の「目が見えない」が弱点でなく映画の最大の武器やなと期待して観始める、一軒家の中だけで展開するには贅沢すぎる撮影なんかにもワクワクしてくる。
登場人物の動かし方、小道具、見える見えないのシチュ
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

4.4

一般的にソール・バスやカイル・クーパーはタイトルで文字をアニメーションしたり新たにイメージ映像を盛り込んだりして作品全体を表し尚且つ「つかみはOK」な状態にして幕をあけるのが上手いとされている。
がぁ
>>続きを読む

>|