彼女はキレイだったのネタバレ・内容・結末

「彼女はキレイだった」に投稿されたネタバレ・内容・結末

幼なじみが出会う恋愛物語であり、友情物語であり、編集部の奮闘物語でもあり、面白くない所が無くて、終始良かった、一気見した!

最終回の言葉が良かった。
“幼いころはよくこう聞かれる。あなたの夢は何?しかし大人になるにつれ聞いてくれる人はいなくなる。夢を持ち続けるのは簡単なことではない。現実に追われいつの間にか夢が遠のきつまらないものに見えていつしか夢が何だったかさえ忘れてしまう。夢を諦めなければ幼い頃の夢が叶ったり奇跡のような出来事が起きるかもしれない。”
“主人公はドラマの中だけに存在するわけじゃない。現実でも誰かは主人公として誰かは脇役として生きていくものだ。自分を脇役にしてたのは自分自身なんじゃないか。簡単に何かを諦め現状に甘んじ主役になるチャンスを逃してきたのは自分自身なんじゃないか。”

私も小さい頃からの夢だったパティシエになったけど勤務時間など色々ブラックだし人と比べて向いてないとか色々考えちゃうけど、夢を持ち続けること諦めないことって大事やなぁ。
明日からも頑張ろう!
パクソジュンさんにハマって、梨泰院と並行して見てた作品です。
恋愛ものが得意ではないけど、この作品は恋愛だけが主軸では無く色々なストーリー展開や伏線、ミスリードがあり最後まで楽しめました!!!!
副編集長の態度に、感情がジェットコースターになるのもまた楽しかったです!!
ラブコメといえばパクソジュン。間違いないでしょ、と思い見始めたんだけど、3話目ぐらいまで、主人公のヘジンがとにかくドタバタしていてバカすぎてイライラ~。
なんでいつもそんな大声?なんでそんなに隠れまわる?仕事しろ仕事!
でも親友ハリはいい子だし、彼女にやたらと構うキム記者もめっちゃいい味出してるし、我慢我慢…。7話目からは文句なしに面白くなって、登場人物全員を大好きになった。
ちょっと納得いかなかったのはソンジュンに嘘がバレた時。ハリばかりが悪者になっていたのがかわいそうで、もとはといえばヘジンが頼んだんじゃない。もっと謝れよ~、と思ってしまった。
とはいえ最後まで安心して見られて楽しかった。
やっぱりパクソジュンが出るドラマにハズレはないな。
主人公より、ハリの可愛さに惚れ惚れしてしまって…そして、切なすぎる。

7話くらいから本当にハリが切なすぎて、
せめて、真実はハリから打ち明けさせて!そればかり願ってた。

のに!最悪な展開(༎ຶོρ༎ຶོ)

ハリ悪くないよね
今出会って今の彼を好きになったんだよ
その気持ちも伝えられないまま
ちゃんと話もできないまま
"何をした?"なんて言葉を向けられて可哀想すぎる
一緒にいた時間はなんだったの
結果いちばん傷ついたのはハリだよね。

気づかなかったソンジュンが悪いんじゃないか。ヘジンは髪ストパーにして、ちゃんとメイクして、最初からそうすれば良かったのに、今更ずるい…!
ばかばか!
…というところが、わたしの気持ちが1番盛り上がったところ

10話のキム記者も切ない。
茶化してばかりだけど、そんなに好きだったんだ…ネタバレレビューにしてまで感想書きたくなることは珍しい。もーどこかにぶつけたい、この気持ち!!で、書きました。

でも、やっぱり、パクソジュンのツンとデレの振り幅にはハマる。認めます。ラストのハッピーな感じもよかった。
再会の日、気づいてもらえなかったショックで、嘘をついたことから、いろんな歯車が絡まりだす。それでもヘジンとソンジュンの運命の赤い糸は切れることはなかった。
ザ・モストの廃刊を逃れようと編集部みんなで頑張る時に、ヘジンが本物のヘジンと知って想いが止められなくなったソンジュン。休憩長すぎ。
シンヒョク、キム記者が自分の正体を明かす前にヘジンをデートに拉致した時の必死さがちょっとキモい。
最後みんなハッピーエンドで楽しい仲良しドラマ。
日本版観る気がしなかったので、韓国版を先に観てみようと思って観てみた。
最初の方のヘジンのテンションが高すぎてついて行けず1回離脱したものの、少し時間たって、もう一回観てみよう、と意を決して観たところ(そこまで?)キム記者にやられ、結果、シウォンからのスジュにハマるという流れに…笑

でも、最後まで観てみるとなかなか良くできたドラマだったと思う。
最初の方の無駄に高いテンションさえ乗り越えれば、最後まで楽しめる。
ヘジンがどんどん綺麗になっていくのが見ていて面白い。

親友の好きな人って知ってて連絡取り続けてたハリが嫌だったけど結局友達思いのいい子だったし何よりハリ役のコ・ジュニちゃんがスタイルオバケすぎて憧れる

シニョクが報われないのが悲しいけど全体的に面白かったのでまた見たい
【あらすじ】幼い頃に離れ離れになった友達(若干の恋仲)と社会人になってから再会のチャンスが訪れるが、可愛かった幼少期の面影がすっかり無くなってしまった主人公は友達に1度きりの代役を頼む。"昔の思い出"として胸にしまうはずが、異動させられた部署の鬼上司として同じ職場に...!

【感想】
the韓国ドラマというシチュエーション(幼馴染、同じ職場、鬼上司など)だけどやっぱり見てしまうのは、韓国ドラマ特有の波瀾万丈さ、ファッションの最先端さ、至るところに挟まれるユーモアなどの魅力があるからだと思う。

恋愛だけでは無く、友情、家庭、仕事、全部ひっくるめた人生が描かれるから気がついたら感情移入してしまう。そしてみんなが幸せになる見事なハッピーエンドが、視聴後の気分を最高に高めてくれる。気付かないうちに鼻歌を歌ってしまうレベル。自分も頑張ろう!と思わせてくれる爽やかな作品だった。

p.s.韓国の俳優に疎いためパク・ソジュン出演の作品を初めて見たが、何て演技の上手な俳優さんなのか...。上司としての気迫も、恋人としての愛おしさも、自分が主人公になったかと思うくらいに画面から伝わってくる。他の有名な出演作もすぐに見てみたい。
前半は相手役の男性の苛立ちシーンが多く、怖いところもあったが、後半から主役2人の幸せそうなシーンが多く観ていて楽しい気持ちになった!
嫌いなキャラクターがないドラマ。親友のハリが可愛すぎる。
子供の頃「彼女はキレイだった」→成長するにつれあんまり「キレイ」ではなくなった→モストに入って「キレイ」になれた→田舎の絵本工房で働いて「キレイ」ではなくなった。モストにいた頃は「彼女はキレイだった」って周りから言われるかもだけど、今のヘジンが最高に綺麗なんだぜ!というお話か。

★綺麗の定義を考えさせられました。
確かに、何かを頑張ってる時に人は輝きますな

でも、外見は関係ない!とかではなくて
モストにいた頃はモストらしくするために努力した結果のアレだし、絵本工房にいた時はそこで頑張ってた結果のアレだし。環境やその時の自分が外見に表れる。単純に人のキレイさは内面(だけ)で決まるとかのお話でもないよねというのもこのドラマから感じられました。

★自分を卑下せずに挑戦しよう、夢を追いかけようもテーマかな?

ルノワールののぞくお姉さんがずっと軸にあってすごく良かった
9話「詳しくはないけど幸せな気分になる」
→ルノワールは幸せな絵ばかりを描いたんだ、世の中には逆のことの方が多いから。だから幸せな気分になるんだよ

ヘジンとソンジュンは相手のことが自然に分かりあえて、思いやりあえて、支えあってる関係でとっても良かった(;-;)
何で言ってくれなかったの!とかいって喧嘩しない、大人な感じがすごく良かった

仕事か恋愛かどっちかしか無理だし別れるとかじゃなくて
一旦は仕事のために離れるけど
でも男側が女がいなければ無理といって帰って来るのは良かったな、しかもちゃんと仕事も見つけてるし
思い立ったら即行動な男で清々しいな(笑)居たい場所にいるべきだ(笑)

・ハリとヘジンの友情
食欲なくても昔から蟹のお粥だけは食べてたから、とかとかとかとか。。。
(ソンジュン、最後までハリに対して冷たすぎ)

・シニョク先輩:恐れずに楽しめばいい
ジェットコースター


めも
12犬にスカーフ
13抱きしめに来た
私が運転するから少し寝て
14自分を責めないで
もしパパを頼ったら突き放してくれないと
私を見たら元気が出るんでしょ?思う存分見て
16夢を忘れてしまう前に私に勇気を与えてくれる人がいた
いつまでも謙虚なヘジン。強くって優しくって本当に大好きな主人公。
私が泣いてたら駆けつけてよね
親に通帳、親からサプライズ手紙着き通帳
>|

あなたにおすすめの記事